ブースターオイルって何?得られる効果や使い方を徹底解説

ブースターオイルというのは、化粧水や美容液を使用する前に使うオイルのことです。普通ならば洗顔の後にすぐ化粧水を使いますが、ここでブースターオイルを上手く活用するとよりよいスキンケアができるのです。では、ブースターオイルとは一体どんなもので、どんな効果が得られるものなのでしょうか。その効果的な使い方とあわせて解説します。

ブースターオイルで得られる効果

ブースターオイルを使うと、その後から使う化粧品の浸透性を高めることができます。化粧品は含有されている成分が肌に浸透して作用しますが、肌にしっかりと浸透しなければ意味がありません。

洗顔後は汚れが落ち、比較的化粧品の成分が肌に浸透しやすい状態です。これを、さらに浸透しやすくして肌に化粧品成分を存分に届けられるようにするのが、ブースターオイルなのです。


しかし、オイルは油分なので水を弾いてしまうのでは?と疑問に思う人も多いでしょう。オイルには大きく分けて2種類あり、一般的に知られている水を弾くタイプと親水性が高く水分の浸透を促してくれるものがあります。

化粧水の後などに使うオイルは、水を弾くタイプで保湿性を高めてくれる作用があるものです。その一方で、親水性が高いブースターオイルは水分を浸透しやすくしてくれるため、化粧品成分をブーストさせてくれるものとなっています。


また、オイルなので肌を柔らかくする効果も得られます。肌が柔らかければ、それだけ化粧品成分もどんどんと吸収しやすくなるのです。これによって、スキンケア後の肌はふっくらとしてより良い状態に仕上がることでしょう。

そして、水分を含んだ肌を保護するという働きで、より高い保湿効果を得ることができます。普段のスキンケアにブースターオイルをプラスすれば、いつも以上にスキンケア成分が肌に吸収させることができるのです。

活用できるオイルの種類

どんなオイルでもブースターオイルとして活用できるわけではありません。親水性の高いオイルのみを使用できるのです。しかし、ブースターオイルとして使えるオイルにも数多くの種類があります。代表的なオイルとしては、アルガンオイルが挙げられます。


アルガンオイルは、非常に親水性の高いオイルです。ステアリン酸が多いという特徴があり、これによって水分をより多く肌に届けることが可能となっています。また、ビタミンEが多いので抗酸化作用も得られます。シミやシワなどにも効果的に働きかけてくれるので、エイジング対策としても活躍するオイルなのです。さらに、オイルながらさらっとしたテクスチャーも人気です。 


ブースターオイルの効果的な使い方

ブースターオイルは、自分の肌質に合ったものを選んでいきましょう。成分が凝縮されているオイルの場合は美容効果が見込めますが、もちろん肌にあう、あわないといったことがあります。テスターなどで試してみることがおすすめです。また、オーガニックなオイルを選ぶこともポイントです。洗顔後の肌に直接つけるブースターオイルは、オーガニックで天然の美容成分を豊富に含んでいます。

使う際には、3~5滴を目安として肌に付けていきます。あまり多く使いすぎると、いくら親水性の高いオイルとはいってもその油分から水分を弾いてしまうことがあるのです。3~5滴だけでは、付けても肌に残らないことも多いかもしれませんが、それくらいで十分です。

肌にしっかりと浸透する少なめの量が適量となっています。そして、毎日使っていくこともポイントです。肌はターンオーバーによって、常に生まれ変わっていくものです。そのため、何日か付けただけでやめてしまってはブースターオイルの効果もターンオーバーとともに消えてしまうことになります。毎日、継続して使っていくことがブースターオイルの効果を実感できるコツなのです。

使うときには、洗顔後の肌に塗り込むことも忘れてはいけません。使う順番やタイミングを間違えるとその効果を得ることはできないのです。こうしたポイントを踏まえて、正しく使うことを心がけていきましょう。

オイルを使う際に注意すべきこと

ブースターオイルを使うときには、商品それぞれに使用法や適量が記載されている場合それに準ずるのが良いですが、オイルの使用方法はさまざまなので、特に記載等が無い場合があります。

また成分濃度などによっては、1~2滴が適量となる場合も少なくありません。しかしながら適量よりも少ない量ではオイルが顔全体に行き渡らないことも出てきます。そのため、自分にあった量を見つけることはとても大切なポイントなのです。


また、化粧水を油分で弾いてしまうのか気になるという場合もあるかもしれません。そんな場合には、化粧水と混ぜて使うと効果的です。化粧水と混ぜても、ブースターオイルの成分は化粧水とともに肌へしっかりと浸透します。自分の肌に合った使い方を見つけることも1つのポイントです。

オイルの効果で肌を柔らかく!

オイルには、肌を柔らかくするという嬉しい効果があります。肌が柔らかければ、化粧水などの成分も行き渡りやすく、肌の状態もより良く保つことができます。化粧ものりやすくなり、肌はより健康的で若々しく見えることでしょう。

そんな健康的で美しい肌を目指すのならば、オイルをブースターとして活用してみてはいかがでしょうか。自分の肌に合ったブースターオイルを選び、適量を毎日継続して使っていくことで効果を期待することができます。こうした使い方やポイントをしっかりとおさえて、よりきれいで健康的な肌を目指していきましょう。

関連コンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。


詳しくはこちら
白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

毎年、にごりのない純白の花を咲かせる白ゆり。その白い花が持つ力を宿したブライトケアシリーズ ネクターブラン。

詳しくはこちら
アルガンオイルが愛される理由

アルガンオイルが愛される理由

20年来愛されてきたメルヴィータのアルガンオイル。アルガンオイルの特長やメルヴィータのアルガンオイルが愛される理由とそのこだわりをご紹介します。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る