冬場の乾燥対策!スキンケアの方法やポイントは?

冬場は乾燥しやすい季節です。肌がカサカサしてきたり、粉を吹いてしまったり、いつもと同じケアをしていて乾燥に悩む人も多いのではないでしょうか。乾燥肌が悪化すると、ちょっとした刺激でもトラブルが起こる敏感肌になってしまいます。冬こそしっかりお手入れしたいですね。そこで、今回は冬の乾燥トラブルを防ぐスキンケアのポイントを紹介します。

冬場の肌の状態はどうなっている?

冬は温度の低下、湿度の低下、暖房による室内の乾燥によって肌は過酷な環境にさらされています。そのため、一年の中でも最も乾燥ケアに力を入れなければいけない時期といえます。通常、肌の表面は皮脂腺から分泌されている皮脂と、汗腺から分泌する汗によって交じり合った皮脂膜で覆われています。この皮脂膜は肌バリアの一番表面を守る、肌にとってとても大切なものですが、冬は夏に比べて皮脂の分泌量も汗をかく量も低下してしまうため、皮脂膜が上手く形成されなくなってしまいます。すると、内部の水分を保つ役割や、外部からの刺激を守るという本来の役割ができなくなり、肌荒れや乾燥といった肌トラブルを起こす原因となります。


また、冬は寒さから肌の表面温度が下がり、血行不良を起こしやすい環境です。そのため、肌に充分に十分な栄養を届けることができないことも、肌荒れの原因につながります。栄養が届かないと、新陳代謝が乱れて老化が加速します。また、肌の潤い成分も新陳代謝によって作られるので、肌の乾燥にもつながります。新陳代謝が乱れた肌は古い角質がはがれにくくなるため角質が厚くなり、水分を失った透明感のないごわごわとした肌触りの肌になってしまいます。


12月から1月の年末年始にかけては、特に公私ともに忙しくなる時期でもあります。忙しさによるストレスや寝不足はもちろん、飲み会やパーティーへの参加、暴飲暴食も身体にとってはストレスです。こうした生活リズムの乱れもまた、冬の肌荒れを引き起こす原因となります。汗や皮脂などの分泌機能の低下、肌の表面温度が下がることによる血行不良、生活リズムの乱れなどが冬の肌を過酷な状況にさらしている真犯人です。


スキンケアで忘れてはならないポイント

冬の肌に起こっているのは深刻な潤い不足と栄養不足。そのため、スキンケアも肌に潤いと栄養を与えて肌細胞を活性化させるケアが重要となります。肌の深刻な乾燥は、そのままシミやしわ、たるみや肌荒れの原因となるので抜かりなく手入れすることが大切です。


血行が悪いと毛細血管から肌細胞へ届ける栄養が滞り、新陳代謝が乱れる原因となります。肌の手入れを行う際は、まずは軽いマッサージを行って血行を促進させましょう。適度なマッサージで毛細血管の流れを良くすると、肌の代謝機能が高まります。


冬場の肌は乾燥と皮脂などの分泌量の低下によって、非常にデリケートな状態に傾いています、なるべく刺激を与えないためにも、クレンジングや洗顔料にもこだわりましょう。汚れ落ちの良い石鹸は刺激が強すぎるため、よりマイルドな洗顔料に変えるのが無難です。肌に負担のかかるクレンジングや洗顔は、なるべく短時間で優しく行うようにしましょう。


洗顔後はたっぷりと保湿ケアを行うべきですが、冬の肌は乾燥してごわごわした状態になっており、水分や美容成分が肌に浸透していかない場合もあります。こんなときはブースターオイルの出番です。オイルを使って肌を柔らかくし、化粧水の水分や美容成分を角質の奥まで届けることができます。ブースターオイルにもいろいろな種類がありますが、さらりとして使いやすいアルガンオイルがおすすめです。化粧水を付けた後は必ず乳液やクリームなどで油分を補っておきましょう。


冬に意識すべきスキンケアの順番

冬のスキンケアは、クレンジング、洗顔、ブースターオイル、化粧水、美容液、乳液、クリームの順番で行います。クレンジングと洗顔で優しく汚れを落とした後は、ブースターオイルを使うと、肌を柔らかくしてその後の化粧水や美容液などの効果を高めることができるのでぜひ取り入れてみましょう。ブースターオイルを使う場合、選び方にも注意が必要です。どんなオイルも使えるのかというとそうではないからです。


オイルには、親水性が高く水分の浸透を促進するものと、親水性がなく肌にふたをするものの2つのタイプに分けられます。親水性が高いオイルを事前に使用すれば、オイル後に使用する化粧水や美容液などの浸透する効果を発揮しますが、ふたをしてしまうタイプのオイルを使うと、肌の表面に油膜を貼ることになり、水分や美容成分をはじいてしまいます。オイルの性質も知っておくことが大切です。親水性の高いオイルは、水と混じるかどうかで見分けることができます。


