オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

オーガニックコスメとは

オーガニックコスメとは、有機栽培された自然由来の成分を中心に使ったコスメのことです。人の持つ自然治癒力を引き出すことを目的にしたアイテムで、一般的なコスメとは違い、化学的な成分の配合量が少なかったり、まったく使っていなかったりするという特徴があります。オーガニックコスメには化粧水や乳液、オイルなどのスキンケア製品からメイクアップ化粧品まで多くの製品があります。

海外には、オーガニックコスメの認証基準が各認証機関により定められ、オーガニックコスメと名乗ることができるのは、「環境や生物への負担を最小限にした製法で作られた製品」であることを証明する厳しい審査基準をクリアしたものだけです。その一方、日本にはこのような基準が存在しておらず、各メーカーが独自の基準でオーガニックコスメを称することができる形となっています。

認証機関の審査の対象となるのは、原料となる植物の栽培方法や土壌から製造工程までとなっています。よく似たものに「自然派化粧品」や「ナチュラルコスメ」というものがあります。植物エキスや海藻エキスなどの自然由来の成分を配合していれば自然派化粧品やナチュラルコスメと名乗ることができるので、オーガニックコスメとは似て非なるものであるといえるでしょう。


オーガニックにこだわるメリット

スキンケアをするだけならどんなコスメでもよさそうですが、なぜオーガニックコスメがよいのでしょうか。オーガニックコスメは植物から抽出したエキスを使っており、石油由来の合成界面活性剤やシリコンなどの化学合成成分は極力排除されています。オーガニックコスメに使われる植物の多くは、昔から民間療法として利用されてきた草木やハーブ類です。また化学的な成分を使っていないということは環境への負荷も少ないともいえます。オーガニックコスメを使うことは環境を守ることにもつながるといえるでしょう。


オーガニックコスメのもう1つの魅力は、植物が本来持つ力をスキンケアに応用できることです。植物の成分は複雑で、科学的に解明されていないものもたくさんありますが、歴史的に長く使われ、信頼にできる成分を中心にしていており、植物の持つ環境への適応力や抗酸化力など、スキンケアにもプラスにはたらくと考えられています。


また、オーガニックコスメにはエッセンシャルオイルと呼ばれる天然の精油が含まれていることも多く、スキンケアをしながらリラックスできることも期待できます。エッセンシャルオイルはアロマディフューザーなどで取り入れている人も多いかもしれません。アロマテラピーとは植物から抽出した香り成分である精油を取り入れることにより、健康や美容に役立てようという自然療法の一種です。エッセンシャルオイルには柑橘系やフローラル系、ハーブ系などのさまざまな種類があり、それによって得られる効能も異なります。オーガニックコスメに含まれるエッセンシャルオイルは天然のものなので、おだやかに香るのが特徴です。オーガニックコスメをスキンケアに取り入れることで、スキンケアとアロマテラピーを同時におこなうことが叶う場合もあるのです。


信頼できるアイテムを選ぶには?

オーガニックを名乗るためには、認証機関が定めた厳しい審査基準をクリアしていることが条件となっています。オーガニック認証とは海外のオーガニック認証機関による認証のことです。フランスやドイツ、オーストラリアなどでは、オーガニックの基準を国レベルで統一し、管理をおこなっており、こうした国でオーガニックと呼べる商品を開発するには相当の企業努力が必要になっています。


一方、日本ではオーガニックコスメに関する明確な基準がないため、オーガニックの成分を1滴でも使えばオーガニックコスメを名乗れてしまうのが現状です。信頼できるオーガニックのスキンケアアイテムを探すなら、オーガニック認証がついているスキンケアアイテムを探すとよいでしょう。

