コットンで化粧水を付けるのはあり?メリット・デメリットまとめ

化粧水を付けるとき、コットンを使って付ける方法と手で直接付ける方法の2つの方法があります。コットン派と手で付ける派でどちらが良いか意見が分かれるところですが、コットン派の場合、肌に優しくない、刺激が強いなどの意見も多いため、実際はどうなのか知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。そこで今回はコットンを使うメリットとデメリットについて詳しく紹介します。

コットンで化粧水を付けるメリット

化粧水は肌を保湿し、角質層にうるおいを与えることでコンディションを整える効果があります。しっかりと保湿を行うと乾燥を防ぐために皮脂が過剰分泌するのを防ぐ効能もあり、毎日行うスキンケアの中でも基本中の基本です。そのため、いかにムラなくしっかりと付けられるかが問題になります。

コットンを使って化粧水を付けた場合、手のように凹凸がないので、肌の細かい部分まで均一に付けることができ、肌全体をムラなく保湿することが可能です。手で付けるのに比べて、コットンで付けたほうが肌の奥まで化粧水がしみ込みやすく、長くうるおいが持続することがわかっています。また、化粧水が温まらないので毛穴をしっかりと引き締め、化粧崩れを防ぎます。

もうひとつのメリットは、清潔に付けられることです。手は綺麗に洗ったつもりでも雑菌や汚れが付きやすいため、コットンを使ったほうが衛生的には優れています。特にニキビなど細菌が原因の炎症などに悩んでいる人は衛生面に気を付ける必要があるため、ニキビ用化粧水の多くはコットンの使用を推奨しています。この他にも、手に取るのと違ってこぼれにくい、コットンパックとして利用できるなどのメリットがあります。

コットンで化粧水を付けるデメリット

一方で、デメリットもあります。コットンを効果的に使うためにはある程度知識が必要であり、間違った使い方をしていると肌に大きな負担を与える恐れがあります。特に、コットンで肌を強くたたいたり、ごしごしこすったりすることは肌への大きな刺激となり、肌トラブルの原因となります。

また、使っているコットンが肌に合わない場合も肌に刺激を与えてしまいます。コットンは肌触りの良い柔らかい素材のため、それ自体の刺激はあまりありませんが、使っていくうちに小さな毛羽立ちができてしまい、この毛羽立った繊維が肌に当たることで刺激となります。そのため、コットンは毎回新しいものを使い、使用中に毛羽立ってきたら小まめに交換しましょう。


その他、コットンを使ってお手入れすると、肌に直接触れないため、肌の状態がわからないと指摘する声もあります。また、コットンを使う場合、十分に化粧水を含ませることが必要となるため、コットンに含まれた分の化粧水が無駄になり、コストが多くかかるというデメリットもあります。

コットンは使い方が意外と難しく、間違った使い方をしてしまうと肌に負担をかける可能性が高くなるので、正しい使い方ができるかどうかが大きなポイントとなります。

手とコットンならどちらがいい?

適切な使い方をしていれば、手で付けてもコットンで付けても基本的には問題ありません。自分がお手入れしやすいと思っている方法で続けることが大切です。

しかし、化粧水を付けた後に肌にうっすら赤みが出ている、しっかり付けたはずなのにすぐに乾燥してしまう、という場合は化粧水の付け方に問題がある場合もあります。特に肌の敏感な人は刺激に弱いため、肌に刺激を与えないケア方法を選ぶことが大切です。

例えば、化粧水を手で付ける場合は、事前にしっかり手洗いを行うことが大切です。手にはさまざまな細菌が付着しているため、不衛生な状態で手入れを行うことはニキビや炎症などの肌トラブルの原因となる場合があります。また、手の表面が傷や乾燥などによってガサガサしている場合は、手に染みたり、手からの刺激が肌に刺激となったりする場合もあります。

一方でコットンを使って付ける場合、コットンを十分に湿らせていないと肌への摩擦が大きくなります。滴るほど水分を大量に含ませると、今度は水分を吸って膨らみ過ぎたコットンが硬くなり、肌への負担が大きくなるのです。毛羽立った繊維が肌に触れることでシミの要因になったり、摩擦で肌が乾燥してシワの要因となるのは大人の女性にとって避けたいところです。

基本的には手で行うケアはコットンで付けるよりも刺激が少なく肌に優しいと言われていますので、コットンを使ってみて刺激を感じる人は、手で付けるほうが無難かもしれません。

コットンを使って化粧水を付けるコツ

コットンを使って化粧水を付けるときのポイントは、とにかく優しくつけることを意識することです。

使用するコットンは、大きくて適度な厚みがあるものを選ぶようにしましょう。良質なコットンには、かたすぎず柔らかすぎない密度があります。また、肌に負担を与える加工や縫い目のないものを選ぶことが大切です。メーカーの指示通りの分量を守り、コットンを十分に湿らせましょう。

次に化粧水を湿らせたコットンは、中指と薬指の間に挟んで、顔の中央から外側へ向かって滑らせるようにケアします。このとき、繊維の流れに沿って移動させることが大切です。コットンは寸法が長い方向に繊維が流れるように作られています。繊維の流れに逆らって使うと、毛羽立ちの原因となるので避けましょう。

まずは頬、額など広い部分からケアして、その後、乾燥しやすいまぶたや小鼻のまわり、口元などの細かい部分も忘れずになじませましょう。ケアする範囲は、フェイスラインから首元までです。首は、下から上に向かって、リンパの流れに沿ってケアするのがポイントです。常にこすらない、強くたたかないことを意識しましょう。

化粧水の浸透力を高めたい場合は、コットンパックをします。この場合は必ず5分以内とし、アルコール配合の化粧水は使わないように注意しましょう。

コットンを使うなら使い方に気を付けて!

肌に優しい良質なコットンを選んで正しく使用した場合は、肌への刺激も少なく、衛生的かつ効果的に保湿ができる便利なアイテムです。一方で、使い方を間違えると毎日の手入れで肌に負担をかけ続けてしまう恐れもあります。刺激を与え続けた肌は、ニキビや炎症、シミなどの肌トラブルを起こしやすくなります。使い方には十分注意するようにしましょう。


おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る