乾燥肌対策に!ブースターオイルの使い方

保湿効果の高いパックなどのプラスアルファのお手入れを取り入れても、乾燥肌が改善されず悩む人も少なくありません。肌が乾燥していると、スキンケア製品が浸透しづらくなっており、肌に必要な潤いが十分に届かないことも原因のひとつでしょう。
なかなか改善しない頑固な乾燥肌には、ブースターオイルを試してみましょう。洗顔後、化粧水を付ける前の肌に使うと、その後に付ける化粧水や美容液の浸透力をアップさせてくれるのです。今回は、ブースターオイルを使うメリットや使い方について紹介していきます。

ブースターオイルとは

植物性のオイルを顔や身体のケアに取り入れている人も多いでしょう。一般的にオイルは、スキンケアの最後に使用することがほとんどです。それは、スキンケアでは油分の少ないものから肌に付けることで、効果的なスキンケアができるからです。一方で、ブースターオイルとは、保湿スキンケアの最初に使用するオイルのことであり、後から付ける化粧水や美容液の浸透を高めることを目的しています。


オイルを最初に付けるのは、肌を柔らかくする角質柔軟効果が期待できるからです。乾燥した肌にはたっぷりと水分を与えれば、乾燥が改善されると考えてしまうでしょう。ところが、乾燥した肌は角質が硬くなってしまい、スキンケア製品が浸透しづらくなっています。それでは、スキンケア製品の有効成分がたくさん肌に届かず、期待するような効果も得られなくなるのです。これは、カラカラに干からびた畑と同じことが言えます。乾いて硬くなった土は水の吸収が悪いため、先に畑を耕して土を柔らかくすることで、水の吸収を助けるのです。乾燥して硬くなった肌をブースターオイルでやわらかく整えると、スキンケア製品が浸透しやすくなります。


ブースターオイルに期待できる効能

ブースターオイルを使用することで、さまざまなメリットが得られるようになります。スキンケア製品の浸透を助け、その効能を高めてくれることが、最大のメリットでしょう。乾燥した肌は角質が硬くなってしまっており、化粧水が染みこみにくい状態です。そのため、乾燥した肌に化粧水を何度も重ねづけしても、なかなか肌の奥まで浸透してくれません。そこで、ブースターオイルをスキンケアの最初に使うことで、硬くなった肌をやわらげ、化粧水や美容液が肌に浸透するのを助けてくれるようになります。スキンケア製品の成分が肌にたっぷり届くようになると、乾燥肌の改善や肌をすこやかにするなど、効果も実感しやすくなるでしょう。


肌に適度な油分を補ってくれることも、ブースターオイルを使うメリットのひとつです。潤いのある肌とは、水分と油分のバランスが整っている肌のことであり、どちらのバランスが崩れても、肌荒れなどのトラブルが現れやすくなるのです。また、油分には、皮膚の水分が蒸発しないように防ぐ、外部刺激から肌を保護する働きもあります。それにもかかわらず、肌のベタつきを敬遠し、さっぱりタイプのスキンケア製品を好んで使用するなどして、油分が足りずに乾燥しているケースが少なくありません。ブースターオイルは、不足している油分をチャージして皮膚の水分と油分のバランスを整えてくれるのです。肌の乾燥度合いは個人差があり、その改善のために働いてくれるスキンケアアイテムにもいろいろな種類があります。ブースターオイルは、乾燥肌を改善が期待できると言われていますので、特に肌が乾燥している人には、最適なアイテムになるでしょう。

ブースターオイルの使い方は?

ブースターオイルの効能を引き出すためには、使い方も重要なポイントになります。まずは、オイルの浸透率を高めるためにクレンジングや洗顔を丁寧に行って、毛穴のメイクや皮脂汚れをきれいに落としておきます。その後、ブースターオイルを1〜3滴、手に取って広げて、肌全体になじませていきましょう。オイルが肌になじんできたら、化粧水美容液クリームといったいつものスキンケアを行います。いつものスキンケアの前に、ブースターオイルをプラスするだけなので使い方も簡単です。


肌が乾燥していると十分に潤いを与えられるように、ブースターオイルもたっぷり付けようと考えてしまうでしょう。それは、逆効果ですので、適量を守るようにしてください。オイルをつけすぎると、ベタついて気持ち悪いだけでなく、肌に悪影響が出てきてしまいます。ブースターオイルのような肌馴染みが良いオイルでも、オイルは基本的に水をはじく性質があるため、大量に付けると化粧水の浸透をブロックしてしまうのです。さらには、肌に残ったオイルが酸化すると、肌トラブルを引き起こす原因を作ってしまいます。目安は、肌表面に残らない程度の量ですので、気持ち少ないかなと感じる程度を使用するようにしましょう。


