冬は、アルガンオイルでホットオイルケア 冬は肌を温めながらオイルを使って、化粧水がぐんぐんしみ込む、うるおいを抱え込む肌土台をつくりましょう。髪から指先まで、全身に使って、もっとうるおう冬へ。 How to use hot oil -ホットオイルケア方法- お風呂の中で:フェイスパック 1:洗顔後、顔にアルガンオイルを塗る。2:湯船で温まりながら、顔を手のひらでプレス。・浴槽のふたを途中まで占めて入浴すると湯気が顔にあたり一層浸透*もっちり肌へ!*角質層まで お風呂上りに:ボディオイル 1:入浴後、少しの水分を残して簡単にからだを吹く。2:からだが冷めないうちに全身にアルガンオイルを塗ります。 ・暖かいボディと肌表面に残る水分によりオイルが浸透*します。*角質層まで お風呂の中で:ボディマッサージ 1:入浴前、マッサージしたい部分にアルガンオイルを塗る。 2:湯船に浸かりながらマッサージ。・湯船の中でのマッサージは新陳代謝がよくなりマッサージ効果も倍増します。 洗い物の際に:ハンドパック 1:アルガンオイルを1プッシュ手にとり両手にのばします。2:ゴム手袋を装着します。3:お湯で洗い物をします。・密閉された手が蒸されてオイルが浸透*します。※手袋にオイルがついた場合は早めに洗い落してください。*角質層まで。 お風呂の中で:ヘアパック 1:洗髪後、髪の傷みが気になる部分にアルガンオイルを少量塗って揉む。2:タオルやトリートメントキャップで髪を覆い、湯船に浸かります。 スキンケアの前に:蒸しタオルパック 1:洗顔後、アルガンオイルを塗り蒸しタオルを顔にのせる。2:タオルの温度が下がるまで顔にあてリラックス。3:タオルをとり、オイルを両手で包み込むようになじませる。4:スキンケアで仕上げる。・肌がやわらかくなりオイルが一層浸透*、スキンケアのうるおいを抱え込みます。*角質層まで ※バスルームで使用する場合、オイルの量や床の状態によっては、大変滑りやすくなりますのでご注意ください。また。ご使用ごは浴槽を洗ってください。