乾燥肌対策のポイントはオイル!普段の生活に取り入れて

空気が乾燥する季節は、皮脂の分泌量も少なくなるため肌も乾燥しがちです。いつもと同じスキンケアをしているのになんだか乾燥すると悩んでいる人も多いのではないでしょうか。暖かい季節と同じスキンケアでは保湿が足りていない場合もあります。気になる乾燥肌対策にはオイルの活用が効果的です。そこでオイルを使った乾燥肌対策のポイントについて紹介します。

そもそも乾燥肌とはどんな肌?

乾燥肌とは、肌の水分量や皮脂が不足して、うるおいがなくなっている状態の肌です。主に入浴後や洗顔後に肌のつっぱりを感じたり、全身のカサつきを感じたりします。特に乾燥を感じやすいのは頬や目の周り、口の周りなどですが、もともと皮脂の分泌量が少ない足や腕、足の裏などの部位も乾燥しやすい場所です。

私たちの肌は表皮で覆われていますが、水分を保つ働きをしているのが表皮の一番外側にある角質層です。角質層は皮脂と汗で作られる皮脂膜と共に肌バリアを形成し、肌の水分を保つと同時にアレルゲンなどの侵入や外部刺激から肌を守っています。角質層は角質細胞と細胞間脂質から成り立っており、角質細胞はアミノ酸などの天然保湿因子で満たされています。

一方、細胞間脂質はコレステロールやセラミド、脂肪酸などで満たされています。肌バリアが正常な場合、これらの角質層が外部の刺激や乾燥から肌を守り、肌内部の水分や脂質が逃げるのを防いでうるおいを保っているのです。しかし、なんらかの原因で皮脂膜が失われたり、角質が傷ついたりした場合、天然保湿因子や細胞間脂質が減少してバリア機能が低下し、水分や脂質が失われて乾燥肌の状態になってしまいます。乾燥肌を改善させるためには肌のバリア機能を守り回復させることが大切です。


肌バリアを低下させる原因は、空気の乾燥、紫外線のダメージ、間違ったスキンケア、生活習慣の乱れなど人によってさまざまです。外気の乾燥だけでなく、冷房や暖房の効いた部屋に長時間いることも空気が乾燥して、肌バリアの低下を招く場合もあります。紫外線は角質層に大きなダメージを与えるため、UVケアは欠かせません。日焼け止めを毎日塗ることはもちろん、帽子やサングラスなど紫外線を遮断するグッズも上手に取り入れてみましょう。また、こすり洗いや強すぎる洗顔料でのスキンケアも乾燥肌の原因のひとつです。スキンケアをおこなう際は肌に負担をかけないように心がけましょう。睡眠不足やたばこ、アルコールの摂取なども、ホルモンバランスの乱れを引き起こします。ホルモンバランスの乱れはターンオーバーの乱れにつながるので生活習慣を整えることも大切です。


乾燥肌に美容オイルがおすすめな理由

乾燥肌対策として美容オイルがおすすめなのには理由があります。オイルには皮脂の代わりとなって水分の蒸発を防ぎ、肌を保護するというメリットがあるからです。特に皮脂の分泌量が少ない人や皮脂膜が薄くなっている人には効果的です。オイル美容に使うオイルは、良質な植物オーガニックオイルを使うのが人気です。また、低精製の植物オーガニックオイルは、植物のもつ栄養が豊富に含まれ、肌への栄養補給にもなります。フェイスケアに使う場合には、特に肌に水分を補給する化粧水と合わせて使うのがおすすめです。初めてオイルを使う方にはアルガンオイルやシェイクオイルが使いやすいでしょう。

美容オイルの具体的な活用法は?

美容オイルにはさまざまな活用方法があります。肌の状態に応じて試してみましょう。オイルは冷えた状態よりも少し温めた状態の方がなじみやすくなります。一度手のひらに取ってから使うとよいでしょう。

まず一般的なのが、スキンケアの最後に使う方法です。乳液やクリームの代わりとして、ごく少量のオイルを手に取り顔全体に伸ばしましょう。美容成分をたっぷり含んだオイルが肌に栄養を与え、皮脂膜のようなバリア機能を発揮します。乾燥肌の人だけでなく、ノーマル肌やオイリー肌の人にもおすすめの方法です。油分をしっかりと補うことで皮脂の過剰分泌を防ぎ、肌を健やかに保ちます。


少し工夫して使いたいのが、化粧水前のブースターとして使う方法です。乾燥した肌は角質のキメが乱れているため、ごわついて硬くなっています。硬くなった状態の肌は水分を保つ能力が低いため、このまま化粧水や美容液をつけてもうまく浸透することができません。そこで洗顔後すぐ、化粧水を使う前に美容オイルを1~2滴顔全体になじませます。そうすることで肌を柔らかくほぐし、次に使うアイテムの浸透力を高めることができます。

