乳液の使い方のコツは?適切なタイミングやポイントを紹介

乳液は化粧水と並び、スキンケアの基本アイテムのひとつです。しかし、面倒だからと化粧水だけで済ませてしまう人や、脂性肌だからと避けている人も多いのではないでしょうか。しかし、乳液をきちんと使わないと、肌が乾燥して肌荒れやシミ、シワなどの原因につながってしまうこともあります。適切な使い方をマスターして使いこなすことが大切です。そこで今回は、乳液の役割と使い方のポイントについて紹介します。

まず乳液の役割って何?

乳液の役割は、肌に潤いを与えて化粧水や美容液の成分を肌に閉じ込め、乾燥を防ぐことです。

人間の肌はもともと角質層の保湿効果と皮脂膜のラップ効果によってうるおいが保たれており、これを肌バリアと呼んでいます。肌バリアは天然保湿因子(大半がアミノ酸)と細胞間脂質(セラミドやコレステロールなど)、皮脂膜から形成されていますが、それぞれに役割があり、どれを失ってもうまく機能することができません。洗顔後はこの肌バリアの一番表面を守っている皮脂膜のほとんどが失われ、肌が乾燥しやすい状態になっています。そのため、化粧水で失われた水分と美容成分を補う必要があります。

しかし、化粧水はほとんどの成分が水でできているため、失った水分と美容成分を補うことはできても、保つ効果はありません。皮脂膜を失って、水分だけだとすぐに蒸発してしまうためです。


そこで効果を発揮するのが乳液です。乳液は20~30%が油分でできており、水分の蒸発を防ぎます。また、バリア機能を構成する保湿成分であるアミノ酸が、角質層の中で安定して留まることができるPH値は弱酸性です。

油分の不足した肌はアルカリ性に傾いてしまうため、乳液を使って油分を補うことで、肌を弱酸性に保つ効果も期待できます。このように、肌バリアを補って乾燥を防ぎ、肌を健康な状態に保つために乳液は重要な役割を果たしています。

乳液には主に肌表面にふたをして乾燥を防ぐ役割を果たす保湿乳液と、日中の紫外線を防ぎ、紫外線によるシミやしわを防ぐために紫外線カット効果と美白効果を併せ持ったUV乳液、化粧下地として使用可能なティント乳液などがあります。

朝は紫外線カット効果の高いUV乳液や化粧下地に使えるティント乳液を使用し、夜は保湿乳液を使うといった具合に、使用する目的に合わせて効果のある乳液を選ぶことが大切です。

乳液を使うベストなタイミング

乳液を使うタイミングは、基本的には化粧水や美容液を塗った後になります。乳液を先に使用してしまうと、油分が肌を覆っている状態になるため、化粧水や美容液に含まれる有効成分が肌の角質層まで浸透するのを邪魔してしまうからです。

ただし、商品によってはブースターがわりに使ったり、マッサージクリームとして使用することで化粧水よりも前に使ったほうが効果的なものもあります。それぞれの美容効果をきちんと発揮させるためにも、推奨されている順番で付けるようにしましょう。新しい商品を使うときは、メーカーの取扱説明書をよく読んでから使うと失敗しません。

乳液を付けるタイミングは、入浴後や寝る前など、夜のお肌のケアを行う時間帯です。顔を洗ったらすぐに水分と油分を補う必要があるため、化粧水と乳液はセットで使うようにしておきましょう。

乳液の使い方のコツは?

乳液の使い方にはちょっとしたコツがあります。適切でない使い方を続けると肌トラブルの原因にもなりえるのでしっかり確認しておきましょう。

乳液を肌につけるタイミングは、化粧水が肌にしっかり浸透してからです。10円玉硬貨から1円玉硬貨ぐらいの大きさを手にとり、両手に広げた後、顔の中心から外側に向かって大きく円を描くようにしてのばしていきます。まずは一番乾燥しやすい頬からつけ、次に広い範囲のひたい、あごの順番に伸ばしていきます。乾燥しやすい目元や口元などは必要に応じて重ねづけしましょう。テカリが気になる鼻は、最後につけるようにするとテカリにくくなります。肌になじませてみてべたつかず、適度にうるおいを感じるのがちょうどいい使用量の目安です。

