クリアな素肌作りに役立つ!拭き取り化粧水の使い方

拭き取り化粧水とは、クレンジングや洗顔で落とし切れなかった汚れ、古い角質などを取り除いてくれるスキンケアアイテムです。肌にとって不要なものを落とすことで、肌のゴワつきを改善したり、ターンオーバーを整えたりするなど、美しい肌を作るのに効果的に働いてくれます。
拭き取り化粧水を日常的に使用していない人も少なくありませんが、その効果を知り、正しく使用することで、クリアな素肌に近づくことができるのです。そこで、拭き取り化粧水の効果や正しい使い方や注意点について、紹介していきます。

拭き取り化粧水とは

化粧水といえば、スキンケアのときに保湿目的で使用するものが一般的です。クレンジングや洗顔後、コットンや手で、肌に浸透させて使います。化粧水のおかげで、肌の潤いとバリア機能を維持し、肌をすこやかに保てるようになるのです。他にも、化粧水の後に使用する美容液やクリームの浸透を助ける働きも持ち合わせています。一般的な化粧水の製品によっては、精製水をベースに、保湿成分やエモリエント成分だけでなく、特定の機能性のある成分が配合されているものなどもあります。


一方で、拭き取り化粧水とは、洗顔やクレンジングで落とせなかった毛穴の汚れや古い角質を落とすために使用するものであり、配合成分も一般的な化粧水とは異なります。拭き取り化粧水でも、肌に潤いを与える成分が全く含まれていないわけではありません。しかし、ほとんどの製品が保湿メインで作られていませんので、保湿効果はほとんど期待できないでしょう。

他にも、拭き取り化粧水の中には、軽めのメイクを落とせるクレンジングや洗顔の機能、マッサージクリームやクレンジングクリーム使用後の余分な油分を拭き取る、ピーリングなどの機能を持つものもあります。そのため、使用するタイミングも、拭き取り化粧水の種類や効果によって異なるのです。同じ化粧水という名前でも、それぞれ目的が違うため、拭き取り化粧水使用後は、化粧水にて肌に潤いを与えるケアが欠かせません。


拭き取り化粧水の効果

拭き取り化粧水はコットンに含ませて、肌を拭き取りながら使用する化粧水ですが、その効果について知ることで、より便利に使えるようになるでしょう。拭き取り化粧水の効果のひとつに、ターンオーバーを促進してくれることが挙げられます。加齢やさまざまな原因で、肌の新陳代謝が衰えてくると、古い角質が肌に残ったままになります。その影響で、角質が硬くなり肌がゴワつく、くすみ、シミ、ニキビなど肌荒れやトラブルが目立つようになるのです。拭き取り化粧水には、肌の表面に残っている古い角質を取り除く働きがあり、肌のターンオーバーも促進してくれます。ターンオーバーが正常に行われるようになると、肌のキメが整い、くすみのない透明感のある肌に近づけるのです。

肌老化を防止するのにも役立ちます。クレンジングや洗顔をしっかりやっているつもりでも、肌や毛穴の汚れ、クレンジングや洗顔料が残ってしまうことがあります。これらが、長い間残っていると、肌荒れを引き起こす、酸化して肌老化を進める原因を作ってしまうのです。拭き取り化粧水を使うことで、肌荒れを防ぎ、若々しい肌を保つことにつながります。

拭き取り化粧水後に使用する、スキンケア製品の浸透を助ける効果も期待できるでしょう。化粧水や美容液のなじみが悪いと感じるのは、古い角質がスキンケア製品の浸透を邪魔していることが大きな原因のひとつです。拭き取り化粧水によって、古い角質が取り除かれると、化粧水などの浸透力もアップします。古い角質を取り除くケアとしては、ピーリングが有名ですが、ピーリングよりもマイルドで肌に優しいのです。


拭き取り化粧水の使い方とは

拭き取り化粧水の効果を実感するためにも、正しく使うことが大切になってきます。拭き取り化粧水によって適切な使用タイミングが異なりますので、基本的には商品説明に従いましょう。一般的には洗顔後、保湿効果を持つ化粧水を付ける前に使いますが、クレンジングや洗顔の機能を持つ製品は、その代わりとしても使用できるのです。クレンジングと洗顔の機能を持つ拭き取り化粧水を使うと、スキンケアの時短を可能にし、時間を有効活用できるというメリットが得られます。一般的な拭き取り化粧水は、事前にクレンジングや洗顔で肌の汚れをきれいに落としてから使うようにします。


