30代のスキンケアは保湿がポイント!年齢に負けない理想肌を手に入れよう

30代になってから「今までのスキンケア製品が合わなくなってきた」「小じわや乾燥が気になるようになってきた」と感じることはありませんか。30代はお肌の曲がり角といわれることもあり、何かと今まで通りでは上手くいかなくなるものです。仕事でもプライベートでも多忙になりがちな30代は、年代に合ったケアをしていく必要があります。そこで、20代までとは違う30代ならではの肌トラブルや肌の状態、そして対策方法について紹介していきます。

30代の肌の状態と原因

30代になると、今まで気にならなかった肌状態が目につくようになってきます。たとえば、肌の乾燥や小ジワ、シミなどが気になって仕方がなくなってくることも少なくありません。30代という壁をこえると出てくるこうしたさまざまな悩みは、肌状態の変化によるものとなっています。変化の1つは、肌表面である角質層の水分量が減ってくることです。肌に多く含まれるコラーゲンは、年を重ねるごとにどんどんと減少していきます。特に30代は、天然保湿成分が急激に減少する時期とされているため、肌が乾燥しやすくなるのです。こうなると、肌のハリがなくなってくるのも仕方がないことといえるでしょう。さらに、皮脂の分泌量も減ってきます。皮脂は、肌のバリア機能を担う大切な存在です。これが少なくなることで外的な刺激を受けやすい状態となり、肌状態は悪化してしまうのです。

そして、ターンオーバーが乱れやすくなることも肌状態を悪化させる要因といえます。肌の生まれ変わりであるターンオーバーは、正常に機能していれば老廃物を効率的に排出して新しい肌細胞を定期的に作り出すことができます。これによって、肌は健康な状態を保てるようになるのです。しかし、ターンオーバーが乱れてしまうと老廃物がたまりやすくなり、肌には悪い環境となってしまいます。同時に、30代は女性ホルモンの分泌量が減ってくる時期でもあります。女性ホルモンの分泌は、肌をいい状態に保つうえで欠かせない要素です。個人差はあるものの、年齢によってこのような変化が起きることで、これまでになかった乾燥や小ジワ、シミなどといった肌の悩みが現れるようになるのです。


30代の肌トラブルで多い小ジワ・シミのケア

30代になると現れ始めるトラブルの中でも特に多いのが、小ジワやシミです。これらは見た目年齢に大きく影響を及ぼすため、女性にとってはかなりの悩みの種となってきます。では、それぞれの悩み別にどんなケアをしていけばいいのかを紹介します。

小ジワができる原因とケア

小ジワができてしまう原因は、紫外線による肌へのダメージや乾燥が主な原因と言われ、また紫外線を受けると、肌は老化しやすくなるとされています。顔は衣服などで保護されているわけではないので紫外線の影響を受けやすく、シワの要因となるのです。そして、乾燥した状態では肌の表面である角質層の表面部分が剥がれやすくなってしまいます。これが剥がれてしまうと、角質層に隙間ができてしまい小ジワとなるのです。また、血行不良によっても小ジワは発生します。血行不良になると、肌に充分な栄養と酸素が行き届かなくなってしまいます。すると、肌の健康を保つことが難しくなってしまい乾燥などを引き起こし、シワとなるのです。

こうした小ジワには、適切なケアをしていく必要があります。まずは、大きなダメージとなりやすい紫外線をできる限り防いでいきましょう。日焼け止めを塗ったり帽子をかぶるなどして、なるべく紫外線を浴びないことが大切です。ただし、日焼け止めは肌を乾燥させてしまう原因になる場合があるので、状況によって使い分けると効果的となります。たとえば、屋内にいるときと屋外へ出るときで日焼け止めの種類を変えるのもいい方法です。そして、保湿ケアも欠かせません。乾燥を防ぐためには、肌に充分な水分を補給する必要があります。保湿力の高いスキンケアアイテムなどを活用して、積極的に保湿をしていきましょう。同時に、血流をよくするためのマッサージも有効です。指の腹を使って、肌を傷つけないように注意しながらのマッサージが効果的です。

