全身カサカサ!?肌が乾燥してしまう原因とは

秋から冬にかけて空気が乾燥してくると、顔はもちろんのこと、足や腕など全身の乾燥に悩まされることも少なくありません。乾燥肌が悪化すると、白く粉を吹いたようになったり、かゆみを伴ったりと厄介な症状になることもあります。毎年同じような乾燥肌の症状に悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は乾燥の予防や改善に役立つ対策のポイントを紹介します。

肌が乾燥してしまう原因とは?

肌は皮下組織、真皮、表皮で構成されており、表皮の最も外側にあるのが角質層です。角質層は角質細胞内にある天然保湿因子(NMF)によって水分を保つ役割があり、皮脂と汗で作られた皮脂膜とともに、紫外線や外部の刺激から肌を守る肌バリアの役割を担っています。しかし、なんらかの原因で皮脂膜が弱まり角質細胞が乱れると、角質層だけでなくその下にある真皮の水分も蒸発してしまい、ぶり返すかゆみや深いシワ、しみの原因となってしまいます。肌を乾燥から守るためには、角質層の機能を助け、正常に機能させることが大切です。


角質層が乾燥する原因のひとつが気温や湿度です。湿度の低い冬はもちろん、気温の差が激しい季節の変わり目も、肌ストレスによって乾燥しやすくなります。エアコンの風なども直接当たることで肌を乾燥させてしまうので注意しましょう。年齢を重ねるごとに肌の保水力が低下し、水分量も減少するため、年齢に応じた保湿ケアを心掛けることも大切です。


また紫外線のダメージは特に肌を乾燥させてしまうため、紫外線対策は毎日行うようにしましょう。日焼け止めは適量を塗ることで効果を発揮します。万が一、日焼けしてしまった場合はすぐに冷やすなどして日焼け後のケアをしっかり行うことが大切です。

さらに、睡眠不足や偏った食生活、ストレスやアルコール、たばこなども乾燥肌の原因となります。間違った生活習慣で肌のターンオーバーが乱れると、角質層がうまく機能しなくなり、剥がれ落ちずに分厚くなったり、未熟なまま剥がれ落ちて十分な水分を保てなくなったりするからです。


その他、肌に合わない化粧品を使ったり、顔をごしごし洗ったりする間違った美容習慣も角質層を傷め、乾燥する原因となります。


間違った入浴方法も乾燥の原因に

入浴は肌を清潔に保つほかにも、血行促進効果やリラックス効果など、体にとっていろいろな良い効果が期待できますが、間違った入浴方法は乾燥を招きます。まず、湯船につかった肌は角質層が水分を含んで飽和状態になっており、角質細胞の間隔が広がることで肌の水分を保つのに必要な天然保湿因子やセラミドなどが流出しやすい状態になります。このような状態のときにナイロン製のスポンジなどでゴシゴシとこすり洗いをしてしまうと、肌のバリア機能が破壊されてしまいます。バリア機能が壊れてしまうと、入浴後はさらに放熱のため皮膚の水分や脂質の蒸発も進んでしまうため、注意が必要です。


熱すぎるお湯や長時間の入浴は、肌に必要な皮脂まで溶けるため避けるようにしましょう。お湯につかる時間は15分程度、温度は38~40度のぬるめがおすすめです。また、顔や体の洗い方にも注目してみましょう。毎日石鹸で全身を洗っていないでしょうか。実は体には皮脂腺が多く皮脂の分泌が盛んな場所と、皮脂の分泌量が少ない場所があります。皮脂腺が多い場所は酸化した皮脂汚れが付きやすいため毎日洗わなければいけませんが、皮脂の分泌量が少ない場所を毎日石鹸で洗うと乾燥の原因になります。毎日洗うのは頭、脇、股間、胸の上側、背中の上側、足の裏で、それ以外はお湯で流すだけでも十分といわれてます。体を洗うときはよく泡立てて手のひらでなでるように洗います。体を洗った後はバリア機能が低下するため、洗うのは入浴の最後にしましょう。体を洗った後に再びお湯につかると乾燥の原因になります。


保湿ケアや乾燥対策もしっかりと

乾燥肌を改善させるためには、毎日のスキンケアや乾燥対策が大切です。顔は化粧水を付けた後、乳液やクリームでしっかりと保湿しましょう。夜はクレンジングと洗顔の後にブースターオイルを使ってから化粧水、美容液、クリームの順番で保湿すると保湿効果が高まりおすすめです。オイルは通常美容液の代わりに肌に栄養を与えたり、スキンケアの仕上げとして使われたりすることが多いですが、化粧水の前に導入として使えるものもあります。オイルは肌を柔らかく保ち、化粧水や美容液の浸透を助けることができます。


