顔の乾燥の原因は間違ったケアってホント?

肌のかさつきやごわつきの原因となる嫌な乾燥。乾燥肌を改善しようとスキンケアをあれこれ試してみても、思ったような改善ができないと悩んでいる人は多いのではないでしょうか。実は間違ったスキンケア方法が乾燥肌の原因になっているのかもしれません。そこで今回は乾燥肌の予防や改善に役立つスキンケアを紹介します。

間違ったケアは乾燥の原因に

乾燥肌は皮膚の脂分が減少して皮膚の水分が失われ、乾燥を引き起こしている状態です。正常な肌は20~30%の水分を保持していますが、水分量が減り、角質層の水分が20%を下回った場合、肌は乾燥を感じます。また、そのような状態が続いて常に乾燥を感じる場合と、温度の変化や季節の変化によって乾燥を感じる肌の状態を乾燥肌と呼んでいます。

乾燥肌の人は、空気が乾燥する秋や冬に悪化し、皮脂の分泌量が増える夏に改善することが多いですが、症状のひどい場合は一年中乾燥や刺激を感じる敏感肌になっている人もいます。乾燥肌になると洗顔後に顔がつっぱる、唇が乾燥してひび割れたりめくれたりする、肌が白い粉をふくなどさまざまな症状がでるようになります。肌のハリが失われて化粧ノリが悪くなるだけでなく、しわが目立ちかゆみや赤みがでることも。


一方、正常な肌は、皮脂と天然保湿因子、角質細胞間脂質によってうるおいが保たれています。うるおい保持成分である天然保湿因子と角質細胞間脂質が水分を抱え込み、皮膚の表面を天然の保湿クリームともいえる皮脂がコーティングして水分の蒸発を防いでいるからです。これらを肌のバリア機能と呼んでいます。バリア機能には肌の水分を保持する機能のほかにも、外部の刺激から肌を守り、細菌やウイルスなどの感染症から防ぐ役割も担っています。

しかし、肌のバリア機能を支える因子は年齢とともに徐々に減少と言われています。ターンオーバーが乱れ、乾燥肌の原因になります。ほかにも、外気の乾燥、エアコンや暖房器具の使用による空気の乾燥、長時間の入浴なども乾燥肌を悪化させる要因です。このように、乾燥肌の原因は複数ありますが、やりすぎるスキンケアや間違ったケアを続けることで、乾燥が加速してしまうこともあるので注意が必要です。


クレンジング・洗顔を見直そう

間違ったクレンジングや洗顔は、乾燥肌を悪化させる大きな要因です。皮脂を落としすぎたり、肌の角質層を傷つけたりしてしまいます。肌の乾燥対策をするならクレンジングと洗顔の見直しは欠かせません。洗顔方法のポイントをチェックしてみましょう。

最初にチェックしておきたいのが、クレンジングや洗顔時のお湯の温度です。クレンジングや洗顔を行うときは、熱すぎず冷たすぎないぬるま湯で洗うようにしましょう。冷たい水で洗うとメイク汚れが落ちずに残ってしまうことがあり、熱めのお湯だと肌に必要な皮脂まで落としてしまうからです。

洗顔料はしっかりと泡立てて使うことが大切です。泡立てネットを使う場合は、適度に水を足しながら手のひらにこんもり乗るぐらい泡立てましょう。水分や泡立ちが十分でない場合、肌への摩擦を起こしやすくなってしまいます。洗うときは泡で包むようにして手でこすらないことが大切です。ごしごし洗いはやめましょう。特に目元や口元などの皮膚が薄いところは優しく洗うことが大切です。落ちにくいアイメイクやリップメイクは先に専用のリムーバーで落としておくと肌への負担を減らせます。

クレンジングや洗顔には時間をかけずに、なるべく短時間で終わらせることも大切です。水に長時間触れていると角質細胞が水分を含んで膨張し、キメが乱れる原因となります。クレンジングと洗顔を使うダブル洗顔は夜だけにとどめ、朝はぬるま湯で洗い流すだけにするなど洗顔回数もなるべく控えめにしましょう。もちろん洗顔後にタオルでごしごし拭くのも間違いです。洗顔後の肌は非常にデリケートになっているため、ぽんぽんと肌に優しく当てて、水分を吸収させるようにしましょう。毛羽立った古いタオルも肌に負担を与えるためおすすめできません。洗顔を終えた後は失った水分と油分をおぎなうためにしっかりした保湿ケアが大切です。次の段落では洗顔後の具体的な流れをみてみましょう。


洗顔後の保湿はマスト!