シミができる原因とケア

シミは、ターンオーバーの乱れや、ホルモンバランスの乱れによって起こります。妊娠や出産のタイミングでは一時的にホルモンバランスが大きく乱れることになるので、シミが濃くなることもあります。こうしたシミには、まずターンオーバーを整えることを心がけていきましょう。ターンオーバーを整えるためには、代謝を上げることが大切です。なるべく体を冷やさないようにして、適度な運動を取り入れていくと有効です。そして、生活習慣を見直して体の中からケアをしていくことも必要となります。十分な睡眠をとることや、栄養バランスのいい食事を心がけることも大切なポイントです。こうしてホルモンバランスやターンオーバーを整えて、シミの原因となるメラニンを効率的に排出できるようにすると効果的なのです。

30代のスキンケアのポイントは保湿

30代になったら、毎日のスキンケアで気をつけていきたいのが保湿です。しっかりと保湿していれば肌の状態は整いやすくなり、さまざまなダメージにも負けにくくなるのです。この保湿の重要性について、詳しく見てみましょう。

年齢的に水分量が減ってきている

肌の潤いは20歳をピークに減り始め、30代になると乾燥を実感するようになってきます。これは、肌にある天然保湿成分が減ってくることに由来します。放っておくと乾燥が進み、肌がダメージを受けてシワが深くなったり、その他の肌トラブルを招いてしまうので注意する必要があります。さまざまな肌トラブルの原因は、乾燥によることが多くなっています。乾燥していると肌のバリア機能も弱まってしまうので、今まで通りの生活をしていてもダメージを多く受けやすくなるのです。

ターンオーバーの乱れが乾燥を招く

肌が乾燥してしまうとターンオーバーが乱れ、未熟な細胞が肌表面に出てきてしまいます。この未熟な細胞はとても薄く、水分を十分保持できないために肌が乾燥しやすくなってしまいます。ターンオーバーが早まると、こうして乾燥が進むために肌にとっては悪循環となるのです。逆にターンオーバーが遅れると、シミの元になる細胞が蓄積されてしまうようになります。ターンオーバーが遅れてしまうと、本来一定周期で排出されていたシミの元となる細胞などが肌に残ってしまいます。これが続くことで、シミができやすくなってしまうのです。

30代の肌に効果的な保湿方法

30代は、20代の頃よりも効果的な保湿をしていく必要があります。肌が乾燥しやすい条件が多くなる年代なので、今まで以上にしっかりと肌に水分を補給して、それを保持していかなければなりません。そこで、30代の肌に効果的な保湿の方法について説明します。

水分を与えて油分でフタをする

保湿ケアでまず大切なことは、肌の水分量を増やすことです。次いで、補給した水分をしっかりと肌に閉じ込めておくことが欠かせません。そこで、化粧水で肌に水分を与えて、クリームの油分でふたをすることが保湿の基本となります。どちらのステップが欠けても、保湿ケアとしては成り立たないのです。水分を補給してもそれを保持できなければ意味がないうえに、そもそも水分を補給せずに油分で肌にふたをしても水分が足りないからです。そのため、ベタつきが苦手で化粧水しか使用していない、保湿効果が高いクリームのみ使用しているなど、どちらか一方に偏っているスキンケアは避けましょう。たとえ、保湿のために大量に化粧水を使用したとしても、余った水分は肌に浸透しないので無駄となってしまいます。化粧水は適量を守って使い、そのうえでクリームを使うことが重要なのです。

ブースターオイルを使用する

乾燥して硬くなってしまった肌は、化粧水の成分が浸透しにくくなっています。すると、どんなに保湿ケアをしても保湿効果は高くはなりません。そこで、肌が乾燥しやすい30代にはブースターオイルを使用することも有効となります。オイルは肌を柔らかくしてくれるため、洗顔後の肌にオイルを数滴塗るだけで次に使用する化粧水が浸透しやすくなるのです。この一手間を加えれば、いつもの化粧水やクリームも効果的に使っていくことが可能です。

