シャンプーのプレゼントなら!予算や選び方まとめ

プレゼント選びは、相手との付き合い期間が短くても長くても悩むものです。人それぞれに好みはまったく違うため、プレゼント選びは簡単ではありません。相手が喜んでくれなければ、プレゼントをしても意味がないからです。そんな中でも、シャンプーは女性に喜ばれやすいプレゼントの1つとなっています。その予算や選び方について解説していきます。

シャンプーにも種類が分かれる

シャンプーには、大きく分けて3つの種類があります。

1つ目は、高級アルコール系シャンプーです。販売されているシャンプーの中では、この高級アルコール系が一番多いとされています。何よりの特徴は、洗浄力が強いという点です。石油系の界面活性剤を使用しているため、しっかりと汚れを落とすことができます。ただし、その洗浄力の強さは、時に頭皮トラブルを起こしてしまう場合があります。たとえば、皮脂の量が少なめの場合には、頭皮のバリア機能として必要な分の皮脂まで落としてしまうことがあるのです。その反面、原価が安いのでお手頃価格で購入することができるというメリットがあります。


アミノ酸系シャンプーは、洗浄するために配合されている界面活性剤の成分が、アミノ酸となっています。グリシンやグルタミン酸、メチルアラニン、メチルタウリン、サルコシンといった成分が使われることが特徴です。私たちの体を構成しているタンパク質の主成分がアミノ酸なので、石油系の界面活性剤よりも肌にやさしいとされています。ただし、それゆえに高級アルコール系シャンプーほどの洗浄力はありません。また、アミノ酸系の成分は石油系に比べて原価が高いので、高価なシャンプーが多くなっています。


そして、3つ目が石鹸系シャンプーです。石鹸系のシャンプーは、そのほとんどが天然由来成分で作られています。そのため、高級アルコール系やアミノ酸系に比べ、一般的に肌にやさしいとされています。洗浄力はアミノ酸系とあまり変わりませんが、含有成分がアルカリ性となっているため頭皮がキシついてしまうことがあります。人によって好みがあるので、好き嫌いが分かれるシャンプーといえるでしょう。

プレゼントの予算はいくらにすべき?

シャンプーは、プレゼントとしても喜ばれる可能性が高いものの1つです。しかし、シャンプーは1つ100円程度から数千円程度と、価格が大きく異なってきます。プレゼントとして用意する場合の予算は、特段決まっているわけではありませんが、相場としては2000円程度となっています。

自分では買うのをためらうような、少し特別感が味わえるシャンプーがプレゼントとしては喜ばれるのではないでしょうか。ただし、プレゼントを送る相手によって好みは変わってきます。そこで、一概に予算だけではなく、ブランドや香り、成分などにも気をくばってみるとよいでしょう。


選び方のポイントは何?

プレゼントで失敗しないポイントは、いかに相手に合ったものを選べるかにかかってきます。シャンプーは、特に好みが大きく分かれるもので、女性によっては同じシャンプーしか使わないという人も多いものです。そこで、プレゼントをするのならば、まず相手の好みを調査しましょう。中でも、香りの好みを聞き出しておくことは、何より欠かせないポイントです。

柑橘系が好きなのか、香水のような香りが好きなのかなど、人によって好みはさまざまとなります。せっかくプレゼントされたシャンプーでも、香りが自分好みでなければ使う機会も減ってしまうものなのです。そのため、香りの好みは外さずに調査しておくと安心です。


そして、相手の髪のタイプや悩みを聞いておくことも大切となります。シャンプーは、髪質や髪の悩みに応じて作られていることが多いものです。しかし、見ただけでは相手の髪質や髪の悩みはそうわかりません。ここはさりげなくリサーチをして、相手の髪により合ったものを選ぶとより喜んでもらえることになるのです。

また、含まれている成分を重視することもポイントです。自然派志向の相手ならば、天然由来成分が多く含まれるシャンプーが好まれるかもしれません。ここも好みの問題なので、相手の好みを知っておくことが大切です。そして、ボトルのデザインもこだわりましょう。シンプルなものが好きなのか、かわいらしいものが好きなのかなど、相手に合わせたデザインを選ぶと喜ばれます。こうして相手のことをしっかり考えて選べば、シャンプーはプレゼントとして最高に喜ばれる品となるのです。

シャンプーをプレゼントする際の注意点

人によって、髪質や髪の悩みはまったく違います。軟らかすぎる髪質に悩んでいる人がいれば、反対に硬くて頑固な髪質に困っている人もいるでしょう。また、頭皮の乾きに悩んでいる人やダメージヘアに悩んでいる人もいます。シャンプーは、そんな人それぞれの髪質や悩みに合うように作られているものが多いものです。頭皮の乾きならば保湿効果の高いもの、ダメージヘアならばダメージ補修効果が高いものなどといったように、配合成分も違ってきます。そのため、シャンプーによって合う・合わないが出てきます。

たとえば、髪にダメージがほとんどない人がダメージヘア用のシャンプーを使っても、その効果を感じることはできないでしょう。このように、髪質や悩みに沿ったものでなければ、どんなに高価なシャンプーでも意味がないのです。特に、プレゼントとしてのシャンプーでは、相手の髪のためにより良いシャンプーを選びましょう。

髪にいいシャンプー選びをするのがコツ!

心から喜ばれるプレゼントにしたいのなら、相手の好みなどをしっかりと事前に調査しておくことが大切です。香りの好みはもちろん、髪質や髪の悩みを把握していれば、より相手が喜ぶシャンプーを選ぶことができます。毎日使うシャンプーは、特に女性にとってこだわりが強いものの1つです。だからこそ、相手の好みに合っているかどうかが、喜んでもらえるかどうかを決めるポイントなのです。

また、髪にいい成分が含まれているかどうかに気を配ることも大切です。好みが人によって大きく分かれるシャンプーは、どんなものでもあげれば喜ぶというものではありません。どんなに高価で有名なブランドであったとしても、相手の髪に合っていなければ喜ばれないものなのです。そこで、より相手に合ったシャンプーを選ぶように心がけていきましょう。

おすすめコンテンツ

古くから民間療法にも使われてきた"インディゴ"。メルヴィータ独自のインディゴオイルで、クレンズ&チャージ!髪の質感を改善し透明感のあるツヤ髪へ!

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る