化粧水スプレーでスキンケアを!適切な選び方や使い方は?

化粧水といえば、手にとって付けていくものという印象が強いものです。その一方で、スプレータイプの化粧水もとても便利に使うことができます。手軽に使える化粧水スプレーは、保湿にこだわりがある人に向いている商品といえるのです。では、スプレータイプの化粧水にはどんな特徴があるのでしょうか。また、選び方や使い方のポイントについても解説していきます。

化粧水スプレーってどんな化粧品?

化粧水スプレーは、スプレータイプの化粧水です。ミスト状で化粧水が出てくるので、ミスト化粧水とも呼ばれています。一般的な化粧水との違いは、顔全体に均一に水分を与えられる点にあります。

一般的な化粧水は、手にとって肌に付けていくと、どうしてもムラができてしまいがちです。最初に付けた部分は十分すぎるほど化粧水が付いていても、顔の端のほうまではなかなか行き渡らないことも少なくありません。しかし、スプレータイプならば顔全体に吹きかけることができるので、ムラにならずに済むのです。顔の端も、スプレーを動かすだけでまんべんなく化粧水を付けることができます。

また、メイクの上からも使用できるものも多く、乾燥が気になった時にいつでも使えるのが特徴です。

スプレー選びのポイントは?

化粧水スプレーにはさまざまなものがありますが、より肌に良いものを選んでいきましょう。たとえば、化粧水にアルコール成分が含まれていると、肌には刺激となってしまう場合があります。特に、敏感肌などの場合はアルコールが入っていないものがよいでしょう。

また、化粧水にオイルが含まれているものもいいでしょう。肌には、水分だけでなく油分も必要です。油分によって水分が保持されているので、水分を与えただけでは保湿にはならないのです。そのため、オイルが含まれていれば高い保湿効果が期待できます。


化粧水スプレーには、フラワーウォーター(フローラルウォーター)を用いているものもあります。フラワーウォーターは、植物を蒸気で蒸留することで作られます。蒸気が植物を通過するときに成分となる分子を集め、凝縮された化粧水スプレーの元ができあがります。ここには微量の水溶性エッセンシャルオイルが含まれているので、オイルと同じような効能が得られるのです。

植物ならではのやさしい作用は、肌に良いことはもちろん、心のリフレッシュにもなってきます。こうした‏オイル成分が含まれていれば、肌はより良い状態へと導かれることになるのです。


化粧水スプレーの使い方

化粧水スプレーは、時間帯にあわせてさまざまな使い方ができます。朝のメイク前には、化粧水を肌全体にスプレーして使います。円を描くように顔全体にスプレーすれば、ムラなく顔の端までしっかりと保湿することが可能です。スプレーをしたら、軽く手で押さえて化粧水を肌に浸透させていくと効果的です。これによって、肌はより保湿されて化粧ノリも良くなります。


そして、日中はメイク崩れが気になるときに使いましょう。ティッシュを1枚取り、両サイドに化粧水スプレーを吹きかけます。このティッシュを顔に乗せ、汗によって崩れてしまった部分の化粧を落ち着かせることができるのです。また、化粧水がついていないティッシュの中央部分では、鼻まわりなどの皮脂を拭き取ることができます。こうして、ティッシュ1枚で顔全体のメイクをきれいに整えることができるのです。化粧水スプレーならば、このように化粧をしていてもメイク直しとして使うことも可能です。


これ以外にも、日中肌が乾燥していると感じたときには適宜スプレーをして使っていきましょう。顔から離して高めの位置からスプレーをすると、ミストが顔や髪、デコルテに程よく降りかかります。すると、メイクが崩れることなく、自然な保湿が可能なのです。一般的な化粧水はこうした使い方ができないので、これは化粧水スプレーならではの使い方といえるでしょう。


そして、夜はお風呂上がりにひと吹きしていきます。お風呂上がりは、肌が非常に乾燥しやすい状態です。そこで、乾燥が始まる前にサッとスプレーをして保湿をしていくと効果的となります。また、ひと吹きしておくだけでその後のスキンケアも浸透しやすくなるのです。スプレーをした後は、軽くハンドプレスして化粧水を肌になじませましょう。


スプレーを使うときの注意点

とても便利な化粧水スプレーですが、使い方を間違えてしまうと逆に肌の乾燥を招いてしまうことがあります。

肌の乾燥を招かないポイントとしては、朝と夜のケアでは必ずスプレーをした後にハンドプレスをして化粧水をしっかりと肌になじませることが大切です。これをしないと、特に乾燥する季節には十分に肌に水分が行き渡らなくなってしまうので注意しましょう。

また、スプレーの中には保湿成分が少ないものもあります。保湿成分が少ないと、せっかく化粧水スプレーをしても肌は濡れただけの状態となり良くありません。水分が肌に浸透せず保湿効果がなければ、水分が乾いた後の肌は乾燥しやすくなってしまうのです。これでは、スプレーは保湿どころか肌の乾燥を招いてしまうことになります。そこで、保湿成分が少ない化粧水スプレーは使わないように注意していきましょう。含有成分や効能を事前にしっかりと確認して、十分な保湿力があるものを選ぶと効果的です。

保湿を徹底したい人にスプレーはぴったり!

肌にとって、保湿はスキンケアの基本です。保湿することで肌は整い、ターンオーバーも正常になり、バリア機能も正常に働くようになるのです。


化粧水はそんな保湿をになう化粧品ですが、その中でも化粧水スプレーは手軽に保湿ができるアイテムといえ、保湿を徹底したい人にぴったりの化粧品なのです。スプレータイプなので、日中でメイクをしている間でも乾燥が気になったときにサッと付けられるため、1日中うるおいを与えることができます。また、メイクを整えながら保湿もできてしまうので、肌を気遣う人にはとても嬉しいアイテムとなっています。使い方のポイントを踏まえて注意点に気を付けて使えば、化粧水スプレーにはメリットがたくさんあります。毎日のスキンケアにスプレータイプの化粧水を取り入れて、肌をたっぷり保湿していきましょう。


おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る