肌のテカリが気になる!オイリー肌の原因と対策を知ろう

肌のタイプは人それぞれですが、肌のテカリやニキビなどの肌トラブルに悩んでいる人が多いのがオイリー肌の人です。夕方になるとテカってきて恥ずかしい、メイクが崩れやすいと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。しかし、オイリー肌の対策として行っていることが、まったく逆効果になっていることもあります。ここではオイリー肌の原因や対策法のポイントを紹介します。

そもそもオイリー肌とは

オイリー肌とは、皮脂の分泌量が多い肌タイプのことです。肌のテカリやニキビといった肌トラブルにつながりやすく、特にTゾーンのテカリや化粧崩れに悩む人も多くいます。オイリー肌には2種類あり、油分と水分がともに多いオイリー肌と、油分は多いけれど水分が少ないインナードライ肌です。日中肌のテカリが気になる、頬の毛穴が大きくて目立つ、頬や額にニキビができやすい、洗顔後何もしなくてもべたつく、肌のキメが粗いなどの症状が目立ちます。過剰な皮脂が老化角質や汚れなどと混じって白い角栓ができることもあるのでチェックしてみましょう。

皮脂の分泌を促しているのは、男性ホルモンの一種であるテストステロンやステロイドの一種であるアンドロゲンと言われ、これらのホルモンがストレスや生活習慣、遺伝的要因によって過剰に分泌すると、皮脂の分泌も盛んになるため脂性肌になると考えられています。テストステロンやアンドロゲンの分泌がピークになるのが思春期と30代後半~40代にかけてといわれています。そのため、思春期にオイリー肌で悩んだ人は40歳くらいまでオイリー肌に悩むケースがあるようです。そのほかにも、遺伝的に皮脂腺が発達している人や加齢によって毛穴が開いた状態の人もオイリー肌になりやすい傾向があります。


オイリー肌になる原因は?

オイリー肌になる原因は、もともとの体質によるものが多いですが、栄養バランスの悪い食事や不規則な生活習慣によるホルモンバランスの乱れ、間違ったスキンケアが原因となって引き起こされることもあります。偏った食事を避け、野菜などを中心にした食事を心がけましょう。

不規則な生活習慣によるホルモンバランスの乱れには、睡眠不足やストレス、アルコールの摂取、たばこなどが考えられます。ストレスや睡眠不足などが続くと、男性ホルモンが活性化され、皮脂の過剰分泌が起こります。もともと男性ホルモンはストレスに打ち勝ち、筋肉を増強させるために闘争本能を高める作用として分泌するもののため、体に疲れを感じるほど過剰分泌する仕組みです。男性ホルモンの分泌を抑える亜鉛やイソフラボンを積極的に摂取し、アルコールを控える、運動をする、十分な睡眠をとるなど生活習慣を整えることで男性ホルモンの過剰分泌を抑えましょう。

オイリー肌の人は皮脂の分泌が多いため、さっぱりしたスキンケアアイテムを選びがちです。また、化粧水をつけたあと乳液やクリームを使用しない人もいるのではないでしょうか。しかし、皮脂の分泌量が多くても水分量が少ない場合、皮膚の表面は皮脂でテカっているのに内部は乾燥が進んでいるインナードライが進んでいる場合があります。その場合内部の水分量が足りないために肌は乾燥を防ぐためにますます皮脂の分泌量を増やしてしまいます。オイリー肌を改善させるためには、肌質にあったスキンケア法で手入れすることも大切です。


症状を悪化させるケアとは

オイリー肌を悪化させる原因として、普段のケアに問題がある場合があります。行っているケアをチェックしてみましょう。スキンケアの中で悪化の要因となるのは顔の洗いすぎです。オイリー肌だからとにかく皮脂を取り除かなくてはと1日に何度も洗顔料を使って洗顔している人はいませんか。オイリー肌だからと洗いすぎると、肌に必要な角質が剥がれて表皮が角化しやすくなり、肌のバリア機能が低下してしまいます。すると、肌は皮脂分泌を促すことで肌を守ろうとするため、ますます皮脂が過剰分泌してしまうのです。

さっぱり洗い流せる強すぎるクレンジングや油分が多いクレンジング、拭き取りタイプのクレンジングなども皮脂を取りすぎてしまう場合ので注意が必要です。洗浄力の強い洗顔料、スクラブ入りの洗顔料なども肌に負担をかけてしまいます。ごしごし洗いは避け、指の腹で優しく洗うように心がけましょう。油取り紙で皮脂を取り除くことや、アルコール配合化粧品の使い過ぎも肌に必要な皮脂まで取り去ることで過剰分泌の要因となります。

次に注意したいのが保湿ケアを行わないという方法です。皮脂の分泌で潤っていると勘違いしてスキンケアを全く行わないことや、化粧水の後にクリームや乳液をつけないのはおすすめできません。オイリー肌の人はさっぱりタイプのスキンケアを選びがちですが、肌の内部が乾燥している場合過剰な皮脂分泌につながります。化粧水はしっかり保湿できるものを選び、その後乳液も使って保湿するように心がけましょう。


オイリー肌向けのスキンケアとは

オイリー肌向けのスキンケア方法は、保湿を重視したスキンケアです。皮脂を落としすぎないクレンジングと洗顔料を選びましょう。洗顔後にブースターオイルとして使用すると肌を柔らかく整え、次に使う化粧水美容液の浸透を助けてくれるとともに、保湿を強化してくれるので取り入れてみてもよいかもしれません。そして、化粧水美容液クリームといった順番でしっかり保湿しましょう。肌の乾燥は皮脂の過剰分泌を招くため、オイリー肌の人もオイルクリームを使ったほうが、しっかり保湿できます。美容オイルには、化粧水のなじみを良くする働きも期待できるので、肌の水分や油分バランスの崩れたオイリー肌の人にこそ美容オイルの活用をおすすめします。

食事や生活習慣も見直そう

オイリー肌の改善には、食生活や生活習慣を整えることも大切です。脂質の取りすぎに注意して、十分な睡眠を心がけましょう。ストレスや疲労を回復し、新陳代謝を促す成長ホルモンは深い眠りであるノンレム睡眠時に分泌されます。睡眠不足が続くと交感神経が乱れ、男性ホルモンの分泌が増えることで皮脂の分泌量が増えるので、眠りの質にも気をつけるようにしましょう。寝る前の飲酒は交感神経を刺激して眠りの質を下げる原因となります。また、利尿作用があり、夜中にトイレに起きる原因ともなるため寝酒は避けるようにしましょう。

関連コンテンツ

白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

毎年、にごりのない純白の花を咲かせる白ゆり。その白い花が持つ力を宿したブライトケアシリーズ ネクターブラン。


詳しくはこちら
毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。

詳しくはこちら
白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白ゆりオイルをはじめ、80%以上植物由来オイル成分を配合したクレンジング。メイクオフの瞬間からブライトケアをスタート。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る