ボディスクラブはどうやって使うの?使い方を徹底レクチャー!

ボディスクラブは、細かい粒子を含んだジェルやクリームで体の古くなった角質を除去する便利なアイテムです。しかし、ボディスクラブの存在は知っているけれど、詳しい使い方まではよく知らないという人も多いのではないでしょうか。また、興味はあるけれど使ったことがないという人や、具体的にどんな使い方をするかわからない人もいるかもしれません。そこで今回は、ボディスクラブの効果的な使い方と役割について解説します。

ボディスクラブの効果って?

ボディスクラブは、塩(ソルトスクラブ)や砂糖(シュガースクラブ)、あずきやトウモロコシなどの植物成分から抽出した細かいスクラブを使って、古くなった肌の角質を除去するボディケア用品です。

滑りの良い透明なジェルや保湿効果の高いクリームの中にスクラブが入っており、クルクルと肌の上を滑らせるだけで、日常の生活でたまった垢や汚れなどを効果的に取り除くことができます。一般的に使われているのはソルトスクラブが多いですが、シュガースクラブのほうが粒子が小さいため、肌への負担は少ないと言われています。

ひじの裏やかかとなど、ごわごわした汚れがたまりやすい箇所も、細かい粒子が角質の汚れを柔らかくして除去するので無理なく手入れすることが可能です。また、マッサージすることで血行が良くなり、むくみの解消にもつながります。


ボディスクラブをした後の肌は、余分な角質が取れるため柔らかくなめらかな肌触りです。また、肌のターンオーバーをサポートし、毛穴の黒ずみ防止やニキビの予防効果も期待できます。肌を触ってみてなんだかゴワゴワする、ツヤがないという場合はターンオーバーが乱れて角質が溜っていることが原因かもしれません。肌は通常28日周期でターンオーバーしますが、年齢とともにターンオーバーが上手く行えなくなってしまいます。また、生活環境やストレスなどでもターンオーバーが乱れる原因となります。ボディスクラブをうまく利用して、柔らかですべすべの肌を目指しましょう。

ボディスクラブの効果って?

ボディスクラブの角質オフは、粒子の大きさがポイントになります。角質がたまってゴワゴワしている人や黒ずみを効果的に除去したい人は、ソルトスクラブのように粒子がしっかり配合したものを選ぶようにしましょう。

商品によっては、スクラブが一種類だけでなく、何種類かが配合されているものもあります。こうすることで大小さまざまな角質が効果的に働き、角質を効果的にオフすることができます。また、使うときは伸びの良さにも注意して選ぶことが大切です。力を入れてごしごしこすってしまうと肌を傷める原因となるので、熱で溶けやすく、肌になじみやすいものを選ぶようにしましょう。


まずは体をきれいに洗って肌を清潔にし、スプーン1杯程度を肌の上にのせます。その後、力を入れずに円を描くようにマッサージしましょう。力を入れると肌を傷つけることはもちろん、肌表面の汚れにスクラブが絡みづらくなるため、効果も半減してしまいます。また、使っている途中で肌がヒリヒリしてきたり、強い痛みやかゆみを感じたりした場合はすぐに使用を中止しましょう。

アルガンオイルやシアバターなど、保湿効果が高い成分を配合したボディスクラブを使うのもおすすめです。肌に刺激を感じやすい人はなるべく粒子が細かく、ザラザラとした感触が少ないものを選ぶようにしましょう。ボディスクラブには多くの種類があり、敏感肌でも使える商品もでています。自分が使いやすいと感じる商品を選ぶことが大切です。

基本的な使い方の手順は?

ボディスクラブを使うときは、週に1~2回程度の使用が目安となっています。メーカー推奨の使用頻度を守りましょう。愛用者の中には、使用後の肌の状態が良いからと言って短期間に集中して使用する人もいますが、過剰に使うことは肌のためにおすすめできません。推奨回数以上の使用は、逆に肌を傷める可能性があります。


ボディスクラブは体を洗った後の清潔な肌に使います。汚れや油が付着した状態で使うと、ボディスクラブの効果が薄れてしまうためです。ボディソープや石鹸などをよく泡立ててから優しく洗っておきましょう。基本的に濡れた肌に使うため、水分の拭き取りは必要ありません。濡れた状態の肌で使うと、スクラブの滑りがよくなり肌に負担をかけにくいためです。しかし中には乾燥した状態の肌に使うボディスクラブもあるため、事前に説明書をよく読んで確認しておきましょう。


ボディスクラブを使うときは力加減も大切です。肌の黒ずみを落とそうとごしごしこすってしまうと、肌に刺激となって炎症が起こり、色素沈着を引き起こしてしまいます。余分な力を入れずに、指の腹でクルクルと優しく円を描くようにしてマッサージするのが一番です。


ボディスクラブにはさまざまな種類のものがあり、使用感や香り、使い心地なども商品によって異なります。テクスチャーもいろいろ種類があるので肌に負担を感じず、使っていて心地よいと感じるものを選ぶようにしましょう。特に肌が敏感な人は最初は手の甲などで試してみて問題なければ体の一部から使い始め、肌にトラブルが起こらないか確認してから使うと安心です。

ボディスクラブを使うときのポイント

ボディスクラブを使うときは、週に1~2回程度の使用が目安となっています。メーカー推奨の使用頻度を守りましょう。愛用者の中には、使用後の肌の状態が良いからと言って短期間に集中して使用する人もいますが、過剰に使うことは肌のためにおすすめできません。推奨回数以上の使用は、逆に肌を傷める可能性があります。