人によって油分の量も異なるので、自分にちょうどいい量を見つけましょう。乾燥しているなら少し多めにつけるようにします。ただし、1日に何度もつけるのはかえって逆効果になるのでやめましょう。特につけすぎには注意が必要です。

量で調節する方法のほかにも、肌質に合った乳液を選ぶ方法もあります。乾燥肌の人は油分が多めのしっとりタイプ、脂性肌の人は油分が少なめのさっぱりタイプを選ぶようにするとつけたときのいやなべたつきを抑えることができます。肌を保護するなら、乳液をたっぷり使い、やさしい力加減で肌に押し込むように塗るのがポイントです。

塗るときの注意点って?

乳液を塗るときは、化粧水を塗るときと同じように、肌をごしごしこすらないことが大切です。入浴後や洗顔後の肌は不安定で敏感な状態なので、余分な刺激は避けた方がよいです。普通の保湿乳液を使ってマッサージを行う人もいますが、乳液にはクリームほど油分が含まれていないため、マッサージするには滑りが良くなく、摩擦を与えてしまうこともあります。マッサージを行うときは専用のマッサージクリームを使うほうが適切です。

肌には皮脂の分泌の多い場所と少ない場所があります。同じように塗ってしまうと、部分的にテカリやべたつきを感じる原因となるので、塗る場所の皮脂量によって使う量を調節するようにしましょう。

生理前なども女性ホルモンの働きで一時的に皮脂の分泌量が増える時期があります。生理前にニキビができやすいのはそのせいです。この場合も、普段より付ける量を減らしたり、生理前だけさっぱりタイプの乳液に変えると、皮脂詰まりによる毛穴のトラブルやニキビトラブルの軽減につながります。

適切な使い方で保湿をきちんとしよう

なんとなく使ってしまったり、べたつくからと使わないこともあったりする乳液ですが、実は想像以上に美肌作りをするうえで重要な役割をはたしています。水分と油分をバランスよく含んだスキンケアになくてはならないアイテムのため、使わないことで将来の肌年齢に差がつくことも。乾燥肌や敏感肌、インナードライに悩んでいる人は油分不足が原因かもしれません。使い方のコツを参考にして、乳液をしっかり活用してみましょう。

おすすめコンテンツ

自然由来の成分でしっとりと!オーガニックのハンドクリームを使ってみよう

スキンケアやメイクのおかげで、若々しい印象を与えられるようになります。ところが、手をみるとシワや乾燥、荒れが目立ち、顔とのギャップが大きいと感じる人も少なくありません。 手は、顔よりも徹底したケアを行うことが少なく、水仕事や紫外線といった過酷な環境にさらされています。しかも、手の皮膚はとても薄くデリケートですので、顔よりも老化が進みやすいのです。手をみると実年齢がわかるとも言われていますので、顔と同じく手のケアにも力を入れたいところです。手のケアに欠かせないアイテムといえば、ハンドクリームですので、その選び方や使い方のコツについて紹介していきます。

続きを読む

乾燥肌は老け見えの原因!徹底ケアでアンチエイジングを

エイジングケア向けのスキンケア製品を使うなど、肌の老化予防に力を入れている人も多いでしょう。アンチエイジングの方法もいろいろありますが、乾燥肌対策も重要なエイジングケアのひとつになります。それは、肌の乾燥が肌の老化スピードを速めることにつながってしまうからです。 そこで、肌老化と乾燥肌の関係性や、乾燥肌を改善、防ぐためのケア方法について紹介していきます。

続きを読む

身体だって保湿ケアは必要!ボディオイルの使い方

すねや肘の乾燥やザラつきが気になった経験はありませんか?身体も顔と同じく、さまざまな理由で皮膚の乾燥が起こってしまいます。顔が乾燥すると肌荒れなど肌トラブルの原因となってしまいますので、保湿ケアをしっかり行っている人が多いでしょう。
しかし、身体となると保湿ケアを怠りがちになります。それが身体の乾燥をさらに悪化させることにもつながってしまうのです。顔だけでなく肌全体をすこやかに保つためには保湿ケアが欠かせません。そこで、ボディオイルを使った保湿ケアを始めてみませんか?

続きを読む