しっかりメイクもすっきり落ちる!クレンジングオイルの使い方

肌に負担をかけるメイク汚れをしっかりオフするクレンジングは、スキンケアの基本です。1日のメイク汚れはその日のうちにすべて落としておきたいものです。しかし、メイクに対して洗浄力が弱すぎるクレンジング製品や、洗浄力に問題が無くても間違った使い方をしている場合、メイク汚れが残ってしまうことがあります。クレンジング製品の中でも効率よくメイク落としができるクレンジングオイルを取り上げ、オイルでメイクが落ちる仕組みや使い方を紹介します。

クレンジングも種類がさまざま!

クレンジング製品にはいくつかの種類があります。自分に合ったクレンジングを行うためにも、それぞれのクレンジング製品の特徴を知っておくことが大切です。クレンジング製品には大きく分けてミルクタイプ、クリームタイプ、リキッドジェルタイプ、オイルタイプがあります。そして、クレンジング力の強さは、ミルク、クリーム、リキッドジェル、オイルの順に強くなります。まずはそれぞれの特徴をみていきましょう。


ミルクタイプは、洗い流すタイプとふき取るタイプの2種類があり、さらりとしているのにしっとりとした使い心地です。ただし、洗浄力が弱いため濃いメイクは落とし切れない場合もあります。クリームタイプは、ミルクタイプよりも濃く、濃厚なクリームでしっかりしたテクスチャーが特徴です。こちらも洗い流すタイプとふき取るタイプがあります。ミルクタイプよりはクレンジング力も高めです。マッサージをするようにメイクとよくなじませてから落とすのが特徴です。


リキッドタイプはテクスチャーがサラリとしており、さっぱりした洗い上がりです。オイルフリータイプのものも多く、お風呂場で使えるものもあります。オイルタイプは、油分をメインに配合しており、短時間でしっかりメイクを落とすことができます。アイメイクも落としやすく、濡れた手でも使うことができるものも多くあります。


このほかに、利便性を追求したタイプとして、ふき取りシートタイプのクレンジングもあります。ふき取りシートは場所を選ばずにどこでも使える手軽さがあり、持ち運びしやすいので旅行用としても便利です。しかし摩擦による肌への刺激が強いため、毎日使うと肌に負担を与える恐れがあります。


このように、クレンジング製品の種類によって、メイク落ちや使い心地は異なります。クレンジングは肌に負担をかけるためなるべく洗浄力が低いものがいいと思いがちですが、洗浄力が低すぎるとメイクを落とすのに時間がかかってしまったり、メイク汚れが残ってしまったりして逆に肌に負担を与えてしまうこともあります。クレンジング製品を選ぶときは、自分の普段のメイクが短時間でしっかり落とせる洗浄力を持つタイプを選ぶことが大切です。


クレンジングオイルの種類

クレンジングオイルは、油分をメインの配合にしており、水分をほとんど含んでいません。オイルで油性のメイク汚れを溶かして落とすことができるため、濃い目のメイクや毛穴の汚れまでよく落ちるのがポイントです。すべりがよく、短時間でメイク汚れを落とすことができるため、正しく使用すれば肌への摩擦刺激を減らすことができます。ただし、オイル成分の種類によっては、脱脂力が強すぎる場合があるので注意が必要です。


同じオイル系のクレンジングでも、主成分に使用しているオイルの種類によって洗浄力の特性が変わってきます。オイルには、油脂系とエステル系、炭化水素油系の3種類があります。油脂系は、オリーブオイルやマカデミアナッツオイル、アルガンオイルなどの油脂が主成分のオイルです。エステル系はあまり耳慣れないかもしれませんが、パルチミン酸エチルヘキシルやイソノナン酸イソトリデシルといった、脂肪酸と高級アルコールを合成させたオイルになります。炭化水素油系は鉱物油系ともいわれており、ミネラルオイル、スクワランなどの炭化水素油が主成分となっています。


これらのオイル系の中でも、炭化水素油を主成分としたクレンジングオイルは化粧落ちが良く安価なため多くの製品が出回っています。しかし、脱脂力が高いため肌への負担は高くなります。エステル系のものは炭化水素油系よりは低刺激とされますが、敏感肌や乾燥肌の人の場合には刺激を感じる人もいるようです。オイルクレンジングは肌に負担をかけるといわれているのは、ほとんどが炭化水素油系かエステル系のオイルを使用した脱脂力の強い製品です。


一方で植物油を主原料とした油脂系クレンジングは、オイル特有の高いメイク落とし力と、肌に必要な保湿成分や油分を残しつつ洗うことができるため、同じオイル系の中でも肌に負担の少ないオイルクレンジングとして人気を集めています。クレンジングオイルを選ぶ場合はどのような種類のオイルを使用している製品なのかもチェックしてから選ぶようにしましょう。


