朝のスキンケア方法をマスター!ケアの順番と時短テクを紹介

美肌作りのためには、朝と夜、それぞれの目的にあったスキンケアを行うことが大切です。1日の中でも肌環境は目まぐるしく変化するため、そのとき必要とするケアをしてあげる必要があります。夜のスキンケアは日中肌に受けたダメージ修復して補うことが目的ですが、朝のスキンケアはこれから受ける刺激に対して肌を守るためのものです。目的が違うと当然スキンケアの方法も変わってきます。そこで今回は、朝ならではのスキンケアのポイントと具体的な方法について紹介します。

朝にスキンケアは必要?

夜にきっちりとスキンケアをして寝たのだから、朝のスキンケアは必要ないと思っていませんか。

朝の肌は、夜寝ている間に分泌された皮脂や肌に付着した寝具のダニやほこりなどで汚れています。皮脂や汚れをすっきり洗い流し、保湿をしっかりすることで化粧ノリも良くなります。このため、朝もスキンケアが欠かせません。きちんとケアしておかないと、肌荒れの原因になることもあるので気を付けましょう。

日中外へ出て活動していると、肌はいろいろな刺激にさらされます。紫外線や乾燥した空気、花粉やほこりなどは、眼に見ることはできなくても肌にとっては強敵です。しっかりガードしておかなければ肌から水分を奪い取り、細胞にダメージを与えてしまいます。できれば時間をかけてケアを徹底しましょう。


朝のスキンケアの目的は肌を外部の刺激からガードすることなので、肌バリアを強化することがメインとなります。肌バリアは、肌の表面にある角質層と、角質層を覆っている汗と皮脂が交じり合った皮脂膜のことです。簡単にいえば、角質層が潤いを蓄えて、皮脂膜が潤いを逃がさないようにガードしているイメージです。肌の潤いを保つためには、この肌バリアが正常に機能している必要がありますが、紫外線によるダメージやストレス、加齢など、さまざまな要因によって肌のターンオーバーが乱れると、肌バリアの機能も低下してしまいます。肌のバリア機能が低下して外部からの刺激に敏感になってしまう肌の状態が、敏感肌や乾燥肌です。


ターンオーバーを正常化して肌バリアを強化するためには、肌への保湿がとても重要です。古くなった皮脂や汚れは酸性、油分の不足した肌は敏感肌や乾燥肌はアルカリ性に傾きがちなので、健康な肌の状態である弱酸性に保つことが大切です。そのためには、夜に余分な皮脂や角質をしっかり取り去り、朝は化粧水と乳液で水分と油分を補って肌バリアを強化しましょう。また、保湿にオイルを取り入れてもよいかもしれません。


朝と夜でスキンケアの方法は違う?

朝と夜のスキンケア方法で最も違うのは、朝は日焼け止めを使い、夜はクレンジングをするということです。それ以外のスキンケアアイテムは、朝も夜も同じように使用できます。しかし基本的には、時間に余裕があり外部からの刺激が少ない夜のほうがより重点的なケアを行うのに適しています。

また、夜に角質のケアなどを行った場合、朝の肌はデリケートな状態になっています。この場合は、肌に負担をかけるようなマッサージや洗顔料を使った洗顔は避けたほうが無難です。余計な刺激を防ぐためにも、朝は最低限必要なスキンケアを意識して行うようにしましょう。


朝起きたときに乾燥が気になる場合、こってりとしたクリームなどを付けるとメイクがよれたり崩れたりする原因にもなります。こんなときは夜のスキンケアにブースターオイルを活用してみましょう。化粧水の前にオイルなどを使ってマッサージすることで固くなった皮膚を和らげ、美容成分が肌の奥まで届きやすくなります。寝起きの肌の状態が悪いときは朝のスキンケアを変えるのではなく、肌の土台を作るための夜のスキンケアを見直してみることが大切です。


