顔が乾燥肌になる原因に!あなたのクレンジングの仕方と洗顔は大丈夫?

さまざまな肌トラブルにつながってしまう乾燥肌。乾燥肌となってしまう原因にはいくつか考えられますが、その中の1つがスキンケアが適切でないことです。中でも、誤ったクレンジングと洗顔の方法が原因で乾燥肌になっている人は意外と多いのではないでしょうか。ここでは、クレンジングの仕方と洗顔方法を説明します。

クレンジングと洗顔はスキンケアの基本

スキンケアにはいくつかのステップがありますが、中でもクレンジングと洗顔は基礎となってきます。肌そのものの状態を決める上でも重要となってくるので、この手順こそ適切に進めていく必要があります。どちらも肌をすっぴん状態にするためのものですが、それぞれには違った役割があるのです。クレンジングは、ファンデーションや日焼け止めなどを落とすために行います。アイシャドウを含むメイクは、油性となっているので水だけでは簡単に落とすことができません。そこで、クレンジング商品を使って落としていくのです。


それに対して、洗顔は肌そのものの汚れを落とす役割を担っています。肌はターンオーバーによって、一定周期で生まれ変わっています。このとき、不要となった皮脂や角質は自然と排出されていくことになるのですが、洗顔をしなければこれらが肌表面に留まってしまうことになります。そこで、洗顔料を使って肌表面についてほこりなどと共に、皮脂汚れや古い角質を落としていくのです。洗顔料で毛穴の汚れや古い角質を落としていかないと、肌は汚れで覆われている状態になってしまいます。そうすると、洗顔後に使うスキンケアアイテムが肌に浸透するのを妨害してしまうことにもなってきます。


しかし、ここで汚れをしっかりと落としておけば、スキンケアを効率的に進めることが可能です。クレンジングと洗顔がスキンケアの基本とされるのは、肌状態をまっさらにする工程だからといえるのです。


乾燥肌を作る洗顔とは

肌の健康を保つスキンケアの上で欠かすことのできない洗顔ですが、間違った方法で行う洗顔は乾燥肌の原因となることがあります。例えば、洗いすぎてしまうことには注意しなければなりません。汚れが落ちているか心配で、何度も洗顔してしまう人がいます。しかし、肌を洗いすぎてしまうと肌に必要な皮脂まで落としすぎてしまうことになるのです。皮脂は、肌を守る役割を果たしています。これが必要以上になくなってしまうと、肌の水分が蒸発しやすくなって乾燥肌となってしまうのです。


また、ごしごし洗ってしまうこともよくありません。例え手でごしごしと洗っていたとしても、それは肌にとっては刺激となります。刺激を与えられた肌は、バリア機能を高めようとして皮脂を多く分泌するようになります。すると、皮脂によって水分が肌に入りにくくなってしまうのです。また、皮脂が詰まりやすくなり、肌トラブルを起こしてしまうこともあります。


もう1つ、シャワーを直接顔にあてて洗顔料を落とすなども避けていきましょう。シャワーの水圧は、肌には大きな刺激です。シャワーをあてるととても簡単に洗顔料を落とすことができますが、ここは手ですくったぬるま湯を使っていくと安心です。これらのポイントを押さえておくことで、肌によりやさしい洗顔が可能となります。


クレンジング・洗顔のポイント

クレンジングと洗顔を適切に行うためには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。まず、肌への摩擦を最小限に抑えるということです。クレンジングや洗顔は肌の汚れを落とすためのものですが、肌への摩擦を伴うので過剰に行うと逆効果となってしまいます。そこで、なるべく肌をこすらないように心掛けていきましょう。しっかりと泡立てて、肌に手がなるべく触れないようにするとベストです。また、お湯の温度についても配慮が必要です。お湯が熱すぎたり冷たすぎたりしてしまうと、肌は大きな負担を感じてしまいます。これを避けるためには、体温程度のぬるま湯を使っていくのがよいです。


クレンジングでメイクなどの油性の汚れを落とした後は、さらに肌表面の汚れもしっかりと落としましょう。これが、洗顔のステップです。皮脂や古い角質に加え、肌に残ったクレンジング製品もここでしっかりと落とすことがポイントです。これらが肌に残っていると、スキンケアは妨げられてしまう上に肌トラブルを発症してしまうこともあるので注意が必要なのです。



洗顔後は保湿ケアも忘れずに!

