乾燥肌改善には保湿が重要!保湿ケアを覚えよう

乾燥肌を改善するためには、肌の水分量を増やすことが大切です。肌の水分量を増やすためには、保湿ケアが重要となってきます。しかし、やみくもに化粧水などを使って保湿すればいいというものではありません。うるおいを肌にとどめなければ保湿効果を得ることはできないのです。そこで、乾燥肌を改善するための保湿ケアを紹介します。

乾燥肌の原因は水分不足!

乾燥肌とは、肌の角質層内の水分量が減ってしまっている状態のことをいいます。肌は、元々角質層内に水分を保持できる機能を備えています。この機能が低下してしまい、水分そのものが減ってしまうと乾燥肌となるのです。


乾燥肌になる原因には、さまざまなものが考えられます。ごしごしとこするスキンケアや、必要以上に何度も繰り返す洗顔、肌に合っていないスキンケアアイテムを使うなどは、乾燥肌に拍車をかけてしまう可能性が高くなっています。

また、肌に大きなダメージを与えてしまう紫外線も、乾燥肌の原因として大きなウェイトを占めています。紫外線によって肌がダメージを受けると、バリア機能が弱まって水分が蒸発しやすくなってしまうのです。

さらには、睡眠不足やストレスなども乾燥肌の原因となります。睡眠不足やストレスは、ターンオーバーを乱してしまう大きな要因です。そして、肌のバリア機能も下がってしまうため、水分は保持されにくくなり乾燥してしまうのです。


肌が乾燥してしまう原因にはさまざまなものがあるので、まずは自分がどの原因で乾燥してしまっているのかを見極めることが大切となります。明確な原因がわかっていれば、的確に対処することができるからです。考えられる原因が多くある乾燥肌は、的外れな対策をしてあまり効果は期待できません。つまり、効率的に乾燥肌を改善するのならば原因を把握することがまず何よりの一歩となってくるのです。


肌が乾いてしまうとどうなるの?

肌が渇いてしまっていると、さまざまな肌トラブルが発生してしまう可能性が高くなります。乾燥肌は、ターンオーバーが乱れている状態であることが多いものです。ターンオーバーが乱れていると、肌の生まれ変わりが上手くいかなくなりシミやシワが出来やすくなってしまいます。すると、より年齢を感じる肌となってしまうのです。さらに、乾燥肌は肌のバリア機能を低下させてしまいます。バリア機能が弱まれば、外部からの刺激にダメージを受けやすくなります。普段は何ともないような刺激でも、バリア機能が低下している状況では大きなダメージとなるケースもあるのです。


また、今ある水分を保持するために皮脂の分泌量が増えることが多くあります。皮脂は、肌バリア機能に欠かせない成分です。しかし、これが過剰に増えてしまうと毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなる場合があります。こうして、たかが乾燥肌といってもさまざまなトラブルを起こす可能性があるのです。


肌が乾かない!スキンケアの基本

せっかく入念なスキンケアをしていても、その方法が適切でなければ意味がありません。特に多いのが、洗いすぎやごしごしとこすってしまう洗顔方法です。汚れをしっかりと落としたいために、無意識のうちに洗いすぎてしまうこともあるでしょう。しかし、これこそ間違ったスキンケアです。ここで、乾燥肌を予防するためのケアについて紹介します。


乾燥肌を予防するためには、クレンジングも洗顔もやさしくマッサージするようなイメージですることが大切です。また、自分の肌に合った洗顔料を使うことも欠かせないポイントとなります。そして、クレンジングをしたら洗顔、化粧水美容液クリームの順番を守ってのスキンケアを徹底していきましょう。


全身の保湿に!オイル活用のすすめ

保湿ケアをする際には、美容オイルを使うととても効果的です。美容オイルにはさまざまな使い方がありますが、ブースターオイルとして使う方法を紹介します。ブースターオイルは、洗顔後すぐの肌に使う美容オイルです。一般的には保湿ケアの最後に使うことが多いオイルですが、洗顔後すぐに使うことで、その後の化粧水乳液、クリームなどをより浸透しやすくしてくれるのです。


また、ブースターオイルを使うと、肌をやわらかくしその後に使う化粧水などの成分をより肌に浸透させることができます。これによって、効率的にうるおいを肌に届けることができるのです。ブースターオイルとして使うオイルは、アルガンオイルがおすすめです。アルガンオイルには、美容のための成分が多く含まれています。また、ブースターオイルとしての機能はもちろん、高い保湿力をキープするためにも役立つのです。オイルを使った後は、その油分によって水分をはじきやすくなってしまうイメージが強いものですが、アルガンオイルならば親水性の高いオイルなのでそんな心配もいりません。


オイルは、1本あれば全身に使うことができる便利なアイテムです。乾燥が目立つ時期には、ぜひ全身に使って乾燥肌を予防していきましょう。


保湿を徹底して乾燥肌対策を

乾燥肌対策には、保湿の徹底が何より大切です。そして、効果的に保湿をするためには乾燥肌となっている原因を究明することもポイントです。その上で、原因に対する的確な対処をしていく必要があります。また、保湿をするためには適切なスキンケアのやり方を押さえておくことが欠かせません。中でも、アルガンオイルなどをブースターオイルとして使うと保湿効果が高くなります。こうした工夫を駆使することで、より効率的に保湿ケアをすることができるようになるのです。保湿をすることは、肌を健康に保つ基本になってきます。乾燥肌を予防・改善して健康な肌を維持するために保湿ケアを行っていきましょう。

おすすめコンテンツ

ホホバオイルを日常のヘアケアに取り入れてツルサラ髪を手に入れよう

ホホバオイルといえば主にスキンケアで使用する植物性オイルの一種ですが、ヘアケアにも使えることをご存じでしょうか?ホホバオイルには、頭皮の毛穴に詰まった皮脂汚れを落としやすくするクレンジングの働きや頭皮のフケやかゆみといったトラブル改善も期待できるのです。さらには、髪にツヤを与える効果など、すこやかな頭皮と髪を作るのに優秀なアイテムです。ホホバオイルの種類や効果、使い方について詳しく紹介していきますので日常のヘアケアに取り入れてみましょう。

続きを読む

40代は肌に大きな変化が?たるみ対策は化粧水を浸透させることから始まる

40代になってから「肌が変化した」と感じたことはありませんか?毎日きちんとスキンケアしているのにたるみやハリ、潤い不足といった肌の悩みが目立つようになってくる年齢だからです。40代ころから現れ始める肌の変化には女性ホルモンの影響や保湿因子の減少、皮膚の老化などが大きく関係しているのです。年齢とともに肌の悩みが増える理由、40代頃から目立ち始めるたるみやハリ不足の原因について解説していきます。また、40代に適したスキンケアの対策についても紹介していきます。

続きを読む

20代の今から!自分に合った化粧水選びとスキンケアのポイントを知っておこう

10代の頃は肌のべたつきが気になっていたけれど、20代になってからは乾燥が気になるようになってきた。こんなふうに、少しずつ肌の変化を感じている人もいるのではないでしょうか。同じ人でも、肌質はいつも一定というわけではありません。年齢によって変化していくのはもちろん、使っているスキンケアや過ごしている環境によっても変化していきます。肌をいつもいい状態に保つために、20代のうちからスキンケアのポイントをきちんと理解しておくことが大切です。そこで今回は、肌の状態や自分に合ったスキンケア製品 の選び方などを紹介します。

続きを読む