間違った使い方してない?クレンジングオイル活用術

クレンジングオイルは、他のメイク落としと比べて、濃いめのメイクなどもしっかり落とせるのがメリットです。しかし肌への負担が大きいと思っている人も少なくありません。
実は、クレンジングオイルを適切に使うことで、肌への負担を少なくしながら、しっかりメイクも落とせるようになるのです。そこで、クレンジングオイルの使い方について紹介していきます。

クレンジングの役割とは

メイクやその汚れが肌に残っていると、肌トラブルの元になってしまいます。そこで、クレンジング製品を使ってメイクを落とし、洗顔料でダブル洗顔するのが一般的ですが、クレンジング製品と洗顔料の違い、区別について知らない人も多いでしょう。洗顔不要のクレンジング製品や、メイクも落とせる洗顔料が販売されていることも、区別をわかりづらくしている要因になります。しかし、クレンジング製品と洗顔料はそれぞれ役割が異なりますので、適切に使用することが、美肌への近道になるのです。

クレンジング製品の役割は、主にメイクや毛穴の奥に詰まった皮脂汚れ、黒ずみといった油溶性の汚れを落としてくれます。それに対し、洗顔料は古くなった角質や汗、ホコリといった、主に水溶性の汚れを落としてくれるのです。つまり、メイクはクレンジング製品を使わないときれいに落とせないですし、洗顔しないと肌に残ったクレンジング製品を十分落とし切れなくなります。クレンジング製品も、洗顔料もそれぞれ異なる役割があるため、肌をきれいにするためには、どちらも欠かせません。

また、クレンジング製品といっても、クレンジングオイルやミルク、ジェル、クリームなどさまざまな種類が販売されています。それぞれの種類によって、メイク落ちの度合いや、使用感が異なるため、種類ごとの違いについて理解し、適切なクレンジング製品を選ぶことが大切です。たとえば、クレンジングオイルは数あるクレンジング製品の中でも、最も洗浄力が高く、しっかりメイクも、毛穴の奥に詰まった汚れも落としてくれます。クレンジングミルクは洗浄力が比較的マイルドで、薄めのメイクを落とすのに適しており、使用後の肌も乾燥しづらいのです。このように、それぞれの種類ごとに特徴が異なりますので、メイクの濃さや肌の状態に合わせて、適したクレンジングを選びましょう。


誤解されがち?クレンジングオイルの話

クレンジングオイルはオイルを主成分とし、数種類あるクレンジング製品の中でも特にメイクを落とす力に優れています。メイクは油溶性の汚れですので、オイルとよくなじんで、濃い目のしっかりメイクもきれいに落とせるからです。食用やスキンケアで使用するオイルを肌に塗ると、その後水やお湯で洗ってもぬめりやべとつきが残りやすいでしょう。それは、油は水と交ざらない性質があるからです。ところが、クレンジングオイルをメイクとなじませて、水やお湯で流しても、オイルで肌がベタベタになることはありません。

これは、界面活性剤の働きによるものです。界面活性剤と聞くと、洗剤つまり、クレンジングの洗浄成分であり、それが肌に負担をかけていると認識している人が多いでしょう。クレンジングオイルに使われている界面活性剤は、非イオン界面活性剤という種類が多く、肌への負担に配慮されているものです。主に、クレンジングの油分を水で洗い流せるように配合されていますので、逆に、界面活性剤が入っていないと、オイルが肌に残るようになります。それが、シミやニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因となってしまうのです。

クレンジングオイルが肌に負担をかけると認識されている原因は、使われているオイルの種類と関係があります。クレンジングオイルは、製品によって主成分となるオイルの種類が異なるのです。クレンジングオイルは種類も豊富で、価格の幅も広いのですが、安価なクレンジングオイルでは、ミネラルオイル(鉱油)やジメチコン(シリコン油)がほとんどです。これらのオイルは皮膚に残りやすいと言われ、洗浄力の高い洗顔料を使うなどして、肌に残ったぬめりを取るのに肌に負担をかけがちです。その過剰なダブル洗顔が、肌の潤いを奪う原因になってしまいます。