クレンジングと洗顔で肌の汚れを落としたら、すぐに保湿ケアを行いましょう。洗顔後の肌は非常に乾燥しやすい状態になっているため、すぐに保湿ケアを行わないと乾燥が進んでしまいます。ただし、失った水分を補おうと化粧水を何度も何度もつけ直すのは間違った使い方です。肌の保水能力には限度があり、水分や保湿成分は必要以上に浸透することはありません。むしろ肌の表面についた化粧水に含まれる水分が蒸発するときに、肌の水分も一緒に奪ってしまい乾燥につながる可能性もあります。

しかし、化粧水を何度つけても肌がうるおった感じがしないと思っている人も多いのではないでしょうか。実は、乾燥肌の人は肌の表面が固くなっているため、化粧水が浸透しにくくなっている状態です。化粧水をしっかり浸透させるためには、まず肌を柔らかく整えることが大切です。

そんな場合にはブースターオイルを試してみましょう。化粧水の前にブースターオイルを使うことで肌が柔らかくなり、化粧水や美容液の浸透が良くなります。ブースターオイルに向いているのは、アルガンオイルやシェイクオイルなどです。アルガンオイルは皮脂の成分とよく似ていることから肌への浸透力が良く、オイルが初めての方でも使いやすいのがポイントです。また、オレイン酸やリノール酸、ステロールなどの豊富な美容成分を含んでおり、キメの整った美肌に導きます。シェイクオイルはオイルと水分をシェイクしてから使う製品で、オイルだけの製品よりもさっぱりとした使い心地が好みの人に人気のアイテムです。クレンジングと洗顔の後はこれらのブースターオイルで肌を柔らかく整えてから、化粧水、美容液、クリームの順でケアをしてみましょう。


毎日のケアでうるおいを取り戻そう

乾燥肌を予防したり改善したりすることは、乾燥肌の不快な症状を防ぐだけでなく、美肌作りやアンチエイジングの観点からも大切です。肌の乾燥を感じたら放っておかずにすぐにケアを始めましょう。乾燥肌の原因はさまざまですが、間違ったケアを続けることで症状の悪化を招きます。乾燥肌を改善させるためには適切なスキンケア方法を身につけ、毎日続けることが大切です。

関連コンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

約30年、アルガンを研究し続けたメルヴィータ。アルガンの力を凝縮にしたパワフルなフェイスクリームでメリハリある理想的な「立体素肌」へ。

詳しくはこちら
締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

数十億個の美容成分を配合した『アルガンピュア コンセントレイト セラム』。スキンケアの最後に1滴。すーと肌に浸透し、驚くほどのハリ感をもたらす、オイル美容液です。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

オイリー肌が気になる!普段のケア方法や化粧水の選び方は?

皮脂の分泌量が多いオイリー肌はべたつきやテカリ、化粧くずれなどのトラブルが起こりやすい肌質です。生まれ持った肌質というだけでなく、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れもオイリー肌を作る原因です。 スキンケアでは皮脂を取りすぎることに重点を置いていると、皮膚の乾燥をすすめます。すると、肌をうるおわせるために皮脂の分泌が活発になるのです。 たとえば、べたつきが気になるからといって化粧水を使わない、一日に何度も洗顔をしているといったケアを続けている人は注意する必要があるでしょう。
ここでは、オイリー肌の特徴や原因、適切なスキンケアのポイントについて解説していきます。

続きを読む

顔にも身体にも使える!ホホバオイル活用のすすめ

さまざまな美容オイルが販売されており、スキンケアなどに活用されています。オイルを使ったケアは注目度も高く、今後チャンレジしてみたいと考えている人も多いでしょう。しかし、オイルの種類がたくさんありすぎるため、どの種類を選ぶかで迷ってしまうのです。
オイルケア初心者に適しているのが、酸化に強く、しかも肌質を選ばないホホバオイルです。ここではホホバオイルの特徴や期待できる効果、ホホバオイルを使ったケアのやり方について紹介していきます。

続きを読む

コンディショナーとは?ほかのヘアケアアイテムとの違いと効果的な使い方

髪をケアするためのアイテムは、シャンプーのほかにもコンディショナーやリンス、トリートメントがあります。どれもシャンプーのあとに使うという認識こそあるものの、それぞれにどんな違いがあるのかはいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を紹介します。美しい髪を維持するために、より髪のためになるアイテムを使いましょう。

続きを読む