20代女性必見!スキンケア製品の選び方と使用方法

人間の肌の状態は新陳代謝と密接な関係があり、年代ごとに肌の状態も変わっていきます。20代はまだまだ若いと油断しがちですが、実は肌の新陳代謝は20歳をピークに衰えていくことがわかっています。10代の頃は特に手入れをしなくてもきれいな肌を保っていましたが、20代からはスキンケアをしているかどうかでその後の肌年齢に大きな差が出る結果に。そこで今回は、20代だからこそ意識したいスキンケア製品の選び方や使用方法について、ポイントをわかりやすく解説していきます。

20代ならではの肌質の特徴とは?

20代は就職や結婚、出産など、人によって目まぐるしく変化する時期でもあります。そのため、環境の変化や人間関係、仕事のストレスで肌の機能が低下する人が多いのが特徴です。

まだまだ若いと無理をする人も多く、飲み過ぎや夜更かしのし過ぎで生活リズムや食生活が乱れて、肌トラブルの原因につながることも。特に夜メイクをしたまま眠ってしまう、徹夜で遊んでしまうなどの無理は肌にダイレクトに返ってきます。20代前半は比較的皮膚分泌量が安定しており、それほど乾燥を感じることはありません。しかし、皮脂の過剰分泌のせいで毛穴の開きやテカリなどの悩みを感じる人も多いのではないでしょうか。


一方、20代後半からは10代、20代前半の頃に比べて肌の水分量が減ってきます。そのため、徐々に乾燥しやすい肌に変化します。特に目の周りや口の周りなど、皮膚の薄いところから乾燥を感じるようになります。早い人だとシミやシワが目立つようになり、積極的なスキンケアが必要な時期です。

20代の乾燥肌の特徴は、皮脂の分泌量に比べて水分量が少ないことです。そのため、肌がテカっているからと保湿をおろそかにしてしまうと、肌内部が乾燥するインナードライになってしまいます。洗顔後は化粧水を使ってしっかり保湿することが大切です。


また、20代に多いのが大人ニキビの悩みです。大人ニキビは、皮脂の過剰分泌、乱れた食生活、ストレス、便秘など、いろいろな環境要因が複雑に絡み合って発症するといわれています。

男女ともに多く、繰り返し発症することも多いやっかいな症状です。このほかにも、肌の新陳代謝が落ちることで毛穴の開きが目立ったり、きめが粗くなったりします。20代の肌は10代の肌とは違うということを理解して、適切にケアを行うことが大切です。


スキンケア商品の選び方

スキンケア商品を選ぶときは、自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。たとえば、乾燥して困っている人は保湿がしっかりできるタイプのものを、テカリが気になる人は油分が控えめなタイプのものを選ぶなど、目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

20代前半までは、スキンケアの基本を丁寧に行うことが大切です。ホルモンバランスが安定し、もっとも肌の状態が良くなるのがこの時期です。しかし、肌の調子が良いからといって過信し過ぎないようにしましょう。この時期に多い肌トラブルはニキビや肌荒れです。大人ニキビの原因は肌内部の乾燥や乱れた生活習慣などがあげられます。アルコールや油分のとりすぎなど、食生活の乱れに気を付けましょう。また、メイクを落とさずに寝たり、肌に合わない化粧品を使ったりすることで悪化する恐れがあります。20代前半の肌は皮脂量が十分あり、水分量が足りなくなるので、水分を補うスキンケアを中心に行いましょう。


10代の肌は皮脂の分泌量が多いのが特徴です。スキンケア商品も皮脂を取り除くものが多いため、10代のスキンケア商品を20代になってもそのまま使っていると、皮脂の摂り過ぎによる乾燥を招く恐れがあります。自分の肌タイプを把握して、肌タイプに合ったスキンケア商品を選ぶことが大切です。使ってみて乾燥を感じたり、べたつきを感じたりする場合、肌タイプに合っていない恐れがあります。使用感の良いものを選ぶようにしましょう。


20代後半からは肌の老化が表面化する時期で、目尻の小じわやほうれい線が目立ってきます。乾燥によるシワやたるみなども起こってくるので、保湿ケアを徹底することが大切です。肌への刺激をなるべく避けるようにし、刺激を感じないマイルドな使い心地のものを選ぶようにしましょう。

10代の物よりも品質を重視し、成分を意識して選ぶことが大切です。できれば同じ化粧品のブランドで揃えて、ライン使いができるようにしましょう。そうすることで、スキンケア全体で見た場合、油分と水分のバランスがとりやすくなります。ただし、どんなに良い商品でも使い続けなければ意味がありません。無理のない範囲で続けられる価格帯のものを選ぶようにしましょう。


スキンケア商品の使用方法

20代のスキンケアも基本的には変わりません。クレンジング、洗顔化粧水美容液クリーム・乳液の順でケアします。

美容液は肌の悩みに応じて必要な美容成分が配合されたものを使うようにしましょう。油分が多い場合は乳液だけで十分ですが、特に乾燥が気になる場合はクリームをプラスしてみましょう。

肌がごわごわする、毛穴が目立ってきたなと感じる場合は、洗顔後、化粧水の前にブースターとしてオイルを使うのもおすすめです。メイク汚れや皮脂汚れで固くなった毛穴汚れを優しく取り除き、肌を柔らかく整えることで化粧水美容液の浸透を助けます。

20代が考えるべきエイジング対策

30代になってから肌トラブルが加速して、20代のうちにもっと早くから対策しておけばよかったと思う人は少なくありません。20代のうちの肌ダメージは、見えないところで蓄積されているからです。

老化はだれにも止めることができませんが、老化の速度を緩やかにすることはできます。肌の状態に合わせて適切なスキンケアを行っていくことで、肌に余計な負担をかけることなく健やかな肌が保たれるからです。そのためにも、20代のうちから30代に向けてのエイジング対策をしておきましょう。

肌の状態に応じたアンチエイジングケアを取り入れることで、将来の美肌作りに役立ちます。特にシミやシワの原因となる乾燥対策には力を入れておきましょう。

20代のうちから徹底したスキンケアを!

いつまでもきれいでいたいと思うのは、女性共通の願いです。シミやシワの少ない肌の若々しさは見た目の若さにつながるため、将来的にも美肌を保ちたいと思うなら20代のうちからスキンケアを徹底することが大切です。

まだまだ若いと油断せずに、長い目でみて美肌作りをはじめましょう。

関連コンテンツ

白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

毎年、にごりのない純白の花を咲かせる白ゆり。その白い花が持つ力を宿したブライトケアシリーズ ネクターブラン。

詳しくはこちら
 毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。

詳しくはこちら
白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白ゆりオイルをはじめ、80%以上植物由来オイル成分を配合したクレンジング。メイクオフの瞬間からブライトケアをスタート。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る