ボディクリームの効果を発揮する!使い方のポイント

肌をより良い状態に導いてくれるボディクリームは、健康で美しい肌を保つためにぜひ使っていきたいアイテムです。顔だけでなく、手や足すべてがつるつる肌ならば、女性としての美しさに磨きがかかることでしょう。そんなつるつる肌を目指すためには、ボディクリームを効果的に使っていきたいものです。そこで、ボディクリームを使う際のポイントを解説します。

そもそもボディクリームは使うべき?

化粧水やクリームなどでフェイスケアをする女性は大変多いものですが、それに比べるとボディクリームを使う人はそこまで多くありません。肌の美しさが際立つのはやはり顔なので、その分フェイスケアばかりが気になってしまうのは仕方のないことです。

しかし、手や足も顔同様に人からの視線が集まりやすい箇所といえます。特に、手は何かを渡すときにもよく視線が向けられるものです。さらに、鎖骨あたりのデコルテも、洋服によっては肌の状態が目立つ場所です。こうした体のケアをしていると、女性としての魅力もアップするものといえます。見えにくいところまで抜かりなくケアをしているということは、それだけ美意識が高いともいえるのです。

ボディクリームは、そんなボディ専用のクリームです。保湿することはもちろん、美容成分も含まれていることが多いのがボディクリームの特徴となっています。こうした成分は肌を保護してくれる作用があるので、紫外線などによる外部からのダメージのケアに役立ち、肌をより良い状態に導いてくれるものなので、積極的に使っていくべきアイテムです。顔には化粧水などの顔専用のアイテムを使い、体には専用のボディクリームを使って全身くまなく肌ケアをしていくことが望ましいのです。

効果的なタイミングは?

ボディクリームは、化粧水などと同様に効果的に使うタイミングがあります。ベストなタイミングは、お風呂上がりで肌が濡れている状態のときです。

お風呂に入ると、全身の肌がとてもうるおった状態になります。温かいお湯に浸かって水蒸気も肌に取り込み、これ以上ないほどに肌は水分であふれているのです。しかし、お風呂から上がって水分を拭き取ると、途端に肌はどんどんと乾燥し始めてしまいます。

そのため、お風呂上がりに水気を手で払ったくらいで濡れた肌に使うのが、ボディクリームのベストタイミングなのです。このタイミングで使うことで、体についている水分も肌に取り込むことができます。また、お風呂上がりは毛穴が開いているので、ボディクリームの成分が浸透しやすい状態です。他のタイミングで塗るよりも断然ボディクリームの効果を得ることができます。

塗った後に水分をタオルで拭き取る際は、決して擦らないことが大切です。擦ってしまうと肌にはダメージとなってしまう他、乾燥にもつながってしまうのです。そこで、タオルは擦らずに肌に押し付けるようにして水分を拭いていきましょう。

ボディクリームの使い方の基本

ボディクリームは、ただ塗れば良いというものではありません。適切な使い方を知っていれば、より効果的に使うことができるのです。

まずは、ボディクリームを温めてから塗ることが大切です。ボディクリームは、冷えていると固くなりますが、温めると緩くやさしいテクスチャーになります。この状態ならば、ボディクリームは肌に浸透しやすくなるのです。そして、足や腕などのパーツごとに分けて、丁寧に塗っていきましょう。

1つのパーツあたり、100円玉程度の量が適量とされ、これを目安に手に取ります。肌が乾燥しているのならば、500円玉程度の量ほどにするとよいでしょう。その日の肌のコンディションに合わせて、量は調節していくように心がけます。

クリームを手に取ったら、体に塗る前に手のひら全体になじませます。手の体温でクリームがやわらかくなる効果もあるので、必ずなじませてから体に塗っていきましょう。塗るときは、円を描くようにします。ゆっくりと、マッサージをするイメージで丁寧に塗っていくと効果的です。なでるようなイメージで、肌をこすらないように使っていくことがポイントとなります。

ボディクリームを塗る際の注意点

ボディクリームを塗る際には正しく使うことも大切ですが、注意したい点もあります。それは、適量を意識して使うことです。

ボディクリームは全身に使用するため、1回に使う量が多めとなっています。そのため、少しでも節約して使いたくなるものです。しかし、適量を使わないと、ボディクリーム本来の効能を得ることはできません。せっかくボディクリームを塗っていても、肌には届かないことになってしまうのです。これでは、塗っていないのとあまり変わらない状態となってしまいます。

適量を使って、初めてボディクリームはその効果を発揮することができます。100~500円玉大を意識して、日々の肌のコンディションを見ながら量を調節していきましょう。多めに使う分には問題ないので、乾燥が気になる日は特に多めを意識していくと安心です。

ボディクリームでしっかり保湿を!

ボディクリームは、肌をより良い状態に導いてくれる心強いアイテムです。しかし、適切に使えなければその効能を十分に得られず、塗っていてもあまり効果が感じられなくなってしまうことも…ポイントを押さえてボディクリームを最大限活用できるようにしていきましょう。少し手間と時間がかかってしまいますが、これを惜しまなければボディクリームの効果を感じることができるようになるのではないでしょうか。

お風呂上がりの肌が濡れているタイミングで塗ること、温めて手のひらになじませてから塗ることが重要なポイントです。そして、塗るときはやさしくマッサージをするようにしていきましょう。また、適量を使うことも忘れてはいけません。こうしたポイントを意識して使っていけば、ボディクリームはより効果を実感することができます。手や足の先まで入念にケアをして、美しいボディをキープしていきましょう。

おすすめコンテンツ

オイリー肌が気になる!普段のケア方法や化粧水の選び方は?

皮脂の分泌量が多いオイリー肌はべたつきやテカリ、化粧くずれなどのトラブルが起こりやすい肌質です。生まれ持った肌質というだけでなく、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れもオイリー肌を作る原因です。 スキンケアでは皮脂を取りすぎることに重点を置いていると、皮膚の乾燥をすすめます。すると、肌をうるおわせるために皮脂の分泌が活発になるのです。 たとえば、べたつきが気になるからといって化粧水を使わない、一日に何度も洗顔をしているといったケアを続けている人は注意する必要があるでしょう。
ここでは、オイリー肌の特徴や原因、適切なスキンケアのポイントについて解説していきます。

続きを読む

顔にも身体にも使える!ホホバオイル活用のすすめ

さまざまな美容オイルが販売されており、スキンケアなどに活用されています。オイルを使ったケアは注目度も高く、今後チャンレジしてみたいと考えている人も多いでしょう。しかし、オイルの種類がたくさんありすぎるため、どの種類を選ぶかで迷ってしまうのです。
オイルケア初心者に適しているのが、酸化に強く、しかも肌質を選ばないホホバオイルです。ここではホホバオイルの特徴や期待できる効果、ホホバオイルを使ったケアのやり方について紹介していきます。

続きを読む

コンディショナーとは?ほかのヘアケアアイテムとの違いと効果的な使い方

髪をケアするためのアイテムは、シャンプーのほかにもコンディショナーやリンス、トリートメントがあります。どれもシャンプーのあとに使うという認識こそあるものの、それぞれにどんな違いがあるのかはいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を紹介します。美しい髪を維持するために、より髪のためになるアイテムを使いましょう。

続きを読む