あなたの乾燥肌は何タイプ?原因を知って適切な対策を

季節の変わり目や秋から冬にかけての肌は、空気の乾燥や気温の変化による肌ストレスによって乾燥しがちです。肌の乾燥は、肌のバリア機能の低下や皮脂の分泌量の増加を引き起こすため、さまざまな肌トラブルの原因となります。見た目の美しさを損なうだけでなく、ぶり返すかゆみや炎症といった深刻な症状に悩まされることも少なくありません。そこでここでは、乾燥肌の原因や症状改善のポイントを紹介します。

肌トラブルの原因にも!乾燥肌の症状とは

乾燥肌とは、皮脂の分泌量の低下や角質細胞間脂質や天然保湿因子が減少することによって角質の水分含有量が低下している状態の肌です。皮膚の水分は、発汗や自然蒸発で減少し、体の内側や大気中の水分を取り込むことで供給しています。また、角質の水分は皮脂膜、天然保湿因子、角質細胞間脂質によって保たれています。しかし、乾燥肌になると肌の表面に潤いがなくなり、柔軟性も失われてもろくなってしまいます。角質層の水分量は年齢や性別、体質によっても異なりますが、気候や環境、ライフスタイルなども影響を与えます。乾燥肌を改善させるためにはこうした要因を1つ1つチェックして悪い原因を取り除いていくことが大切です。

乾燥肌には複数のタイプがある

乾燥肌には複数のタイプがあり、それぞれ症状が異なります。空気の乾燥する冬場だけ乾燥肌になるという人は、角質の保湿不足が原因で起こる乾燥肌の可能性があります。角質が健康な場合、肌のバリア機能が正常に働き普段は乾燥を感じることはありません。特に春、夏の季節は皮脂の分泌量も増えるので天然の保湿クリーム代わりとなりうるおいを保ってくれます。しかし、冬になると空気が乾燥し、気温も低くなるため皮脂の分泌量が下がります。すると、角質層にすき間ができてそこから水分が蒸発し、乾燥を感じるようになります。夏と冬で同じスキンケアをおこなっていることで冬場は保湿不足となるケースが多いため、冬場は油分を多めにとるケアが必要になります。


肌は乾燥してつっぱりを感じるのにてかるという人は油性乾燥肌の可能性があります。インナードライとも言われ、肌の内部が乾燥しているために皮脂の過剰分泌が起こります。皮脂を取り除こうと1日に何度も洗顔をしたり洗浄力の強い洗顔料を使ったりすると、肌は乾燥を改善しようとますます皮脂を分泌し、悪化してしまうので注意が必要です。インナードライはストレスや生活習慣の乱れ、洗いすぎや保湿不足が原因で起こるため、日ごろの生活習慣やスキンケアの見直しが必要です。


肌の乾燥に加えてピリピリする痛みやかゆみ、湿疹を伴うようなら乾燥性敏感肌を疑ってみましょう。乾燥性敏感肌は乾燥肌が進行し、ちょっとした刺激にも敏感に反応するようになった状態です。外気の乾燥や加齢、体の洗いすぎなどが主な要因と言われますが、肌の柔軟性や弾力が失われ、深刻な皮膚トラブルを伴うこともあります。掻いたりこすったりすることで炎症が悪化することもあるので掻かないように注意するとともに、トラブルの際は病院で相談してください。


乾燥肌になってしまう原因とは

乾燥肌の原因となる細胞間脂質や天然保湿因子、皮脂膜の働きを低下させる原因は、間違ったスキンケア、紫外線によるダメージ、睡眠不足、ストレス、偏った食生活、悪い生活習慣などです。当てはまるところがないかチェックしてみましょう。

スキンケアの中でも特に注意したいのが肌のこすり過ぎです。スクラブの入った洗顔料やはがすタイプの毛穴パック、ゴシゴシ洗いなどは肌を傷める原因となります。また、ピーリングのし過ぎも角質層を傷つける原因となるので、乾燥肌や敏感肌の人は避けるようにしましょう。スキンケアを行うときは肌に負担をかけない成分を選び、過度なマッサージやお手入れを避けましょう。


また、乾燥肌の原因として肌に大きなダメージを与える恐れがあるのが紫外線です。紫外線のダメージを避けるためには正しいUVケアが大切です。日焼け止めはメーカーの推奨する量をきちんと使って、数時間おきに塗り直すようにしましょう。日焼け止めと併せてUVカット効果のある帽子やサングラス、マスクなどを使うと効果的です。万が一、日焼けしてしまった場合はすぐによく冷やし、炎症を長引かせないように注意しましょう。


