脂性肌の悩みを解決したい!スキンケアのポイントまとめ

化粧が崩れやすいうえに肌トラブルが起きやすい脂性肌は、なにかと悩みが多いものです。脂性肌には、一般的なスキンケアではなく肌質に合わせたスキンケアが必要です。適切なスキンケアができないと脂性肌の悩みもなかなか解決に向かわないため、これから紹介するポイントを押さえてみてはいかがでしょうか。
また、脂性肌だとスキンケアに取り入れにくいのが、オイルです。しかし、正しく使えば脂性肌にもオイルは有効となっています。そんなオイルの使い方も含めて解説していきます。

脂性肌の状態ってどんなもの?

脂性肌は、必要以上に油分が多い肌のことを指します。オイリー肌とも呼ばれ、顔全体がべたつくことも少なくありません。そのため、化粧が崩れやすくなるなどの悩みが多く出てきます。

脂性肌は、肌に皮脂が出やすい状態になっていることが原因です。皮脂はもともと、肌を保護したり水分を保持するために分泌されるもので、肌には欠かせない存在です。しかし、脂性肌の場合は肌の水分量が少ないため、水分不足を補うために皮脂を多く分泌してしまいます。少ない水分を少しでも保持するためには、皮脂でしっかりと肌をガードする必要があるためです。これによって、必要以上に分泌されてしまった皮脂が肌表面に出てきてしまい、脂性肌となるのです。

こうして余分な皮脂が分泌されると、皮脂がスムーズに排出されにくくなり毛穴が詰まりやすくなってしまいます。すると、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしやすい状態となってきます。脂性肌は、皮脂が多く分泌されるというだけではあるものの、肌トラブルをも引き起こす可能性のある厄介な肌質であると言えます。

どんなスキンケアが必要?

脂性肌の場合には、通常のスキンケアでは悩みを解決することができません。そのため、脂性肌の特徴にあったスキンケアをしていく必要があります。

皮脂の分泌が多くなってしまう原因は、肌の水分量が少ないからです。つまり、脂性肌の悩みを少なくしていくためには、まず肌の水分量を多くしていく必要があるのです。肌の水分量が多くなれば、皮脂は通常の分泌量で足りるようになります。そうなれば、肌表面の皮脂も減って悩みの解決への大きな1歩を踏み出すことができるでしょう。そのためには、通常よりも念入りな保湿ケアが必要です。肌表面だけの保湿ではなく、肌の内側からのインナードライ対策も欠かせません。

適度に皮脂量を抑えるスキンケアも大切です。肌の水分量が少ないことも皮脂の分泌が多くなっている原因ですが、体質的に皮脂を多く分泌しやすいというケースも考えられます。しかし、皮脂は健康な肌に欠かせない成分なので、あくまでも適度に分泌を抑えることが大切です。そして、皮脂バランスを整えるスキンケアも必要です。皮脂の分泌バランスが整えば、水分と油分がバランスよくなり、健康的な肌に大きく近づくことができます。多すぎたり少なすぎたりしない、適度な分泌バランスを目指すことがポイントなのです。

脂性肌に向いた化粧品の選び方

脂性肌の場合は、化粧品の選び方から肌質に合ったものを見極めていくことが大切です。たとえば、皮脂の分泌を促すような効果がある成分が配合されている化粧品は、脂性肌には向きません。こうした化粧品を使うと、脂性肌は余計に悪化してしまうことになるのです。また、エタノールが多く配合されていると皮脂は多く分泌されてしまいやすくなると言われています。エタノールなどの皮脂の分泌を促してしまうような成分が入っている化粧品は避けていきましょう。


脂性肌ならば、使い心地がさっぱりしたものにすることもポイントです。しっとりしすぎるテクスチャーの化粧品は、脂性肌の場合にはべたつきが気になってしまう可能性もあります。さっぱりと使えるものを選んでいきましょう。そして、脂性肌だとニキビができやすい人が多くなっています。洗顔で皮脂をしっかり落とすことが大切です。

脂性肌のスキンケアのポイント

脂性肌のスキンケアは、ポイントをしっかりと押さえて正しくケアしていくことがとても大切です。まず、クレンジングや洗顔をする際には、強い力でゴシゴシとこすらないことを心がけていきましょう。皮脂を落とそうと思うと、無意識に強めの力でこすってしまうことも少なくありません。

