ホホバオイルは保湿にぴったり?気になる効能を徹底解説

植物オイルを美容に取り入れている人も少なくありませんが、「ホホバオイル」をご存じでしょうか。ホホバオイルは別名「奇跡のオイル」と呼ばれるほど、豊富な栄養を含み、肌質を選ばずに使用できる理想的なオイルだといわれているのです。ホホバオイルはそれ1本でスキンケアやヘアケア、ボディケアと全身の美容ケアに活用できますが、その効能や効果的な使い方について知らない人も少なくありません。そこで、ホホバオイルの成分や効果、使い方について詳しく紹介していきます。

ホホバオイルってどんなオイル?

ホホバオイルは、その名の通り「ホホバ」という多年草を原料としており、主にカリフォルニアやメキシコの砂漠地帯に生息しています。砂漠のような過酷な環境でも、適度な水分を保ちながら生き続けられる強い生命力を持っており、そのホホバの草や種子から抽出されたオイルのことをホホバオイルと呼んでいます。オイルも空気に触れたり、熱したりすると劣化がすすみますが、ホホバオイルは長く安定した品質を保てるのです。ある実験で、ホホバオイルを70度以上の高温で4日間熱し続けたところ、品質低下がほとんど起こらなかったといいます。それほど、ホホバオイルが高い安定性を持っていることがわかるでしょう。


ホホバオイルは、分子構造や栄養素の豊富さから、先住民もその効果に着目して肌や髪など、さまざまなかたちで活用していました。そして、その優れた効果が世界的にも広く知られるようになり、美容目的で使用する人も増えてきたのです。さらに、ホホバオイルは人工心臓の潤滑油としても使われている、唯一の植物性オイルになります。それは、肌質や体質を選ばずあらゆるタイプの人に使える、信頼性の高いオイルだからです。


ホホバオイルでケアをするメリット

ホホバオイルを全身の美容ケアに取り入れることで、さまざまなメリットが得られるようになります。

肌の乾燥改善に効果を発揮してくれるのが、メリットのひとつです。それは、ホホバオイルが砂漠のような水の少ない地域でも生息できることから、高い保湿効果を持っているからです。オイルには保湿に働く栄養がたっぷりと含まれていますが、中でも注目するべき成分は、ワックスエステルでしょう。

ワックスエステルは、人間の皮脂と同じように肌表面に膜を張って潤い成分が蒸発するのを防ぎ、肌にハリと弾力をもたらしてくれるのです。肌の乾燥は、しみやしわ、たるみなど肌の悩みだけでなく、炎症やかゆみといった肌トラブルを引き起こす原因になりますので、その改善にも働きかけてくれます。


他にも、余分な角質や汚れを落としてくれるのも嬉しい点です。ホホバオイルには不要な角質を柔らかくし、毛穴に詰まっている汚れを浮かし出す働きがあるといわれているため、メイク落としや洗顔料としても適しています。しかも、ホホバオイルは毛穴に詰まりにくい特徴がありますので、毛穴ケアにも使えるのです。


スキンケアとしてだけでなく、頭皮ケアや美髪作りにもホホバオイルが一役買ってくれるでしょう。ホホバオイルを使って頭皮マッサージを行えば、頭皮に詰まった汚れや余分な皮脂をきれいにしてくれますので、頭皮トラブルや臭い対策にも効果的です。傷んでパサパサになった髪の毛につけると、髪に適度な栄養と潤いを与え、髪のダメージをすすめる紫外線もブロックしてくれます。

数多くあるホホバオイルの使い方

ホホバオイルは、1本持っていると多様な使い方ができ、スキンケアでもクレンジングから保湿まで幅広く使えるのです。クレンジングで使用するときは、500円玉位の量を手にとって、メイクと優しくなじませていきます。オイルがメイクとなじんでくると白っぽくなってきますので、その後ぬるま湯で洗い流すだけです。

保湿効果も高く栄養も豊富ですので、クレンジングで肌が乾燥するのも防いでくれるでしょう。毛穴の黒ずみや開きが気になるときには、ホホバオイルでマッサージをしましょう。ホットタオルや入浴中に毛穴が開いた状態で、マッサージを行うとより効果的です。ホホバオイルを適量指にとって、毛穴が気になる部分を優しく円を描くようにマッサージし、約5分放置してから洗い流します。


