女性へのプレゼントに!リップケアやリップクリームをプレンゼントする時に押さえるべきポイントとは?

リップクリームは手軽で女性に喜ばれるプレゼントとして最適です。特に、香りの良いものやオーガニック成分を使ったこだわりのリップクリームは、美意識の高い人や健康を意識している人など、おしゃれな女性に大人気のアイテムです。そこで今回は、リップケア商品やリップクリームをプレゼントするときに押さえておきたいポイントについて紹介します。

リップケアにどういった種類がある?

リップケア商品には、大きく分けてリップクリーム、リップバームリップグロスの3種類があります。唇が乾燥しないように保護して、乾燥による荒れを防ぐためのアイテムがリップクリームとリップバームです。これらは、容器の形状と質感などによって呼び分けています。

リップクリームは滑らかなクリームタイプのものでスティック状のものが多く、伸びがよく使いやすいのが特徴です。化粧ポーチに入れておいても場所を取らないので持ち運びに便利で、外出先でも手を汚さずに付けられる手軽さも人気です。一方で、リップバームは油分が多く柔らかい質感で、缶やボトル、チューブなどに入っています。そのため、唇にのせるときは指先やリップブラシを使って付けます。


リップクリームもリップバームも、成分はほとんど変わりません。どちらも唇を保護するための油脂と鉱物油からできており、一般的にオリーブオイルやミツロウ、ラノリンなどの油脂やミネラルオイルやワセリンなどの鉱物油をベースに使っています。ラノリンは聞きなれない人も多いかもしれませんが、羊毛の油脂から生成したロウです。人間の皮脂に近い組成を持つとされており、水をはじく性質があります。


このほか、メントールやビタミン、紫外線吸収剤などが配合されている場合があります。メントールはペパーミント油やハッカ油の主成分であり、スッとする清涼感のある付け心地が人気の成分です。特に夏場はメントールが配合された商品が多く出ますが、比較的刺激が強いので注意が必要です。5%を目安に濃度が高くなればなるほど皮膚刺激が強くなり、アレルギー性皮膚炎が起こる可能性もあります。健康な肌の人がアレルギーを起こすことはほとんどありませんが、もともとアレルギー体質の人や現在アレルギー性皮膚炎を起こしている人へのプレゼントは避けたほうが無難です。

唇には皮脂分泌機能がなく、細胞内の水分を保つ役割を担っている細胞間脂質(セラミドなど)も少なめです。そのため、もともと水分の保持が難しくかさつきやすい場所です。また、唇は角質が薄いため、外気や紫外線によるダメージと化粧品成分などの外的刺激にも弱く、すぐに角質細胞がはがれてしまいます。そのため、水分と油分をバランスよくおぎなうリップクリームやリップバームは必須アイテムといえます。使いやすさ重視の人はリップクリーム、乾燥しがちな人はリップバームと使い分けるのもおすすめです。


リップグロスは、リップクリームやリップバームと異なり、化粧品として唇に透明感や艶を与えるアイテムです。チューブ状のものやリップブラシのついているものなど数多くの商品が出ています。油分が多いため、口紅を塗った後の艶出しなどにも使われています。



なぜリップクリームのプレゼントは喜ばれる?

リップクリームは多くの女性にとって必需品です。メイクをしない日でも、リップクリームだけは塗っているという人も多いのではないでしょうか。また、毎日使うものだからこそ、自分ではなかなか買うことのできないおしゃれな商品や、素材や成分にこだわったリップクリームをプレゼントすると非常に喜ばれます。

せっかくプレゼントしても、普段使うことのないアイテムだと使用方法や使うタミングがわからずに、使いにくいと感じてしまうものです。その点リップクリームなら、誰もが使っていて使い方も簡単だからこそ幅広い年代の人に安心してプレゼントしやすいアイテムなのです。

プレゼントの相場はいくら?

リップクリームをプレゼントする場合の相場は、これといった決まりはありません。手軽な価格で買える商品が豊富にそろっているので、特別なプレゼントの場合でも5000円以内で買えるものがほとんどです。ちょっとしたプレゼントの場合なら、300円程度のリップクリームでも特に問題ありません。気取ることなく気軽にプレゼントしたい人にぴったりのアイテムです。

喜んでもらえるプレゼントの選び方

リップクリームを選ぶときは、付け心地が良いものを選ぶようにしましょう。保湿効果が高すぎるものはべたつく恐れがあるので、べたつかないものを選ぶことが大切です。オリーブ油やミツロウなど、植物由来の油脂をベースにしたものを選ぶようにすると、肌なじみが良くなります。一方で、乾燥がひどく、外部から刺激を受けやすい場合には濃密な被膜を作れるワセリンなどの鉱物油が有効です。べたつきが苦手な人には植物性オイルなどをベースにしたもの、乾燥で悩んでいる人にはワセリンやスクワランをベースにしたものを選ぶようにしましょう。


リップクリーム選びの楽しみのひとつが、良い香りのものを選ぶことです。フルーツの香りや柑橘系の香りなど、さまざまな香りの中から好きなものを選ぶことができます。特にオーガニック系のリップクリームやリップバームのナチュラルな香りは付ける人を選びません。合成的な香りが苦手という人も多いので、香り付きリップクリームを選ぶ場合はなるべく合成香料を使用していないものを選ぶようにしましょう。


普段メイクをあまりしない人には、色付きリップを贈るのもおすすめです。ほんのり上品に色づくリップクリームなら、口元を華やかで健康的なイメージに導いてくれます。口紅ほどくっきり色が付かないので気軽に使うことができ、相手の好みがわからない場合も安心です。


毎日使うものだからこその配慮を!

リップクリームは毎日使うものだからこそ、付け心地の良さが大切です。伸びの良さや香りの良さなども考慮して選ぶようにしましょう。また、唇は非常にデリケートな場所でもあるので、刺激の強い成分を配合している商品は避けましょう。

見た目のかわいさだけでなく、唇への優しさにもこだわって選びたいものです。プレゼントした人に喜んでもらえるように相手のことを思いやった商品を選ぶようにしましょう。

おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る