乾燥肌の原因となるのは、間違ったスキンケアや紫外線によるダメージなどの外部からの刺激だけではありません。日ごろの生活習慣の中にも乾燥肌の原因は隠れています。特に深刻なのが、睡眠不足やストレスなどによるホルモンバランスの乱れです。睡眠不足やストレスなどが重なると体のホルモンバランスが乱れ、肌のターンオーバーも乱れてしまいます。ターンオーバーが乱れると細胞間脂質が生成されにくくなり、減少して乾燥肌になるのです。肌のターンオーバーは睡眠中に分泌される成長ホルモンによって活性化しますが、成長ホルモンが十分に分泌されるためには十分な睡眠時間と代謝に関わるビタミンやミネラル、タンパク質をしっかり摂取しておくことが大切です。外部からの刺激だけでなく体の中からのダメージにも注意しましょう。


乾燥肌改善には適切なスキンケアが重要

乾燥肌改善のために、まずは日ごろのスキンケアを見直してみましょう。乾燥肌には保湿が欠かせませんが、乾燥肌の場合水分を保持する能力が低下しているため、通常のスキンケア方法ではうまく保湿できてない場合もあります。効果的に保湿するためには、失った皮脂膜を補うために、オイルをプラスしたスキンケア方法を試してみてはいかがでしょうか?

まずはうるおいを落としすぎない正しいクレンジングと洗顔を行います。ふきとりタイプのクレンジングやオイルタイプのクレンジングは避け、洗顔はしっかり泡立ててから使うようにしましょう。肌への負担を避けるため、指が肌に触れた状態で何度もクルクル撫でまわさないようにしましょう。洗顔とクレンジングは短時間で素早く行うことが大切です。落としにくいアイメイクやリップはあらかじめ専用のクレンジングで落としておきましょう。

そして洗顔後にブースターオイルを使います。ブースターオイルが、固くなった皮膚を柔らかく整え、つぎに使う化粧水や美容液の浸透を助けるとともにうるおいを保つ力を強化してくれます。最後はしっかりとクリームでふたをしましょう。


生活習慣にも気をつけて

スキンケアを見直したら生活習慣の見直しも行います。せっかくスキンケアを改善しても、間違った生活習慣を送っているとうるおい不足や肌のターンオーバーの乱れにより肌が乾燥しやすくなります。こまめな水分補給を心がけて、十分な睡眠をとるようにしましょう。肌に必要な栄養素をしっかりととるためにも、無理なダイエットは禁物です。良質な睡眠のためには、就寝前に血糖値をしっかり下げ、寝る1時間前には脳を興奮させないことが大切です。寝る前の食事やスマホの使用は避けましょう。

おすすめコンテンツ

ホホバオイルを日常のヘアケアに取り入れてツルサラ髪を手に入れよう

ホホバオイルといえば主にスキンケアで使用する植物性オイルの一種ですが、ヘアケアにも使えることをご存じでしょうか?ホホバオイルには、頭皮の毛穴に詰まった皮脂汚れを落としやすくするクレンジングの働きや頭皮のフケやかゆみといったトラブル改善も期待できるのです。さらには、髪にツヤを与える効果など、すこやかな頭皮と髪を作るのに優秀なアイテムです。ホホバオイルの種類や効果、使い方について詳しく紹介していきますので日常のヘアケアに取り入れてみましょう。

続きを読む

40代は肌に大きな変化が?たるみ対策は化粧水を浸透させることから始まる

40代になってから「肌が変化した」と感じたことはありませんか?毎日きちんとスキンケアしているのにたるみやハリ、潤い不足といった肌の悩みが目立つようになってくる年齢だからです。40代ころから現れ始める肌の変化には女性ホルモンの影響や保湿因子の減少、皮膚の老化などが大きく関係しているのです。年齢とともに肌の悩みが増える理由、40代頃から目立ち始めるたるみやハリ不足の原因について解説していきます。また、40代に適したスキンケアの対策についても紹介していきます。

続きを読む

20代の今から!自分に合った化粧水選びとスキンケアのポイントを知っておこう

10代の頃は肌のべたつきが気になっていたけれど、20代になってからは乾燥が気になるようになってきた。こんなふうに、少しずつ肌の変化を感じている人もいるのではないでしょうか。同じ人でも、肌質はいつも一定というわけではありません。年齢によって変化していくのはもちろん、使っているスキンケアや過ごしている環境によっても変化していきます。肌をいつもいい状態に保つために、20代のうちからスキンケアのポイントをきちんと理解しておくことが大切です。そこで今回は、肌の状態や自分に合ったスキンケア製品 の選び方などを紹介します。

続きを読む