ブースターオイルは毎日使うことで、効果を実感できるようになりますので、続けることが大切です。ブースターオイルを使用すると、使ったその日や翌日に潤い効果が現れることが多いですが、すぐに使用をやめてしまうと、肌は元通りになってしまうでしょう。毎日コツコツケアすることが、潤いのある肌に近づくことにつながっていきます。


保湿力の高いアルガンオイルはおすすめ

ブースターオイルには、天然成分を原料とした植物油オイルを使うのが基本です。植物オイルにもたくさんの種類がありますが、ブースターオイルに使用する場合は、どのようなオイルでもいいわけではありません。ポイントは親水性です。オイルには、大きく分けて水分の浸透を促進する親水性が高いタイプと、肌に膜を作って蓋をする親水性の低いタイプがあります。水となじみやすいオイルをブースターオイルとして使用することで、その後に使用する化粧水の浸透を助け、保湿力を高めてくれるのです。


親水性の高いオイルにもいくつかありますが、乾燥肌改善や美肌効果を狙うならアルガンオイルが適しているでしょう。アルガンオイルは、数ある植物性オイルの中でも高い保湿力を持っていますので、乾燥した肌を潤す効果も高いと言われています。また、オイルの粒子がとても細かく、肌への浸透力にも優れていますので、肌にスーっと馴染んでベタつきも少ないのです。そのため、オイルの使用感が苦手な人や、オイル美容初心者の人でも使いやすいでしょう。他にも、アルガンオイルに含まれているステアリン酸という成分が、化粧水の水分をしっかりと捉えて、肌に浸透させるように働いてくれます。さらには、ビタミンEやカロテンを豊富に含んでおり、エイジングケアにも向いているのです。ブースターオイルとしてだけでなく、ヘアケアやボディオイル、さらにパックなど、さまざまな用途に使えますので、1本持っていると全身の美容ケアに使えます。


ブースターオイルを徹底活用

ブースターオイルは、肌の乾燥を改善してくれる頼もしいアイテムです。しかも、普段の保湿スキンケアの前に付けるだけなので使い方も簡単です。

1回当たりの使用量も少量で効果が期待できますので、コスパも悪くありません。毎日のスキンケアに取り入れて、肌の悩みを改善していきましょう。

関連コンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

毎年、にごりのない純白の花を咲かせる白ゆり。その白い花が持つ力を宿したブライトケアシリーズ ネクターブラン。

詳しくはこちら
アルガンオイルが愛される理由

アルガンオイルが愛される理由

20年来愛されてきたメルヴィータのアルガンオイル。アルガンオイルの特長やメルヴィータのアルガンオイルが愛される理由とそのこだわりをご紹介します。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

ベタベタとカサカサが同居している?混合肌のケア方法のポイント

口周りは乾燥しているのにTゾーンは皮脂が浮きやすい混合肌は、お手入れ方法に迷う人も多いのではないでしょうか。保湿を重視するとべたつき、控えめにすると乾燥が進むというように、肌に合わないケア方法で悪循環に陥ってしまうこともあります。
そこで今回は、混合肌の悩みを改善するケア方法のポイントについて紹介します。

続きを読む

乾燥による肌の粉吹きには理由がある!季節別でみる防止方法

乾燥肌は肌のうるおいや水分が不足している状態です。一年を通して肌の乾燥を感じている人のなかには、粉を吹いてしまうほどのひどい乾燥に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
ひどくなった乾燥肌を改善させるためには、早めの対策が必要です。そこで今回は、肌が乾燥する季節ごとの理由と、粉吹き防止のためのポイントを紹介します。

続きを読む

なぜ人気?オイル配合の美容液が持つメリットと基本の使い方

乾燥肌や敏感肌の人は、日中の肌のかさつきが悩みの種です。乾燥はシミやシワの原因ともなるため、早めの対策が必要になります。しかし、どんなアイテムを使えばいいのか迷う人も多いようです。
また、しつこい乾燥肌もうるおうと人気のオイル配合の美容液が気になっている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、オイル配合美容液のメリットと使い方について紹介します。

続きを読む