また、拭き取り化粧水使用時は、必ずコットンを使いましょう。一般的な化粧水は、コットン、手のどちらで付けても問題ありませんが、拭き取り化粧水はコットンでないと、効果を実感しづらいからです。コットンを使用するときは、摩擦によるダメージをできるだけ減らすようにしましょう。コットンの素材や種類によって、コットンの感触も異なりますので、柔らかいタイプを使ったほうが肌への刺激も少なめです。また、拭き取り化粧水の使用量が少ないと、肌への摩擦が大きくなってしまいます。1回あたりの適量は、それぞれの製品によって差はありますが、コットンがヒタヒタになるくらいの量を意識して使うのが、肌をいたわるコツです。


拭き取り化粧水を使う上での注意点

拭き取り化粧水を安心して使用するためにも、いくつかの注意点について知っておきましょう。肌はとてもデリケートであり、拭き取り化粧水使用時の摩擦によるダメージを受けやすくなっています。そこで、拭き取り方にも気を付けましょう。コットンを肌に密着させて、優しく肌表面をそっとなでるようにして、肌を拭き取っていきます。肌の汚れや古い角質をしっかり落としたいからといって、ゴシゴシこすってしまうと、肌表面を傷つけてしまい逆効果です。また、拭き取り化粧水を使うときは、肌荒れなどが気になる部分だけ使うようにすることで、肌への負担を軽くできます。目や口の周りの皮膚はとても薄く特に繊細な部分ですので、そのような場所への使用はできるだけ控えるようにしましょう。


肌の調子が悪い時は、使用を控えることも大切です。肌荒れや乾燥が特にひどいときは、肌が過敏な状態であり、拭き取り化粧水を使うことで、肌にさらなる負担をかけることになります。使用頻度や注意点についても、商品によって異なりますので、よく商品説明を読んでから使うようにしましょう。そして、拭き取り化粧水使用後は、保湿ケアが欠かせ必須です。古い角質が取り除かれると、肌が過敏な状態に傾きやすいため、化粧水でしっかり保湿して、肌のバリア機能回復を助けるためです。また、古い角質が除去されると、化粧水や美容液が浸透しやすい状態になるので、スキンケア効果を高める絶好のチャンスになります。肌への刺激を軽減するために、保湿ケアと併せて紫外線対策も怠らないようにしましょう。


拭き取り化粧水で透明感のある素肌に

肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れると、肌のくすみやごわつき、肌荒れなど、さまざまな肌の悩みが現れるようになります。肌に古い角質が長くとどまることによって、肌トラブルが引き起こされてしまうのです。

その、古い角質を優しく除去してくれるのが、拭き取り化粧水です。拭き取り化粧水にもいろいろな種類があり、オーガニック成分をメインで配合しているものなどもあります。正しく拭き取り化粧水を使って、くすみや毛穴の黒ずみなどのない透明感ある素肌を目指しましょう。


関連コンテンツ

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

自然の力を肌に届ける!オーガニック美容オイルの魅力

オイルを使ったスキンケアやヘアケアは人気が高まっています。興味はあるものの、どんなオイルを使ったらよいのか、使い方が分からずに手が出ないという人も多いかもしれません。オイルケアを始めるなら高品質のオーガニックオイルがおすすめです。その理由をみていきましょう。

続きを見る

スキンケアの格上げに!オイル美容液の使い方

オイル美容が注目されるにつれて、オイル関連の美容製品をスキンケアに取り入れてみたいと考えている人が増えています。中でもオイル美容液は、美容成分を配合し、普段のスキンケアを格上げしてくれるアイテムです。ここではオイル美容液の使い方や期待できる効能など紹介していきます。オイル美容液の役割や使い方を知って、いつものスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。

続きを見る

乾燥肌改善には保湿が重要!保湿ケアを覚えよう

乾燥肌を改善するためには、肌の水分量を増やすことが大切です。肌の水分量を増やすためには、保湿ケアが重要となってきます。しかし、やみくもに化粧水などを使って保湿すればいいというものではありません。うるおいを肌にとどめなければ保湿効果を得ることはできないのです。そこで、乾燥肌を改善するための保湿ケアを紹介します。

続きを見る