洗顔後の肌はデリケート!保湿ケアを忘れずに

洗顔後の保湿ケアが重要な理由

保湿ケアを行うときは、そのタイミングも重要視したい点のひとつになります。特に洗顔後は、肌がとてもデリケートな状態になっていますので、保湿ケアをしっかりとやりましょう。洗顔すると肌の汚れとともに肌に必要な皮脂まで洗い流してしまっています。また、洗顔後のお肌は湿っており、その水分が蒸発するときに、肌の潤いまでも一緒に蒸発させてしまうのです。

その状態では、水分の蒸発がどんどん進んでおり、次第に肌も硬くなっていきます。肌が硬くなると、肌が化粧水や乳液を吸収しづらくなり、保湿ケアをしても肌に浸透していかないのです。そこで、肌が乾燥する前の洗顔後すぐ、保湿ケアをすることが重要になります。


洗顔後の保湿対策では、適度な水分をチャージすることがポイントですが、せっかく届けた水分を蒸発させないためにも、油分ケアが欠かせません。化粧水をたっぷり肌につけたとしてもその水分が蒸発するときに、肌の水分も奪ってしまうのです。それが、肌の乾燥をすすめる原因になってしまいます。そこで、化粧水などで適度に潤いを補充してから、乳液やクリーム植物オイルなどを塗って油分の膜を作り、水分の蒸発を防ぐのです。


おさらい!基本の保湿ケア

毎日行っている保湿ケアですが、適量のスキンケア製品を用いて、適切な順番とやり方で行わないと、肌に十分な潤いを与え、保つことができなくなります。保湿効果を高めるためにも、基本の保湿ケアについて、理解しておきましょう。


洗顔後、タオルで水気を軽く拭き取ってから化粧水を付けます。タオルで拭くときも肌をこするのではなく、タオルの繊維に水分を吸わせるようにして拭き取ります。化粧水もたくさんの種類が販売されていますし、製品によって配合成分も異なりますので、化粧水選びも大切です。保湿効果を高めたいときは、ヒアルロン酸などの、保湿成分が含まれているものを使いましょう。そして、化粧水は、惜しみなくたっぷりと付けるのがコツです。ただし、一度にたくさんの量を付けようとしても、肌が吸収できる量は決まっていますので、500円玉くらいの量を何度かに分けて付けるようにします。肌がひんやりとしてきて、吸いつくような感覚になってきたら、肌が潤っているサインです。


化粧水を付けた後は、美容液を付けて、最後にクリームで水分と美容液が蒸発しないように、しっかりとフタをします。肌の乾燥を改善、防ぎたいときは、美容液やクリームも保湿効果の高い成分が配合されているものを使うと、より保湿効果がアップします。また、肌の乾燥がひどいときは、化粧水の前にブースターオイルを使用してみましょう。ブースターオイルとは、導入オイルという意味であり、お肌を柔らかくして、その後の化粧水や美容液が浸透するのをサポートする働きがあります。


保湿効果の高いスキンケア製品を使い、適切にお手入れしても、乾燥が改善されないときは、ブースターオイルを試すのも有効な対策のひとつです。


肌のかさつきにはアルガンオイルを

植物性のオイルは、髪の毛からボディまで全身に使用できることなどの用途の広さから愛用者も多いでしょう。植物性のオイルにはいろいろな種類がありますが、乾燥肌の改善には、アルガンオイルの使用がおすすめです。オイルといえば、スキンケアの最後に使用することがほとんどですが、アルガンオイルはブースター(導入液)として使用することができます。


乾燥しているお肌は角質が硬くなってしまい、スキンケア製品が浸透しづらくなるといわれています。そこで、アルガンオイルを最初に付けると、肌が柔らかくなり、またアルガンオイルの親水性も高いため、化粧水になじみやすく、化粧水を肌に届けながら保水力を高めてくれるのに役立ちます。化粧水がしっかりと肌に届き、保たれることで、乾燥の改善も期待できるようになります。