朝のスキンケアの基本的な順番

朝スキンケアは、洗顔、化粧水、美容液、乳液の順番に行います。朝の洗顔のポイントは、必要な皮脂を落とさないようにすることです。そのため、肌のタイプに応じて、洗顔方法を変えることも大切です。特に敏感肌や乾燥肌の人は、洗浄力の強い洗顔料を使ってしまうと肌への刺激が強すぎて肌トラブルの原因になりかねません。朝の洗顔で必要な皮脂まで奪い取ってしまうと、乾燥を感じた皮膚が皮脂を過剰分泌してしまうため、隠れ乾燥肌の原因となったり大人ニキビが発生したりします。

また、夜の間に作られた肌のバリア機能が損なわれることで、シミやシワの要因になることもあります。洗いすぎには注意が必要です。乾燥肌、敏感肌の人は洗顔料を使わずに、ぬるま湯でさっと洗い流す程度に留めましょう。また、普通肌の人もぬるま湯で流す程度の洗顔で十分です。皮脂が過剰に分泌している油性肌の人のみ洗顔料を使うようにしましょう。混合肌の人はべたつくところだけ部分的に使用するようにすれば、肌に余分な負担を与えません。


洗顔後はすぐに化粧水と美容液で保湿します。その後、乳液でしっかり潤いを閉じ込めましょう。化粧水が上手く浸透していかない、口元や目元にシワが目立つという場合は、化粧水を付ける前にブースターオイルを取り入れてみてください。大量に付けると化粧崩れの原因となるので気を付けましょう。ブースターオイルは日中の乾燥対策としても効果的です。


忙しい人のための時短テクは?

朝は忙しくてスキンケアにかける時間が取れないという人には、短時間で効果的なケアができる時短ケアがおすすめです。オールインワンタイプのスキンケア化粧品や、シートマスクなどをうまく活用しましょう。

シートマスクを付けながら身支度をしたり、朝食の準備をしたりすると化粧水や乳液を浸透させる時間を省くことができます。ただし、使用時間はきっちり守りましょう。

朝のケアで肌トラブルを防ごう!

忙しい朝はついスキンケアに手を抜いてしまいがちですが、日中の刺激から肌を守るためには欠かせません。時短アイテムなどを上手に利用して、朝のスキンケアを徹底しましょう。

朝のスキンケアをしっかり行うと、化粧ノリが良くなるだけでなく、将来のシミやシワトラブルの軽減も期待できます。面倒でも毎日きちんと続けることが大切です。

おすすめコンテンツ

ホホバオイルを日常のヘアケアに取り入れてツルサラ髪を手に入れよう

ホホバオイルといえば主にスキンケアで使用する植物性オイルの一種ですが、ヘアケアにも使えることをご存じでしょうか?ホホバオイルには、頭皮の毛穴に詰まった皮脂汚れを落としやすくするクレンジングの働きや頭皮のフケやかゆみといったトラブル改善も期待できるのです。さらには、髪にツヤを与える効果など、すこやかな頭皮と髪を作るのに優秀なアイテムです。ホホバオイルの種類や効果、使い方について詳しく紹介していきますので日常のヘアケアに取り入れてみましょう。

続きを読む

40代は肌に大きな変化が?たるみ対策は化粧水を浸透させることから始まる

40代になってから「肌が変化した」と感じたことはありませんか?毎日きちんとスキンケアしているのにたるみやハリ、潤い不足といった肌の悩みが目立つようになってくる年齢だからです。40代ころから現れ始める肌の変化には女性ホルモンの影響や保湿因子の減少、皮膚の老化などが大きく関係しているのです。年齢とともに肌の悩みが増える理由、40代頃から目立ち始めるたるみやハリ不足の原因について解説していきます。また、40代に適したスキンケアの対策についても紹介していきます。

続きを読む

20代の今から!自分に合った化粧水選びとスキンケアのポイントを知っておこう

10代の頃は肌のべたつきが気になっていたけれど、20代になってからは乾燥が気になるようになってきた。こんなふうに、少しずつ肌の変化を感じている人もいるのではないでしょうか。同じ人でも、肌質はいつも一定というわけではありません。年齢によって変化していくのはもちろん、使っているスキンケアや過ごしている環境によっても変化していきます。肌をいつもいい状態に保つために、20代のうちからスキンケアのポイントをきちんと理解しておくことが大切です。そこで今回は、肌の状態や自分に合ったスキンケア製品 の選び方などを紹介します。

続きを読む