角栓をクレンジングオイルで落とせる?ケアのポイントや除去方法は?

取り除いてもいつの間にか溜まっている角栓。やけになって角質ケアを繰り返していませんか。
過度の角質ケアや、クレンジングでごしごし何度も顔を洗うことは、角栓を取り除くどころか増やしてしまう原因となります。角栓に対する悩みを根本的に解決するためには、角栓に対する正しい知識を身につけるとともに、適切なケア方法を実践することが大切です。

クレンジングオイルで角栓は落とせる?

角栓の正体は、毛穴部分にあるはがれかけた角質が集まったものです。角質の集合体と未成熟な角質細胞があわさったもので、成分の割合としては、ケラチンと呼ばれるタンパク質が70%、皮脂が30%を占めています。角栓はメイク用品などの汚れが詰まったものと勘違いしている人も多いですが、実は角質とまったく同じ成分なのです。また、角栓は本来肌にとって必要な存在でもあります。毛穴の内部に皮脂が詰まっていることで外部のほこりや細菌が毛穴を通して体内に侵入することを防ぐ役割を担っているからです。肌のターンオーバーが正常で健やかな状態であれば、角栓は毛穴を守り、不要になると自然にはがれ落ちる仕組みになっています。そのため、スキンケアによる角栓の除去は必要ありません。むしろ、大切な角栓を取り除いてしまうことで細菌などによる肌トラブルなどの原因となってしまうことを覚えておきましょう。


角栓は本来肌にとって必要なもののはずなのに、人によって目立つ場合と目立たない場合があるのはなぜでしょう。角栓が目立ってくる原因のひとつは、肌のターンオーバーに原因があると考えられています。ターンオーバーが乱れて、基底層でできた角質細胞が未発達な状態のまま角層まで上がり、未成熟なのではがれ落ちずにそのまま皮膚に留まろうとします。すると、そこに皮脂やメイクなどの油分が交じり合って酸化してしまうのです。本来自然にはがれ落ちるはずの角栓が留まってしまうことで、角栓として毛穴を目立たせる原因となります。

また、皮脂の過剰分泌も角栓を目立たせる原因となります。皮脂の過剰分泌の原因としては、年齢や遺伝、生まれ持った肌質にもよりますが、バリア機能の低下による乾燥肌も大きな一因です。目立つ角栓は、肌の乾燥や皮脂の過剰分泌によってターンオーバーが乱れているところに、間違ったクレンジング方法などによって落とし切れていないメイク汚れなどが積み重なって酸化し、できたものです。ただし、過度な角質の除去やクレンジングオイルでごしごし洗うことは肌に過度な刺激を与え、ますます悪化させてしまう可能性があるため注意が必要です。

角栓を目立たなくするケアの重要ポイント

角栓を根本的に改善させるためには、原因である肌のターンオーバーの乱れを整えることが大切です。そのためにも、正しいクレンジングと洗顔、保湿が重要になります。クレンジングと洗顔のポイントは、角栓のもととなる角質を取り過ぎることなく、自然に取れやすい環境を整えてあげることです。角栓をすべて取り除いてしまうと、また慌てて作られた未成熟な角質が生み出されてしまい、目立つ角栓の原因となってしまいます。洗いすぎないことこそがクレンジング、洗顔の大切なポイントです。そのためにも、クレンジングは肌に刺激の少ないマイルドなものを使い、短時間で済ませるようにしましょう。入浴中、蒸気で肌を温めて毛穴を開かせてから行うと、落ちやすくなります。


洗顔料は、たっぷりと泡立ててからこすらないように泡で優しく洗うようにします。また、すすぎ残しがないようにしっかりと洗い流しましょう。すすぎも手でこすらないように、優しくぬるま湯で洗い流すことが大切です。鼻の毛穴汚れや角栓は酸性のため、弱アルカリ性の洗顔料を使うと中和されて洗い流しやすくなります。ただし、敏感肌の人は弱アルカリ性の洗顔では刺激が強すぎるので、弱酸性の洗顔料を選ぶようにしましょう。