しかし、こうして強い力が加わると、肌には刺激となって肌を保護するために皮脂がさらに分泌されてしまうのです。そこで、なるべく力を入れずに、やさしくなでるようにクレンジングや洗顔を行っていくと効果的です。また、乳液やクリームには油分が含まれるので、乾燥が気になる部分のみに薄く塗る程度にしていきます。顔全体に使ってしまうと、全体的に油分がプラスされてしまい、余計に脂性肌が目立ってしまうので注意しましょう。


脂性肌の場合、油分を気にしてどうしてもオイルを避けてしまいがちですが、肌が乾燥しているため、保湿をしようと皮脂を過剰に分泌している状態です。ホホバオイルなど、脂性肌に適したオイルもあります。ホホバオイルには皮脂そのものに近い成分があるので、肌なじみが非常によく、油分が浮いてしまうこともありません。オイルを避けるのではなく、ホホバオイルなど適したオイルを取り入れ、保湿をしっかりすることも大切です。


脂性肌だと日焼け止めを塗っても、とても落ちやすい状態となっています。肌の油分量が多ければ、その分日焼け止めは肌から浮いてしまい落ちてしまうのです。そこで、日焼け止めを使うのならば2~3時間おきに塗り直していく必要があります。こまめに塗り直せば、日焼け止めの効果を十分に得ることも可能です。こうしたポイントを押さえて、脂性肌も上手にケアしていきましょう。

肌の水分と油分のバランスを意識しよう!

脂性肌は、肌質にしっかりと合ったスキンケアをしていくことが大切です。適切な皮脂量になるようなスキンケアをしていけば、脂性肌は徐々に改善されていくことでしょう。それにより、肌トラブルが減ったり化粧のノリが良くなるなどの嬉しい効果も得られます。

そのためには、化粧品の配合成分に気を配ったり乳液やクリームを部分的に使うことも欠かせないポイントとなってきます。また、ホホバオイルなどのオイルを活用して、肌の水分量を増やしていくケアも効果的です。脂性肌ならではのスキンケア方法を習得して、脂性肌の悩みを減らしていきましょう。

関連商品

おすすめコンテンツ

自然由来の成分でしっとりと!オーガニックのハンドクリームを使ってみよう

スキンケアやメイクのおかげで、若々しい印象を与えられるようになります。ところが、手をみるとシワや乾燥、荒れが目立ち、顔とのギャップが大きいと感じる人も少なくありません。 手は、顔よりも徹底したケアを行うことが少なく、水仕事や紫外線といった過酷な環境にさらされています。しかも、手の皮膚はとても薄くデリケートですので、顔よりも老化が進みやすいのです。手をみると実年齢がわかるとも言われていますので、顔と同じく手のケアにも力を入れたいところです。手のケアに欠かせないアイテムといえば、ハンドクリームですので、その選び方や使い方のコツについて紹介していきます。

続きを読む

乾燥肌は老け見えの原因!徹底ケアでアンチエイジングを

エイジングケア向けのスキンケア製品を使うなど、肌の老化予防に力を入れている人も多いでしょう。アンチエイジングの方法もいろいろありますが、乾燥肌対策も重要なエイジングケアのひとつになります。それは、肌の乾燥が肌の老化スピードを速めることにつながってしまうからです。 そこで、肌老化と乾燥肌の関係性や、乾燥肌を改善、防ぐためのケア方法について紹介していきます。

続きを読む

身体だって保湿ケアは必要!ボディオイルの使い方

すねや肘の乾燥やザラつきが気になった経験はありませんか?身体も顔と同じく、さまざまな理由で皮膚の乾燥が起こってしまいます。顔が乾燥すると肌荒れなど肌トラブルの原因となってしまいますので、保湿ケアをしっかり行っている人が多いでしょう。
しかし、身体となると保湿ケアを怠りがちになります。それが身体の乾燥をさらに悪化させることにもつながってしまうのです。顔だけでなく肌全体をすこやかに保つためには保湿ケアが欠かせません。そこで、ボディオイルを使った保湿ケアを始めてみませんか?

続きを読む