ブースターオイルには、自然の美容成分を豊富に含む「アルガンオイル」などを製品を使用すると良いでしょう。アルガンオイルは乾燥肌対策にも最適で、顔だけでなく体全体や髪の乾燥にも使えるという特徴があります。顔以外にも乾燥対策ができるので、一石二鳥といえるでしょう。ブースターオイルは、洗顔をした後にすぐ使います。このとき、オイルは手で温めてから肌に塗るとより効果的です。


30代のスキンケアの注意点

30代のスキンケアでは、注意したい点がいくつかあります。まずは、顔をこすらないことです。クレンジングや洗顔を行うときにゴシゴシこすってしまうと、むりやり角質をはがしてしまうことになります。また、皮脂を必要以上に落としてしまうので、肌の水分が抜けやすくなってしまいます。すると、乾燥や小ジワの原因となってくるのです。そして、使用するスキンケアアイテムについても注意が必要です。どんな素材を使っているのか、そしてその他の含有成分もしっかりとチェックしましょう。たとえば、洗浄力が強すぎる洗顔料などを使うと、ターンオーバーが早まってしまう可能性があるのです。なるべく肌に刺激とならない素材を使い、適切な成分を含んでいるアイテムを探すと安心です。

30代のスキンケア!日常生活で見直すべき点とは?

30代のスキンケアでは、保湿をはじめとする肌への手入れ以外にも大切なことがあります。それは、日常生活の見直しです。日々の生活は肌の状態の良し悪しに直結してくるので、ここでしっかりと見直していきましょう。

睡眠をしっかりとる

肌のターンオーバーは眠っている間に活発に行われるため、睡眠をしっかりとるようにすることが大切です。また、肌を老化させる活性酸素を取り除くとされるメラトニンは、21時頃から分泌される特徴があります。そのため、なるべく早めに寝るようにするとメラトニンが効率的に作用できるようになるのです。

睡眠は全身の血流にも大きく関係しています。睡眠不足になると血流が悪くなってしまい、肌の状態を悪くしてしまうのです。血液は肌に栄養を運ぶ役割をしているので、肌が栄養不足となりさまざまな肌トラブルを起こしてしまう可能性があります。これを防ぐためには、自分に必要な睡眠時間をしっかりと確保することが大切です。同時に、快適な寝室環境を整えて深い眠りにつきやすくしていきましょう。


ストレスを溜めない

ストレス社会とされる現代は、どんなに平和な毎日を過ごしていても少なからずストレスが溜まってくるものです。ストレスが溜まると自律神経が乱れてしまい、血行が悪くなってしまいます。すると、肌まで十分な栄養が行き渡らなくなってしまうのです。また、自律神経が乱れるとターンオーバーも乱れやすくなります。ターンオーバーが乱れると肌のバリア機能が低下し、乾燥や肌トラブルの原因になるのです。そのため、ストレスは毎日こまめに発散していくことが大切です。

適度な運動をする

運動不足になると、新陳代謝力が落ちて血行不良になりやすくなります。代謝が落ちると老廃物が排出されにくくなり、肌トラブルを引き起こしてしまうのです。そこで、毎日適度な運動をする習慣をつけていきましょう。ウォーキングやジョギングなども効果的ですが、それぞれの体の状態に合った運動をすることが大切です。運動と疎遠な人は、まずストレッチから始めるのもいいでしょう。また、汗には保湿作用もあると言われており、定期的に汗をかく習慣をつけておくと効果的です。

食生活を見直す

肌は、栄養が足りなければ健康な状態を維持することができません。そこで、バランスのよい食事を心がけることもポイントとなります。1日3食きっちり食べるのはもちろん、さまざまな栄養がバランスよく摂れるように意識していきましょう。ターンオーバーを正常化するためには、炭水化物やタンパク質を積極的に摂ることも大切です。また、ビタミンやミネラルも肌のために必要な成分なので、意識的に取り入れていくと効果的となります。