ホホバオイルは、保湿効果が高いため優れた保湿剤にもなってくれます。保湿力をアップさせるコツは、つけ方がポイントです。化粧水をつけてからホホバオイルを3~4滴なじませ、それから美容液、乳液、最後にホホバオイルを1~2滴という順番で使ってみましょう。


肌だけでなく、髪や頭皮の保湿にも使えます。頭皮の保湿に使用するときは、ブラッシングをした乾いた髪の毛に5~6滴のホホバオイルを手に取って温めて、頭皮全体になじませながらマッサージしていきます。毛穴につまった汚れも落としてくれますので、頭皮のクレンジングと保湿が一度に行えるのです。髪に使用するときは、毛先を中心になじませます。シャンプー後、よく水気を切った髪の毛につけるとドライヤーの熱から髪を保護してくれますし、朝スタイリング剤として使えば、紫外線防止効果も期待できます。

ホホバオイルの使用上の注意点

美容に大活躍してくれるホホバオイルですが、使用する際にはいくつかの注意点があります。まずは、低温に注意することです。ホホバオイルは、10度以下になると固まる特性があり、使いづらくなってしまいますので、温かい場所で保管するようにしましょう。

どんな肌悩みの人でも使用できるといわれているほど刺激の少ないと言われるホホバオイルですが、肌に合わないこともあります。また、体調不良や睡眠不足などの要因によって、免疫が弱っているときも肌トラブルが起こりやすいため、パッチテストを行ってから使うと安心です。

ホホバオイルは、低精製のゴールデンオイルと、精製度が高い透明なクリアオイルに大きく分けることができます。ゴールデンオイルは、各種ビタミンや必須アミノ酸などの栄養がそのまま詰まっていますので、クリアオイルよりも栄養価が高いのです。しかし、不純物が残っていることがあり、それが人によっては肌に負担となってしまったり、オイルの劣化をすすめたりする原因となります。そこで、精製度の低いホホバオイルを使用するときは、開封後早めに使い切るようにしましょう。


保湿を徹底したいならホホバオイルで!

植物性のオイルは一般的に保湿効果が高いといわれていますが、中でもホホバオイルはうるおいを与える働きに優れています。また、さまざまな肌タイプの人にも使えますので、家族全員で使用できるのも嬉しい点です。

肌や髪にたっぷりと潤いと栄養を与えてくれるホホバオイルを、全身ケアに取り入れてみましょう。


関連コンテンツ

ホホバオイルで肌本来のバリア機能をサポート

ホホバオイルで肌本来のバリア機能をサポート

ホホバオイルとはどんなオイルなのか、ゴールデンホホバオイルとクリアホホバオイルの違い、アルガンオイルとホホバオイルの特長比較など、ホホバオイルの使い方などを紹介します。

詳しくはこちら
お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら

おすすめ記事

角栓をクレンジングオイルで落とせる?ケアのポイントや除去方法は?

取り除いてもいつの間にか溜まっている角栓。やけになって角質ケアを繰り返していませんか。
過度の角質ケアや、クレンジングでごしごし何度も顔を洗うことは、角栓を取り除くどころか増やしてしまう原因となります。角栓に対する悩みを根本的に解決するためには、角栓に対する正しい知識を身につけるとともに、適切なケア方法を実践することが大切です。

続きを見る

脂性肌のべたつきをおさえる化粧水の使い方とスキンケアの3つの注意点!

日中おでこのテカリやべたつきが気になる人は脂性肌の可能性があります。化粧崩れが起きやすく、ニキビなどの肌トラブルが起きやすい脂性肌の人は、肌質にあった適切なスキンケアを行うことが肌トラブルを防ぐ大きなポイントとなります。
間違ったスキンケアを行うことで、肌トラブルが悪化したり、脂性肌の症状がひどくなったりすることがあるからです。そこで、脂性肌に適したスキンケア方法や化粧水の選び方について紹介します。

続きを見る

化粧水を使う適切なタイミングは?今さら聞けないスキンケアの基本

肌が乾燥すると、くすみや小じわ、シミなどさまざまな肌トラブルが目立ちやすくなります。みずみずしくすこやかな肌を保つためには、肌に適度なうるおいを与えることが大切です。毎日の保湿ケアに欠かせない化粧水ですが、効果を引き出すためにも適切な使い方をする必要があるでしょう。しかし、誤った使い方をしていると効果を実感しづらくなってしまいます。ここでは、化粧水を使う適切なタイミングや使い方について解説していきます。

続きを見る