洗顔によって汚れをすっきり落とした肌は、とても乾燥しやすい状態になっています。そこで、すぐに保湿ケアをしていくことが大切です。一般的なスキンケアとしては、化粧水美容液クリームを使うケースが多いでしょう。これらのアイテムは、自分の肌質に合うもので保湿力の高いものを選ぶとベストです。また、クレンジングと洗顔が終わって化粧水をつける前に、ブースターオイルを使って肌を柔らかくしておくこともおすすめです。ブースターオイルを使うと、その後のスキンケアの成分が肌に浸透しやすくなるのです。この一手間によって、より効率的な保湿ケアができるようになるのです。


スキンケアにも、適切な順番があります。まずは、化粧水をつけてうるおいを与えながら肌の状態を整えていきましょう。その後に美容液を使い、最後にクリームをつけていきます。この順番を守ることは、それぞれのスキンケアアイテムの良さを活かすことになるのです。せっかく手間をかけてスキンケアをするのなら、より効果的となる正しいスキンケアをしていきましょう。こうして保湿ケアをすることで、肌は健康を維持しやすくなるのです。


適切なケアで美肌を目指そう

スキンケアをすることはもちろん大事ですが、適切なケアを行っていくことが肌の健康へとつながっていくのです。そんなスキンケアの基礎となるのが、クレンジングと洗顔です。適切なクレンジングと洗顔を行い、まずは肌の汚れをしっかりと落とすことに努めていきましょう。汚れが残ってしまっている肌は、どんなに入念なケアをしても乾燥や肌トラブルを起こしてしまうことがあるので注意しなければならないのです。


そして、洗顔後のケアも順番を守った上で行っていきます。適切なケアを行っていくことで乾燥肌は改善し、予防することにもつながります。乾燥は、美肌の大敵です。クレンジングや洗顔の方法を見直し、健康な肌を目指していきましょう。


関連コンテンツ

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白ゆりオイルをはじめ、80%以上植物由来オイル成分を配合したクレンジング。メイクオフの瞬間からブライトケアをスタート。

詳しくはこちら
毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

オイリー肌が気になる!普段のケア方法や化粧水の選び方は?

皮脂の分泌量が多いオイリー肌はべたつきやテカリ、化粧くずれなどのトラブルが起こりやすい肌質です。生まれ持った肌質というだけでなく、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れもオイリー肌を作る原因です。 スキンケアでは皮脂を取りすぎることに重点を置いていると、皮膚の乾燥をすすめます。すると、肌をうるおわせるために皮脂の分泌が活発になるのです。 たとえば、べたつきが気になるからといって化粧水を使わない、一日に何度も洗顔をしているといったケアを続けている人は注意する必要があるでしょう。
ここでは、オイリー肌の特徴や原因、適切なスキンケアのポイントについて解説していきます。

続きを読む

顔にも身体にも使える!ホホバオイル活用のすすめ

さまざまな美容オイルが販売されており、スキンケアなどに活用されています。オイルを使ったケアは注目度も高く、今後チャンレジしてみたいと考えている人も多いでしょう。しかし、オイルの種類がたくさんありすぎるため、どの種類を選ぶかで迷ってしまうのです。
オイルケア初心者に適しているのが、酸化に強く、しかも肌質を選ばないホホバオイルです。ここではホホバオイルの特徴や期待できる効果、ホホバオイルを使ったケアのやり方について紹介していきます。

続きを読む

コンディショナーとは?ほかのヘアケアアイテムとの違いと効果的な使い方

髪をケアするためのアイテムは、シャンプーのほかにもコンディショナーやリンス、トリートメントがあります。どれもシャンプーのあとに使うという認識こそあるものの、それぞれにどんな違いがあるのかはいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を紹介します。美しい髪を維持するために、より髪のためになるアイテムを使いましょう。

続きを読む