ボディスクラブは体を洗った後の清潔な肌に使います。汚れや油が付着した状態で使うと、ボディスクラブの効果が薄れてしまうためです。ボディソープや石鹸などをよく泡立ててから優しく洗っておきましょう。基本的に濡れた肌に使うため、水分の拭き取りは必要ありません。濡れた状態の肌で使うと、スクラブの滑りがよくなり肌に負担をかけにくいためです。しかし中には乾燥した状態の肌に使うボディスクラブもあるため、事前に説明書をよく読んで確認しておきましょう。


ボディスクラブを使うときは力加減も大切です。肌の黒ずみを落とそうとごしごしこすってしまうと、肌に刺激となって炎症が起こり、色素沈着を引き起こしてしまいます。余分な力を入れずに、指の腹でクルクルと優しく円を描くようにしてマッサージするのが一番です。


ボディスクラブにはさまざまな種類のものがあり、使用感や香り、使い心地なども商品によって異なります。テクスチャーもいろいろ種類があるので肌に負担を感じず、使っていて心地よいと感じるものを選ぶようにしましょう。特に肌が敏感な人は最初は手の甲などで試してみて問題なければ体の一部から使い始め、肌にトラブルが起こらないか確認してから使うと安心です。

ボディスクラブを使うときの注意点

ニキビによる炎症や傷など、肌にトラブルがある場合はボディスクラブの使用は中止しましょう。炎症を起こしているところに使うと肌トラブルの悪化を招きます。また、肌トラブルがない状態でも、やりすぎると肌に負担をかけて肌トラブルが起こることがあります。使用回数はもちろん、1回の使用時間にも注意してやりすぎないように注意しましょう。

体の中でも、角質が多くたまっている場所と、あまりたまっていない場所があります。例えばヒジやヒザ、かかとなどは角質がたまりやすい場所なので重点的にケアするようにします。逆にお腹まわりや胸元などは皮膚が薄く赤くなりやすいため、あまりこすりすぎないように注意しましょう。

ボディスクラブを洗い流すときは、お湯の温度にも注意が必要です。摩擦を加えた後なので、肌は普通よりも敏感になっています。熱いお湯で流してしまうと刺激を感じ、赤みやかゆみの原因となるので避けましょう。手で肌をなでるようにして、ぬるま湯で優しく洗い流すのがおすすめです。保湿成分が配合されているものが多いので、洗い流した後はボディソープや石鹸で再び洗う必要はありません。

タイルで拭くときも水分を吸い取るようにしてぽんぽんと優しくふき取ります。ごしごし拭かないことが大切です。スクラブ後は余分な角質が剥がれて肌が無防備な状態になっています。乾燥しやすいので化粧水と乳液で水分と油分をバランスよく補い、しっかりと保湿しておきましょう。


美肌を目指すならボディスクラブを!

ボディスクラブは使い方をしっかり守れば、非常に効果的な美肌アイテムです。週に一度の使用を習慣づけると肌を柔らかく滑らかな状態に保つことができます。いろいろなタイプがあるので、自分の肌に合った商品を選ぶようにしましょう。肌トラブルを避けるためには、肌トラブルのあるときは使用を控えること、ごしごしこすらないこと、使用頻度を守ることが大切です。

関連コンテンツ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

ピンクペッパーで肌引き締めケアを効果的にサポートするロルロゼ シリーズ。『#ピンクのオイル』で話題のオイルと、洗いながらマッサージできるウォッシュスクラブで、美肌ボディへ。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

オイリー肌が気になる!普段のケア方法や化粧水の選び方は?

皮脂の分泌量が多いオイリー肌はべたつきやテカリ、化粧くずれなどのトラブルが起こりやすい肌質です。生まれ持った肌質というだけでなく、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れもオイリー肌を作る原因です。 スキンケアでは皮脂を取りすぎることに重点を置いていると、皮膚の乾燥をすすめます。すると、肌をうるおわせるために皮脂の分泌が活発になるのです。 たとえば、べたつきが気になるからといって化粧水を使わない、一日に何度も洗顔をしているといったケアを続けている人は注意する必要があるでしょう。
ここでは、オイリー肌の特徴や原因、適切なスキンケアのポイントについて解説していきます。

続きを読む

顔にも身体にも使える!ホホバオイル活用のすすめ

さまざまな美容オイルが販売されており、スキンケアなどに活用されています。オイルを使ったケアは注目度も高く、今後チャンレジしてみたいと考えている人も多いでしょう。しかし、オイルの種類がたくさんありすぎるため、どの種類を選ぶかで迷ってしまうのです。
オイルケア初心者に適しているのが、酸化に強く、しかも肌質を選ばないホホバオイルです。ここではホホバオイルの特徴や期待できる効果、ホホバオイルを使ったケアのやり方について紹介していきます。

続きを読む

コンディショナーとは?ほかのヘアケアアイテムとの違いと効果的な使い方

髪をケアするためのアイテムは、シャンプーのほかにもコンディショナーやリンス、トリートメントがあります。どれもシャンプーのあとに使うという認識こそあるものの、それぞれにどんな違いがあるのかはいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を紹介します。美しい髪を維持するために、より髪のためになるアイテムを使いましょう。

続きを読む