スキンケアの格上げに!オイル美容液の使い方

オイル美容が注目されるにつれて、オイル関連の美容製品をスキンケアに取り入れてみたいと考えている人が増えています。中でもオイル美容液は、美容成分を配合し、普段のスキンケアを格上げしてくれるアイテムです。ここではオイル美容液の使い方や期待できる効能など紹介していきます。オイル美容液の役割や使い方を知って、いつものスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

うるおい維持だけじゃない!オイル美容液

オイル美容とは、オイルを使っておこなうスキンケアのことです。オイルは天然の植物素材から抽出したオイルをそのまま、あるいは加工して提供されていることが多いですが、保湿成分や美容成分などのオイル以外の成分がブレンドされている美容液もあります。主成分は油分なので、肌の表面に膜をはってうるおいをキープしてくれるという特徴があります。


オイル美容は脂性肌の人には向かないのではないかと思われがちですが、オイルは実は脂性肌の人にも取り入れて欲しいスキンケアアイテムです。

肌の角質層には細胞間脂質という組織が並んでいて、それが細胞を守るはたらきをしています。この細胞がダメージを受けると、肌は乾燥を感じ、皮脂の分泌が活発になります。このようなとき、化粧水の後にオイルをなじませると保湿力がアップし、余分な皮脂を抑えてくれるはたらきもあるのです。


またオイル美容液にはオイルの持つ保湿力だけでなく、肌にハリを与えるなどの働きをする成分を加えて、より美容用途に特化して開発されている製品となっています。


オイル美容液の使い方は?

それではオイル美容液の使い方をみてみましょう。オイル美容液には多くの種類があるので、基本的にはメーカーや商品の説明に従うようにしてください。ここでは一般的な使い方を紹介します。

保湿美容液として

最初に紹介するのは保湿美容液としての使い方です。使うタイミングは、一般的には洗顔化粧水美容液クリームです。化粧水でたっぷり肌に水分をあたえ、肌が整ったところに、美容成分を肌に浸透させていきます。オイル美容液が肌になじんだ後に乳液・クリームを使えば、うるおいと美容成分をを内側にとどめてくれる効果もあるので、乾燥肌や冬場の乾燥しやすい時期に重宝することでしょう。それでは、使い方を紹介します。


1.化粧水で肌をたっぷりと保湿した後に、オイル美容液を適量とりましょう。

2.手の平で軽く広げます。

3.手の平で顔を包み、ハンドプレスしながらなじませます。

4.美容液が肌になじんだら、乳液やクリームを重ね付けします。


美容液の量はメーカーや商品ごとに適量が異なりますが、一般的には1~2滴が目安です。


お手入れの仕上げに

製品によってはオイルの保湿力を活かして、お手入れの仕上げとしての利用を勧めている製品も存在します。その場合の使用方法は下記の使い方で使用します。


1.化粧水で肌にたっぷりうるおいを与えた後に、乳液または保湿クリームを使います。

2.美容液を顔の数か所につけます。手のひらで顔を包み込むようにして、やさしくつつみこむようになじませますします。

3.気になる部分がある場合は、重ねづけをし肌になじませます。デリケートな部分は指先でやさしく押さえましょう。


オイル美容液はスポイトがついているタイプなら1回分、それ以外の容器タイプなら1円玉ほどの量を目安にしてみてください。

力をあたえず、肌になじませ、しっとりしたらお手入れは完了です。

オイル美容液で美肌を作ろう

オイル美容液にもさまざまな種類がありますので、目的や好みの使用感に合わせて選ぶのも楽しいかもしれません。またオーガニック化粧品であれば、使用している素材の違いで期待できる効能やテクスチャーも異なってきます。それぞれの特徴を把握して、店頭やサンプルなどでいろいろと試してみるとよいでしょう。オイル美容液を上手につかって、きれいな素肌を手に入れてみませんか。

関連コンテンツ

締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

数十億個の美容成分を配合した『アルガンピュア コンセントレイト セラム』。スキンケアの最後に1滴。すーと肌に浸透し、驚くほどのハリ感をもたらす、オイル美容液です。

詳しくはこちら
ハリ肌へ導くバイタルケア。ネクターシュプレーム

ハリ肌へ導くバイタルケア。ネクターシュプレーム

エネルギーに満ちた『クニフォフィア』の蜜を配合し、ハリめく肌へブーストするメルヴィータ最高峰のバイタルケアシリーズ。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

オイリー肌が気になる!普段のケア方法や化粧水の選び方は?

皮脂の分泌量が多いオイリー肌はべたつきやテカリ、化粧くずれなどのトラブルが起こりやすい肌質です。生まれ持った肌質というだけでなく、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れもオイリー肌を作る原因です。 スキンケアでは皮脂を取りすぎることに重点を置いていると、皮膚の乾燥をすすめます。すると、肌をうるおわせるために皮脂の分泌が活発になるのです。 たとえば、べたつきが気になるからといって化粧水を使わない、一日に何度も洗顔をしているといったケアを続けている人は注意する必要があるでしょう。
ここでは、オイリー肌の特徴や原因、適切なスキンケアのポイントについて解説していきます。

続きを読む

顔にも身体にも使える!ホホバオイル活用のすすめ

さまざまな美容オイルが販売されており、スキンケアなどに活用されています。オイルを使ったケアは注目度も高く、今後チャンレジしてみたいと考えている人も多いでしょう。しかし、オイルの種類がたくさんありすぎるため、どの種類を選ぶかで迷ってしまうのです。
オイルケア初心者に適しているのが、酸化に強く、しかも肌質を選ばないホホバオイルです。ここではホホバオイルの特徴や期待できる効果、ホホバオイルを使ったケアのやり方について紹介していきます。

続きを読む

コンディショナーとは?ほかのヘアケアアイテムとの違いと効果的な使い方

髪をケアするためのアイテムは、シャンプーのほかにもコンディショナーやリンス、トリートメントがあります。どれもシャンプーのあとに使うという認識こそあるものの、それぞれにどんな違いがあるのかはいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を紹介します。美しい髪を維持するために、より髪のためになるアイテムを使いましょう。

続きを読む