角質は放っておいても自然にはがれていくものですが、酸化して黒ずんだ毛穴は憂鬱なものです。そんなときは綿棒とオイルを使ったケア方法を試してみましょう。オレイン酸は皮膚を柔らかくして固まっている角質を溶かす効能があると言われています。オレイン酸を豊富に含むオイルにアボカドオイルやオリーブオイルがあります。また肌と同じ弱酸性なので、肌に負担をかけず、固まった皮脂を優しく除去することができます。簡単に取れるからといってやりすぎるのは禁物です。またオレイン酸はニキビの原因菌であるアクネ菌の栄養となるので、過多にならないように注意が必要です。


角栓が目立ち始めてしまった時のケア商品について

角栓が目立ち始めたと感じたら、肌のターンオーバーが乱れている合図です。早めにケアをはじめましょう。まず、角栓はもともと肌の汚れではないので、より強い洗浄力を持ったクレンジングに変えたり、クレンジングの回数を増やしたりするのは逆効果です。むしろ、肌の乾燥が未成熟な角質を作る大きな原因となるので、クレンジングをマイルドなものに変えましょう。そのうえで、毛穴の上で酸化して固まってしまった汚れと皮脂を優しく取り除くことが大切です。

肌にダメージを与えない毛穴ケア商品を活用しましょう。毛穴ケア商品を選ぶときは、余分な皮脂を取り除きながら保湿効果の高いものを選ぶことが大切です。毛穴が特に目立っている場合にだけ使うようにして、頻繁に使わないようにしましょう。

鼻の角栓のケア方法は?

オイルを使ってケアする場合、まず清潔な綿棒とオイルを用意します。オイルの種類は、オリーブオイル、ホホバオイルなどが使いやすく、肌に余計な負担を与えません。メイクを落としたら蒸しタオルなどで毛穴をしっかり開かせ、オイルをしみ込ませた綿棒で肌に平行になるように持ち、優しくなでます。たっぷりの泡で洗顔して、良く洗い流したら、最後に冷たい水で毛穴を引き締めましょう。タオルで水気を軽く取ったらすぐに保湿しておきます。

正しいクレンジングで角栓をケア!

角栓を目立たせないようにするためには、日頃から正しいクレンジングを意識することが大切です。乾燥や皮脂の異常分泌からくる肌のターンオーバーの乱れが、角栓の目立つ原因となります。角栓のケア方法もいろいろありますが、基本的に角栓は悪いものではなく、肌に必要なものです。角栓を根こそぎ除去するのではなく、今回紹介したケア方法を取り入れて、角栓を目立たなくするケアを心がけましょう。クレンジングや洗顔を肌に優しいマイルドなものに変更し、角栓が目立ってくる前に早めのケアを行うのがポイントです。

関連コンテンツ

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

オイリー肌が気になる!普段のケア方法や化粧水の選び方は?

皮脂の分泌量が多いオイリー肌はべたつきやテカリ、化粧くずれなどのトラブルが起こりやすい肌質です。生まれ持った肌質というだけでなく、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れもオイリー肌を作る原因です。 スキンケアでは皮脂を取りすぎることに重点を置いていると、皮膚の乾燥をすすめます。すると、肌をうるおわせるために皮脂の分泌が活発になるのです。 たとえば、べたつきが気になるからといって化粧水を使わない、一日に何度も洗顔をしているといったケアを続けている人は注意する必要があるでしょう。
ここでは、オイリー肌の特徴や原因、適切なスキンケアのポイントについて解説していきます。

続きを読む

顔にも身体にも使える!ホホバオイル活用のすすめ

さまざまな美容オイルが販売されており、スキンケアなどに活用されています。オイルを使ったケアは注目度も高く、今後チャンレジしてみたいと考えている人も多いでしょう。しかし、オイルの種類がたくさんありすぎるため、どの種類を選ぶかで迷ってしまうのです。
オイルケア初心者に適しているのが、酸化に強く、しかも肌質を選ばないホホバオイルです。ここではホホバオイルの特徴や期待できる効果、ホホバオイルを使ったケアのやり方について紹介していきます。

続きを読む

コンディショナーとは?ほかのヘアケアアイテムとの違いと効果的な使い方

髪をケアするためのアイテムは、シャンプーのほかにもコンディショナーやリンス、トリートメントがあります。どれもシャンプーのあとに使うという認識こそあるものの、それぞれにどんな違いがあるのかはいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を紹介します。美しい髪を維持するために、より髪のためになるアイテムを使いましょう。

続きを読む