クレンジングオイルでメイクが落ちる仕組み

クレンジングオイルの主成分は油分です。油は油と交じり合う性質を持っており、クレンジングオイルの油性成分が油性のメイク汚れと混じり合うことで、メイク汚れを浮かせて落とすことができます。油性成分が多く配合されているほどメイクはスピーディーに落とすことができるため、クレンジング製品の中でも油性成分の配合量が多いクレンジングオイルはほかの製品と比べても高い洗浄力を持っているのです。


さらにクレンジングオイルには、油分のほかに界面活性剤や保湿成分も配合されています。界面活性剤は油性成分と水性成分を混ぜる性質を持っており、オイルの油性成分によって浮かした汚れを水と混ぜて洗い流せるようにする役目があります。また、クレンジングオイルの油性成分と水性成分を混ぜあわせることも配合する目的のひとつです。界面活性剤は、多く配合されているほど洗浄力が高くなり、よりすっきりと洗い流すことができます。オイルクレンジングがメイク汚れを落とす仕組みは、まず油性成分でメイクを浮かび上がらせ、次に界面活性剤で水となじませながら洗い流すという方法なのです。この2つの洗浄成分の働きで、短時間ですっきりとメイクを落とすことが可能となっています。


クレンジングオイルの使い方は?

クレンジングオイルを使うときは、こすらず短時間で使うことがポイントです。トラブルを防ぐためにも、パッケージや取扱説明書をよく読んで、正しい使い方をマスターしましょう。


まず、クレンジング前は手をしっかり洗います。手には多くの雑菌がついているため、汚い手で肌に触れると肌トラブルの原因となります。肌に触れるときは常に手を清潔にするように心がけましょう。次に、アイメイクやリップメイクなどを専用のリムーバーで落としておきます。落ちにくいポイントメイクを落とそうと何度も顔全体を洗うことは肌に大きな負担を与えてしまうためやめましょう。クレンジングオイルは手のひらに出して使います。濡れた手でも使える製品もありますが、水に濡れた状態だとその分使いにくくなってしまうため、なるべく乾いた手のひらか軽く水分を拭いた後に手に取るようにします。使用量はメーカーの推奨量を使うことが大切ですが、だいたい500円玉大が目安です。


まずは皮脂量の多いTゾーンからなじませていき、次に顔全体になじませます。肌に乗せたら少しだけ水分を加えて乳化させ、ぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。冷たい水を使うとクレンジングオイルが固まってしまう場合があります。



賢く使って美肌を目指そう

メイク汚れは肌に残ると肌荒れの原因になってしまいます。クレンジングオイルは洗浄力が強いからと敬遠する人も多いですが、正しく使えば肌に優しく、濃い目のメイクも短時間で素早く落とせる優れたクレンジング製品です。選び方と使い方をマスターして美肌を目指しましょう。

関連コンテンツ

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白ゆりオイルをはじめ、80%以上植物由来オイル成分を配合したクレンジング。メイクオフの瞬間からブライトケアをスタート。

詳しくはこちら

おすすめ記事

脂性肌は洗いすぎると悪化する!適切な洗顔で皮脂の過剰分泌を抑えよう

脂性肌の人は、皮脂の分泌量が多く肌のベタつきやテカリが気になるでしょう。そこで、洗浄力の強い洗顔料を使ったり、一日に何度も洗顔したりするなどして皮脂を抑えようとするのです。
ところが、皮脂を取りすぎるケアを続けてしまうと、逆に皮脂の過剰分泌を促してしまいます。適切な洗顔を学ぶことが、脂性肌を改善する第一歩です。
ここでは、脂性肌向けの適切な洗顔方法について詳しく解説していきます。

続きを見る

顔のかさつきが気になる!乾燥肌の適切な対策を知っておこう

乾燥肌は深刻な肌トラブルのサインです。乾燥の気になる季節に、化粧のノリが悪くなったりハリがなくなったりと、肌の調子に不安を感じている人は多いのではないでしょうか。若いころは季節ごとの肌の悩みとして片づけられがちですが、乾燥肌を放っておくと慢性化してしまいます。手遅れになる前に早めの対処をしておきましょう。
そこで今回は、乾燥肌になってしまう原因や適切なケア方法のポイントについて紹介します。

続きを見る

粉吹き肌の原因や対策は?日ごろのケアでカサカサ防止!

肌は水分量が多ければ健康的に見えますが、水分量が減って乾燥すればするほど肌トラブルが起きやすくなってしまいます。特に肌の乾燥がひどくなると、粉吹き肌になってしまうことがあるのです。粉吹き肌は見栄えがよくなく、何かと悩みの種となるトラブルです。ここでは、そんな粉吹き肌の原因や対策について説明していきます。

続きを見る