乾燥してゴワゴワした肌は水分を吸収しにくい状態になっているので、あらかじめ油分を加えてあげることによって水分も入りやすくなるのです。特に入浴後は皮脂膜が失われがちなので、ブースターオイルを使えばすばやく油分を補い、さらなる水分の蒸発を防ぐことができます。ブースターオイルにはべとつかず肌なじみの良いアルガンオイルやシェイクオイルなどがおすすめです。また乾燥しやすい二の腕や足などもボディクリームやオイルなどでしっかり保湿しておきましょう。


このほかにも、室内ではなるべく加湿器を使って湿度を40~50%程度に保つ、外に出るときはしっかりと紫外線対策をして日焼けを避け、肌に負担を与えないようにすることなどが大切です。


普段の食事内容も見直して

肌の乾燥は外部からの刺激による原因だけではありません。実はダイエットなどの偏った食生活も、乾燥肌の原因となることがあります。健やかな肌を作るためには、体の土台を作る毎日の食事からしっかりと栄養をとることが大切です。肌に良い栄養素は、ターンオーバーを促進させて強い肌を作るたんぱく質、ターンオーバーを促すために必要な亜鉛、ミネラル、ビタミン類などです。偏った摂取を避け、バランスよく食べるようにしましょう。甘いお菓子の食べ過ぎや炭水化物の摂り過ぎは肌の糖化を招きます。間食はなるべく避けて、食事をしっかり取ることが大切です。

うるおいを逃さない毎日を

繰り返すしつこい肌乾燥には、何気なくおこなっている悪い習慣が原因となっていることもあります。乾燥肌が治らずに悩んでいる人は一度生活習慣を見直してみましょう。良かれと思ってしていたことが肌に負担をかけているのかもしれません。特に毎日の入浴や肌の手入れは肌に負担をかけないことを意識しておこなうようにしましょう。乾燥肌対策には保湿が欠かせませんが、水分だけでなく油分も同時に補うことが大切です。肌の乾燥を招く悪い習慣を取り除き、大切な肌のうるおいを守りましょう。

関連コンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

約30年、アルガンを研究し続けたメルヴィータ。アルガンの力を凝縮にしたパワフルなフェイスクリームでメリハリある理想的な「立体素肌」へ。

詳しくはこちら
締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

数十億個の美容成分を配合した『アルガンピュア コンセントレイト セラム』。スキンケアの最後に1滴。すーと肌に浸透し、驚くほどのハリ感をもたらす、オイル美容液です。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

オイリー肌が気になる!普段のケア方法や化粧水の選び方は?

皮脂の分泌量が多いオイリー肌はべたつきやテカリ、化粧くずれなどのトラブルが起こりやすい肌質です。生まれ持った肌質というだけでなく、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れもオイリー肌を作る原因です。 スキンケアでは皮脂を取りすぎることに重点を置いていると、皮膚の乾燥をすすめます。すると、肌をうるおわせるために皮脂の分泌が活発になるのです。 たとえば、べたつきが気になるからといって化粧水を使わない、一日に何度も洗顔をしているといったケアを続けている人は注意する必要があるでしょう。
ここでは、オイリー肌の特徴や原因、適切なスキンケアのポイントについて解説していきます。

続きを読む

顔にも身体にも使える!ホホバオイル活用のすすめ

さまざまな美容オイルが販売されており、スキンケアなどに活用されています。オイルを使ったケアは注目度も高く、今後チャンレジしてみたいと考えている人も多いでしょう。しかし、オイルの種類がたくさんありすぎるため、どの種類を選ぶかで迷ってしまうのです。
オイルケア初心者に適しているのが、酸化に強く、しかも肌質を選ばないホホバオイルです。ここではホホバオイルの特徴や期待できる効果、ホホバオイルを使ったケアのやり方について紹介していきます。

続きを読む

コンディショナーとは?ほかのヘアケアアイテムとの違いと効果的な使い方

髪をケアするためのアイテムは、シャンプーのほかにもコンディショナーやリンス、トリートメントがあります。どれもシャンプーのあとに使うという認識こそあるものの、それぞれにどんな違いがあるのかはいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を紹介します。美しい髪を維持するために、より髪のためになるアイテムを使いましょう。

続きを読む