スキンケアを始めるときの注意点

オーガニックコスメでスキンケアをするときにはいくつかの注意点があります。

1つ目は「自然由来の成分=肌にやさしい」というイメージは、必ずしもそうではないということです。化学的に合成されたものは精製度が高いので、ときには一般的なスキンケアアイテムの方がオーガニックコスメよりも肌の刺激になりにくいということもあります。食品アレルギーのように、オーガニックコスメでもアレルギー反応やかぶれが起きる可能性はゼロではありません。アレルギーを持っている人は、成分を事前にチェックするクセをつけておくと安心です。合う・合わないは個人差があるため、初めてのオーガニックコスメの場合は、トライアルを利用し、目立たない場所でパッチテストをするとよいでしょう。

2つ目の注意点は、従来のスキンケアアイテムに比べて使い心地が劣る場合があるという点です。一般的なスキンケアアイテムには、使い心地をよくするための成分が添加されています。オーガニックコスメは肌の負担になる成分や不要な成分をできるだけ配合しないように作られているため、クリームが伸ばしにくかったり、肌表面のツルツル感がないと感じたりすることがあります。場合によっては、先に手のひらで温めてから使ったり、ハンドプレスでなじませたりするなどの使い方のコツが必要になることもあります。

3つ目は、オーガニックコスメは使用期限が短く設定されていることが多いということです。使用期限は化粧品が傷みを防ぐハーブや天然の成分を配合したり、容器内を真空にしたりするなどの製法技術の向上にともなって、以前と比べると格段に長くなっています。しかし、合成保存料などを含まないため、一般的なスキンケアアイテムよりも使用期限は短いと考えておくとよいかもしれません。中には開封後1~2周間で使い切ることを薦めるものもあるため、保管方法や使用期限に注意が必要です。

自然の恵みを素肌に活かそう

高品質のオーガニックコスメは原材料にこだわって作られています。オーガニックコスメには、自然派化粧品やナチュラルコスメにはない特有の良さがあります。健康な素肌作りにスキンケアにもこだわりたいと考えているなら、オーガニックコスメを取り入れてみてはいかがでしょうか。

おすすめコンテンツ

ボディクリームを身体に使うメリットは?適切な塗り方についても解説

湿度が低くなってくる時期は、顔だけでなく身体のほかの部位も乾燥しやすくなります。身体の乾燥が進むとかゆみや炎症、黒ずみといった肌のトラブルも出てくるようになるため、乾燥対策として身体の保湿ケアを行っている人も多いでしょう。保湿ケアのアイテムにもいろいろな種類がありますが、そのひとつであるボディクリームは、全身だけでなく肘やかかとといった乾燥しやすい部位の保湿にも使える便利なアイテムです。ここでは、ボディクリームを使用するメリットと適切な使い方について解説していきます。

続きを読む

ハンドクリームの効果や使い方は?指先までうるおいを届けよう

手や指は自分だけでなく人の目にも触れやすく、年齢もあらわれやすい部位だといわれています。また、手はシャンプーや洗顔、家事や仕事などで酷使されているだけでなく、外に出れば紫外線や乾燥にもさらされて想像以上のダメージを受けています。指先や手がカサついていたり、ささくれがあったりしては、周囲に好印象を与えることができないでしょう。だからこそ、手先のお手入れが必要なのです。手のケアで使用するアイテムといえばハンドクリームです。ここでは、ハンドクリームの効果的な使い方と適切な塗り方について解説していきます。

続きを読む

20代前半のスキンケアは保湿が大切!みずみずしい素肌を目指そう

年齢に応じて肌の水分量や油分量、新陳代謝にも違いが出てきます。20代前半の肌はうるおいやハリ、弾力もあり、少しくらい不摂生をしても肌トラブルがほとんど起こらない人も多いでしょう。しかし、20代前半は肌のターンオーバーは盛んなものの、ニキビや毛穴の悩みが起こりやすい年代です。そこで、適切なスキンケアの方法について理解し、素肌をより美しくすこやかに保つために、適切なスキンケアの方法を身につけておきましょう。今からお手入れをしておくと、30代や40代の肌にもよい影響を及ぼします。ここでは、20代前半に適したスキンケアの方法について解説していきます。

続きを読む