アルガンオイルがブースターオイルとして使われているのは、アルガンオイルが非常に親水性が高いオイルであり、かつアルガンオイルに含まれているステアリン酸が水分をキャッチして肌にしみ込ませる効果があるとされているためです。また、ビタミンEが多く含まれているため、抗酸化効果も期待できます。そのため、シミ、シワなどのアンチエイジング用として取り入れる人も多いオイルです。


使い方は簡単。オイルを1~2滴手に取り、軽く手のひらで温めてから、顔全体に乗せていきます。このとき注意したいのは、つけすぎないことです。いくら親水性の高いオイルでも、つけすぎると水分をはじいてしまいます。また、過度の油分は肌にとって過剰な皮脂と同様にやっかいなものであることも忘れないようにしましょう。適量を守ることが大切です。


その後、化粧水と美容液でしっかり保湿成分を与え、乳液とクリームでふたをします。冬場は乾燥しやすい環境なので、スキンケアの最後はクリームで仕上げるようにすると、保湿効果が持続します。普段、洗顔の後は化粧水と乳液以外使っていないという人も、冬場はぜひオイルとクリームをプラスしてみましょう。油分を含んだ化粧品は皮脂膜と同様の潤いベールを作ってくれます。水分の蒸発を防ぐとともに肌を外部からの刺激から守り、柔らかくする効果も与えてくれるので、冬の乾燥対策として欠かせません。


スキンケアをする際の注意点

冬場のスキンケアは、乾燥を防いでしっかり保湿することがポイントです。乾燥を防ぐためにはダブル洗顔は避けたほうがいいのか、という人もいますが、実際には洗顔料だけではメイク汚れが十分落とし切れず、2回洗顔料で洗顔することでかえって肌にダメージを与えてしまうケースも少なくありません。冬でも必ずクレンジングと洗顔料を合わせて使うようにしましょう。ただし、乾燥して敏感になっている肌に、強すぎるクレンジングや洗顔料を使うとますます乾燥や肌荒れを加速させてしまいます。メイクを短時間でしっかり落としつつ、効果が穏やかで優しいマイルドなタイプのクレンジングと油分を取り過ぎない洗顔料を選ぶようにしましょう。


また、保湿が必要だからと、過剰保湿することも肌にとって悪影響です。余分な油分は肌の常在菌のエサとなり、異常繁殖してニキビや赤みの原因となります。適量を守りつつ、肌の状態に合わせて使うようにしましょう。


冬だからこその正しいスキンケアを!

冬は肌にとって厳しい環境であるため、間違ったケアを行っていると一気に肌年齢が上がるリスクがあります。冬をトラブル無しの肌で無事乗り切るためには、冬ならではのスキンケア方法を意識しましょう。乾燥や肌荒れを感じたら放置せずに、原因を見極めてしっかりケアしてあげることが大切です。

関連コンテンツ

アルガンオイルが愛される理由

アルガンオイルが愛される理由

アルガンオイルとはどんなオイルなのか、アルガンオイル使い方の解説アルガンオイルの希少性、メルヴィータでの製造方法やポリシーについて説明したページです。

続きを読む

おすすめコンテンツ

夜ならではのスキンケア方法!ケアの順番や意識すべきポイント

朝のスキンケアと夜のスキンケア、どちらにウエイトを置いていますか。朝はバタバタとしていて忙しいため、夜のスキンケアのほうを念入りにしているという人も多いのではないでしょうか。実は、肌にとっても夜のスキンケアに力を入れることはとても大切なのです。また、夜ならではのスキンケア方法もあります。そこで今回は、夜ならではのスキンケアの具体的な方法について解説します。

続きを読む

ホホバオイルは保湿にぴったり?気になる効果を徹底解説

植物オイルを美容に取り入れている人も少なくありませんが、「ホホバオイル」をご存じでしょうか。ホホバオイルは別名「奇跡のオイル」と呼ばれるほど、豊富な栄養を含み、肌質を選ばずに使用できる理想的なオイルだといわれているのです。ホホバオイルはそれ1本でスキンケアやヘアケア、ボディケアと全身の美容ケアに活用できますが、その効能や効果的な使い方について知らない人も少なくありません。そこで、ホホバオイルの成分や効果、使い方について詳しく紹介していきます。

続きを読む

コンディショナーの役割って何?使い方のポイントを紹介

シャンプーで髪の毛を洗った後は、髪に栄養を与えたり、ツヤを出したりするために、コンディショナーやリンス、トリートメントなどを使う人が多いでしょう。しかし、これらの役割や効果について、正しく理解できているでしょうか。 美しい髪の毛を作るためには、それぞれの効果や役割について理解し、適切に使用することが重要になってきます。そこで、コンディショナーの役割やリンス、トリートメントの違い、上手なコンディショナーの使い方について紹介していきます。

続きを読む