次におすすめしたいのが化粧水や乳液に混ぜて使う方法です。手持ちの化粧水や乳液にオイルを1~2滴混ぜると肌への浸透力を高め、保湿力がアップします。乾燥肌でファンデーションのノリが悪いと悩んでいる人は、リキッドファンデーションやクリームファンデーションにもオイルを1滴加えてみましょう。化粧持ちやノリが良くなります。


良質な脂質の摂取も重要

肌にうるおいを与えるためには、外側からのケアだけでなく、食事で内側からのケアを行うことも重要です。無理なダイエットなどで脂質を抜いてしまうと、肌を乾燥させる原因になります。美肌を作るために必要な栄養素をきちんととるようにしましょう。肌にいいと言われる成分はセラミド、ビタミン類、脂質などです。


セラミドは水分をしっかり保持するために欠かせない成分ですが、30代を超えたあたりから徐々に量が減ってしまいます。また、気候や環境の変化によっても減少するため注意が必要です。セラミドを多く含む食品はこんにゃく、大豆、小麦、ホウレン草、ヨーグルトなどです。ビタミンにはビタミンA、ビタミンB群、ビタミンE、ビタミンCなどがあります。ビタミンAには粘膜を正常に保つ働きがあり、新陳代謝を正常にしてターンオーバーを促進させます。ビタミンB群には脂質を分解する働きがあり、健康な肌を作るのに役立ちます。ビタミンEには抗酸化作用があり、血行を良くして代謝を良くし、活性酸素を減少させる効果が期待できます。ビタミンCにはコラーゲンの生成を助ける効果があり、肌にハリを与え、キメを整えます。ビタミンをバランスよく摂取するためには、いろいろなものをバランスよく食べることが大切です。偏った食生活を避け、肉や魚、卵、大豆製品、緑黄色野菜などをバランスよく食べるようにしましょう。


脂質は取りすぎには注意が必要ですが、不足すると肌の乾燥を招きます。また、細胞や血管を作る働きもあるため、ダイエットなどで過度な制限をしないように心がけましょう。脂質を豊富に含むのが、魚類やオリーブオイル、ナッツなどです。


オイルの力でうるおいケア

オイルには肌のうるおいを保つ大切な役割があります。乾燥肌を効率よく改善させるためにはオイルを上手に活用することが大切です。毎日のスキンケアにオイルを取り入れる外側からのケアと、健康的な生活習慣とバランスの良い食生活を心がける内側からのケアを合わせて行い、うるおいを保つようにしましょう。

関連コンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
ホホバオイルで肌本来のバリア機能をサポート

ホホバオイルで肌本来のバリア機能をサポート

ホホバオイルとはどんなオイルなのか、ゴールデンホホバオイルとクリアホホバオイルの違い、アルガンオイルとホホバオイルの特長比較など、ホホバオイルの使い方などを紹介します。



詳しくはこちら
 お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

オイリー肌が気になる!普段のケア方法や化粧水の選び方は?

皮脂の分泌量が多いオイリー肌はべたつきやテカリ、化粧くずれなどのトラブルが起こりやすい肌質です。生まれ持った肌質というだけでなく、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れもオイリー肌を作る原因です。 スキンケアでは皮脂を取りすぎることに重点を置いていると、皮膚の乾燥をすすめます。すると、肌をうるおわせるために皮脂の分泌が活発になるのです。 たとえば、べたつきが気になるからといって化粧水を使わない、一日に何度も洗顔をしているといったケアを続けている人は注意する必要があるでしょう。
ここでは、オイリー肌の特徴や原因、適切なスキンケアのポイントについて解説していきます。

続きを読む

顔にも身体にも使える!ホホバオイル活用のすすめ

さまざまな美容オイルが販売されており、スキンケアなどに活用されています。オイルを使ったケアは注目度も高く、今後チャンレジしてみたいと考えている人も多いでしょう。しかし、オイルの種類がたくさんありすぎるため、どの種類を選ぶかで迷ってしまうのです。
オイルケア初心者に適しているのが、酸化に強く、しかも肌質を選ばないホホバオイルです。ここではホホバオイルの特徴や期待できる効果、ホホバオイルを使ったケアのやり方について紹介していきます。

続きを読む

コンディショナーとは?ほかのヘアケアアイテムとの違いと効果的な使い方

髪をケアするためのアイテムは、シャンプーのほかにもコンディショナーやリンス、トリートメントがあります。どれもシャンプーのあとに使うという認識こそあるものの、それぞれにどんな違いがあるのかはいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を紹介します。美しい髪を維持するために、より髪のためになるアイテムを使いましょう。

続きを読む