洗顔のやり方も見直して

保湿ケアも大切ですが、誤ったやり方で洗顔を行っていると、それが肌の乾燥を進める原因になります。そこで、乾燥肌を改善、予防するためには、洗顔のやり方も見直す必要があるでしょう。

洗顔料も洗浄力が強すぎるものを使ってしまうと、肌に必要な潤いまで奪ってしまいますので、洗浄力が優しく、保湿成分が配合されている製品を選び、丁寧な洗顔を行った方がよいです。汚れが気になる部分をゴシゴシと洗ってしまうと、角質層にダメージを与えてしまい、肌が乾燥してしまいます。

また、お湯の温度にも注意が必要です。水で洗ってしまうと、毛穴が開かず奥に詰まった汚れが落としにくくなりますが、温度が高すぎるのもよくありません。それは、温度が高いと、必要以上に毛穴を開かせて潤い成分を流出させてしまうからです。洗顔するときは、洗顔フォームや石鹸をよく泡立てて、泡で優しく洗うようにし、お湯の温度も体温よりも低い温度に設定します。洗顔料が肌に残っていると、肌への負担が大きくなりますので、すすぎ残しがないようにしっかりと洗い流しましょう。その後、できるだけ早く保湿ケアを行うようにします。


適切な保湿ケアで乾燥しない肌を

肌の乾燥は、あらゆる肌トラブルのもとになりますので、毎日のケアで改善、予防することが大切です。今までに、評判の良いスキンケア製品を試しても、肌の乾燥やトラブルが改善できなかったのは、誤った洗顔のやり方や保湿ケアも、原因として考えられます。

適切な方法で洗顔と保湿ケアを実践することで、乾燥に負けない肌に近づくことができるでしょう。


おすすめコンテンツ

ボディクリームを身体に使うメリットは?適切な塗り方についても解説

湿度が低くなってくる時期は、顔だけでなく身体のほかの部位も乾燥しやすくなります。身体の乾燥が進むとかゆみや炎症、黒ずみといった肌のトラブルも出てくるようになるため、乾燥対策として身体の保湿ケアを行っている人も多いでしょう。保湿ケアのアイテムにもいろいろな種類がありますが、そのひとつであるボディクリームは、全身だけでなく肘やかかとといった乾燥しやすい部位の保湿にも使える便利なアイテムです。ここでは、ボディクリームを使用するメリットと適切な使い方について解説していきます。

続きを読む

ハンドクリームの効果や使い方は?指先までうるおいを届けよう

手や指は自分だけでなく人の目にも触れやすく、年齢もあらわれやすい部位だといわれています。また、手はシャンプーや洗顔、家事や仕事などで酷使されているだけでなく、外に出れば紫外線や乾燥にもさらされて想像以上のダメージを受けています。指先や手がカサついていたり、ささくれがあったりしては、周囲に好印象を与えることができないでしょう。だからこそ、手先のお手入れが必要なのです。手のケアで使用するアイテムといえばハンドクリームです。ここでは、ハンドクリームの効果的な使い方と適切な塗り方について解説していきます。

続きを読む

20代前半のスキンケアは保湿が大切!みずみずしい素肌を目指そう

年齢に応じて肌の水分量や油分量、新陳代謝にも違いが出てきます。20代前半の肌はうるおいやハリ、弾力もあり、少しくらい不摂生をしても肌トラブルがほとんど起こらない人も多いでしょう。しかし、20代前半は肌のターンオーバーは盛んなものの、ニキビや毛穴の悩みが起こりやすい年代です。そこで、適切なスキンケアの方法について理解し、素肌をより美しくすこやかに保つために、適切なスキンケアの方法を身につけておきましょう。今からお手入れをしておくと、30代や40代の肌にもよい影響を及ぼします。ここでは、20代前半に適したスキンケアの方法について解説していきます。

続きを読む