優しく肌を洗う

スキンケアの基礎は、クレンジングと洗顔です。肌の汚れを落とすこれらのケアは、肌状態を左右する大切な手順といえます。ここでのポイントは、強くこすらずオイルや泡をクッションにして優しく滑らせるように洗うことです。汚れを落とそうとしてこすってしまうと、逆に肌を傷つけることになるので注意しましょう。また、熱いお湯は必要な皮脂を落としてしまうため、ぬるま湯で洗うと効果的です。

紫外線対策をする

肌に大きなダメージとなる紫外線は、可能な限り防ぐ対策をすることが重要です。紫外線は肌を乾燥させ、ハリを失う原因になってきます。たとえ、すぐに影響が出なくても数年後にひびいてくることも少なくありません。そこで、日焼け止めや日傘、帽子などで紫外線対策をしっかりと行っていきましょう。日焼け止めは肌に馴染むまでに30分程度かかるので、外出直前ではなく外出の30分前までには塗っておくと効果的です。塗ってすぐに外出してしまうと汗で流れてしまい、肌に残る日焼け止めの量が少なくなる可能性もあります。すると、日焼け止めがムラになってしまいます。これを避けるためには、塗るタイミングに気を配ると安心です。

30代になったらスキンケアは保湿重視に

30代は、これまでと肌質が変わったり肌トラブルが気になり出す年代です。特に、使うスキンケア製品は見直しをして、植物原料をもとにした素材や成分に注意を払ったオーガニック成分のスキンケア製品を試してみるのもおすすめです。効率的な保湿ケアのためにも、スキンケア製品の見定めは欠かせないのです。また、今まで通りにはいかない30代は、スキンケアだけに頼るのではなく食事や生活面を見直すことも重要となります。

40代になってもトラブルの少ない肌を維持するためには、今のうちに自分に合った正しいスキンケア方法やよりよい生活環境を整えておくことがポイントです。これからも付き合っていく自分の肌を大切にするために、ポイントを押さえたスキンケアを行っていきましょう。


おすすめコンテンツ

ボディクリームを身体に使うメリットは?適切な塗り方についても解説

湿度が低くなってくる時期は、顔だけでなく身体のほかの部位も乾燥しやすくなります。身体の乾燥が進むとかゆみや炎症、黒ずみといった肌のトラブルも出てくるようになるため、乾燥対策として身体の保湿ケアを行っている人も多いでしょう。保湿ケアのアイテムにもいろいろな種類がありますが、そのひとつであるボディクリームは、全身だけでなく肘やかかとといった乾燥しやすい部位の保湿にも使える便利なアイテムです。ここでは、ボディクリームを使用するメリットと適切な使い方について解説していきます。

続きを読む

ハンドクリームの効果や使い方は?指先までうるおいを届けよう

手や指は自分だけでなく人の目にも触れやすく、年齢もあらわれやすい部位だといわれています。また、手はシャンプーや洗顔、家事や仕事などで酷使されているだけでなく、外に出れば紫外線や乾燥にもさらされて想像以上のダメージを受けています。指先や手がカサついていたり、ささくれがあったりしては、周囲に好印象を与えることができないでしょう。だからこそ、手先のお手入れが必要なのです。手のケアで使用するアイテムといえばハンドクリームです。ここでは、ハンドクリームの効果的な使い方と適切な塗り方について解説していきます。

続きを読む

20代前半のスキンケアは保湿が大切!みずみずしい素肌を目指そう

年齢に応じて肌の水分量や油分量、新陳代謝にも違いが出てきます。20代前半の肌はうるおいやハリ、弾力もあり、少しくらい不摂生をしても肌トラブルがほとんど起こらない人も多いでしょう。しかし、20代前半は肌のターンオーバーは盛んなものの、ニキビや毛穴の悩みが起こりやすい年代です。そこで、適切なスキンケアの方法について理解し、素肌をより美しくすこやかに保つために、適切なスキンケアの方法を身につけておきましょう。今からお手入れをしておくと、30代や40代の肌にもよい影響を及ぼします。ここでは、20代前半に適したスキンケアの方法について解説していきます。

続きを読む