シャワージェルってどんなもの?選び方と使い方のコツは?

シャワージェルという名前を知っていても、実際に使ったことがない人も多いでしょう。シャワージェルとは液体石鹸のことであり、ボディーソープと同じようにタオルやスポンジなどにつけて体を洗うのに使用します。シャワージェルとボディーソープは一見するとよく似ていますが、カラフルな色のジェルやおしゃれなパッケージ、リラックス効果抜群の香りなど、シャワージェルにはバスタイムを心地よくしてくれる要素が詰まっているのです。そこで、シャワージェルの使い方について、詳しく紹介していきます。

シャワージェルって一体?

体を洗う石鹸は固形タイプと液体タイプに分けられ、シャワージェルは液体石鹸の一種になります。シャワージェル以外にもボディーソープや固形石鹸で体を洗うことができますが、大きな違いは泡風呂を作れることです。つまり、シャワージェルには体を洗うのと、入浴剤の2つの役割があるのです。

泡風呂といえば、外国映画やドラマに登場することが多く、憧れた人も多いのではないでしょうか。普段のお風呂にシャワージェルを入れるだけで、簡単に自宅のお風呂を泡風呂にすることができます。泡風呂に入ると、海外セレブのようなリッチな気分を味わるだけでなく、入浴しながら体もきれいにしてくれますので、よりリラックスしてバスタイムを過ごせるようになるでしょう。


シャワージェルは、さまざまなメーカーから販売されていますが、メーカーによっては、バスジェルやボディーソープ、シャワージェルというように、表記がバラバラです。呼び方は異なっても、液体状の石鹸で体を洗うのと、泡風呂を作る両方の要素を持ち合わせています。バスジェル、ボディーソープ、シャワージェルの境界が曖昧である点も、シャワージェルの使い方をわかりづらくしているのかもしれません。

ボディーソープとの主な違い

シャワージェルは、ボディーソープと混同されることも多くありますが、どちらも身体を洗う液体石鹸であるという点は共通しています。両者の大きな違いは、ボディーソープが体を洗うのが主な使用方法であるのに対し、シャワージェルは泡風呂を作れる入浴剤としても使用できることです。洗いあがりの質感も、両者の異なる点のひとつになるでしょう。


ボディーソープは、しっかりと汚れを落とすために、泡立ちも良くある程度の洗浄力を持つ製品が多くみられ、洗いあがりの肌も爽快感があります。一方で、シャワージェルはボディーソープよりも泡立ちが良くありませんが、洗浄力がマイルドで、洗いすぎや肌を乾燥させる心配が少ないものが多いのです。


パッケージやテクスチャの色、香りの違いも挙げられます。シャワージェルには、パッケージデザインがおしゃれなものが多く、テクスチャの色も赤やピンク、緑などカラフルな色が揃っており、香りも、女性が好むものを中心に種類も豊富です。そのため、お風呂場にいくつか並べておくと、インテリアのように見栄えしますので、いくつか購入してコレクションしている人も少なくないようです。


シャワージェル選びのコツ

シャワージェルを探してみると、いろいろなブランドからたくさんの製品が販売されていますので、どれを選ぶかで迷ってしまうでしょう。バスタイムを楽しくするためには、自分に合ったのシャワージェルを探すのが大切なのです。

香りがリラックス効果を高めてくれるため、重要視したいポイントのひとつになります。お風呂は、体全体をきれいに洗うだけでなく、リラックスできる時間ですので、自分が好みの香りであること、香りの強さを確認しておきましょう。

また、シャワージェルは毎日使用するため、価格帯もシャワージェルを選ぶときにチェックしておきたいところです。製品やメーカーによって価格帯の幅が広いため、納得できるものを選ぶことが重要になります。普段使いするものは、コスパが良く、香りのバリエーションが豊富な製品を選ぶと、その時の気分で使い分けもできるでしょう。


シャワージェルは肌に刺戟の少ないものが多いのですが、自分の肌に合うかどうかも、よく確認してから購入する必要があります。それは、製品によって使われている洗浄成分や美肌成分などが異なるため、自分の肌との相性の問題です。肌に合うかどうかは、実際に試してみないとわからないことが多いため、テスターなどを使って様子をみましょう。

シャワージェルの効果的な使い方は?

体を洗うだけでなく、入浴剤としても使用できるシャワージェルは、効果的に使用することで、美肌と癒し効果をアップできるようになります。

体を洗うときは、ボディーソープと同じように、ボディタオルや手に適量をとって体全体になじませてから、よく洗い流して使います。ボディーソープと比較すると泡立ちが良くありませんが、その点については泡立ちネットを使えば、十分な泡が作れるでしょう。シャワージェルは保湿効果が高いものが多く、洗いあがりの肌をしっとりさせてくれますので、乾燥肌や敏感肌の人にも刺激が少なめです。


泡風呂を上手に作るときのコツは、水圧を利用することです。シャワージェル製品の多くが、バスタブにお湯を張るまえにシャワージェルを適量入れてから、勢いよくお湯を出すようにすすめています。高い水圧によってもこもこした泡が作れるようになります。

リッチな泡と香りに包まれますので、バスタイムをより優雅でリラックスした時間にしてくれるでしょう。

2役あるのがシャワージェルの魅力!

体を洗うのと、憧れの泡風呂も作れるという2つの機能を持っているのが、シャワージェルの魅力です。また、色鮮やかな見た目やパッケージデザインは、いくつもコレクションしたくなるほどです。それらをお風呂場に並べておくと素敵なインテリアになるので、眺めるだけでも気分を盛り上げてくれることでしょう。

また、メーカーや配合している成分、価格など商品もバライティーに富んでいるので、いくつか揃えて、その日の気分に合わせて使い分けるのという楽しみ方もできます。シャワージェルは1日の疲れを癒すバスタイムをより充実させてくれるアイテムなので、リラックス効果を高めるとともに、美容のためにも取り入れてみましょう。


おすすめコンテンツ

クリアな素肌作りに役立つ!拭き取り化粧水の使い方

拭き取り化粧水とは、クレンジングや洗顔で落とし切れなかった汚れ、古い角質などを取り除いてくれるスキンケアアイテムです。肌にとって不要なものを落とすことで、肌のゴワつきを改善したり、ターンオーバーを整えたりするなど、美しい肌を作るのに効果的に働いてくれます。
拭き取り化粧水を日常的に使用していない人も少なくありませんが、その効果を知り、正しく使用することで、クリアな素肌に近づくことができるのです。そこで、拭き取り化粧水の効果や正しい使い方や注意点について、紹介していきます。

続きを見る

間違った使い方してない?クレンジングオイル活用術

クレンジングオイルは、他のメイク落としと比べて、濃いめのメイクなどもしっかり落とせるのがメリットです。しかし肌への負担が大きいと思っている人も少なくありません。
実は、クレンジングオイルを適切に使うことで、肌への負担を少なくしながら、しっかりメイクも落とせるようになるのです。そこで、クレンジングオイルの使い方について紹介していきます。

続きを見る

乾燥が気になる目元!陥りがちなトラブルとスキンケア方法

20代まではどんなケアをしていてもそれほどトラブルを感じなかったのに、30代に差し掛かると「小ジワ」「たるみ」「くすみ」などの悩みを持つ人が増えてきます。特に皮膚の薄い目元は乾燥しやすいため、トラブルが気になるパーツです。 目元のトラブルが起きてしまう原因と対策、そして普段のスキンケアの方法を見ていきましょう。

続きを見る