一方で、値段が高めのクレンジングオイルは、ワックスエステルや油脂(主に米ぬか油やオリーブオイルなどの天然オイル)などを主成分として使っています。それらの油脂は、他のオイルと比べて水となじみやすいため、クレンジング後のべたつきが少なく、肌への負担が少ないとされています。ただし、これはあくまでも一般的なクレンジングオイルのことですので、全てのクレンジングオイルに同じことが当てはまるとは限りません。

クレンジングオイルの使い方

クレンジングオイルは使い方に注意するだけでも、肌への負担を軽減できるのです。そこで、肌に優しいクレンジングオイルの使い方について、ポイントを5つ紹介していきます。

まず1つ目が、必要なときだけクレンジングオイルを使うことです。ノーメイクで過ごした日にクレンジングオイルを使ってしまうと、肌に余計な負担をかけてしまうことになります。クレンジングオイルを使うときは、油性のメイクをした日だけ使うようにし、それ以外の日は洗顔料だけで事足りるでしょう。

2つ目が、乳化させることです。乳化とは、水と油がしっかり混ざり合った状態のことであり、それがメイクとクレンジングがなじんだサインなのです。乳化させることで、メイクを肌に残さないだけでなく、メイクとクレンジングを楽に洗い流せるようになります。

3つ目がマッサージしたり、ゴシゴシこすったりしないことです。クレンジングオイルは、無理に力を入れなくてもメイクを落とせるアイテムですので、こすったり、マッサージしたりすると、肌に余計な負担をかけてしまいます。

4つ目が、適量を使うことです。少ない量でクレンジングしようとすると、クレンジングを肌に伸ばすために強い摩擦が加わってしまうからです。

5つ目が、ぬるま湯で洗い流すことです。お湯が熱いと、必要以上に肌の潤いを奪ってしまいますし、冷たすぎるとクレンジングオイルが固まりやすくなります。体温くらいのぬるま湯を使って、よく洗い流しましょう。


上手に利用して素肌美人に

メイクの汚れが肌に残っていると、肌のくすみや毛穴の黒ずみ、ニキビといった肌トラブルの元になってしまいます。そこで濃いめのメイクをしたときなどは、メイクをしっかり落としてくれるクレンジングオイルは、頼もしい存在となります。


メイク汚れをしっかりと落とし、肌を清潔に保つことが、美肌作りに欠かせません。クレンジングオイルは、肌に優しい製品を選び、適切なやり方で使用すれば、肌への負担を防げるのです。クレンジングオイルを活用し、肌をすこやかに保ちましょう。


関連コンテンツ

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白ゆりオイルをはじめ、80%以上植物由来オイル成分を配合したクレンジング。メイクオフの瞬間からブライトケアをスタート。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

ベタベタとカサカサが同居している?混合肌のケア方法のポイント

口周りは乾燥しているのにTゾーンは皮脂が浮きやすい混合肌は、お手入れ方法に迷う人も多いのではないでしょうか。保湿を重視するとべたつき、控えめにすると乾燥が進むというように、肌に合わないケア方法で悪循環に陥ってしまうこともあります。
そこで今回は、混合肌の悩みを改善するケア方法のポイントについて紹介します。

続きを読む

乾燥による肌の粉吹きには理由がある!季節別でみる防止方法

乾燥肌は肌のうるおいや水分が不足している状態です。一年を通して肌の乾燥を感じている人のなかには、粉を吹いてしまうほどのひどい乾燥に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
ひどくなった乾燥肌を改善させるためには、早めの対策が必要です。そこで今回は、肌が乾燥する季節ごとの理由と、粉吹き防止のためのポイントを紹介します。

続きを読む

なぜ人気?オイル配合の美容液が持つメリットと基本の使い方

乾燥肌や敏感肌の人は、日中の肌のかさつきが悩みの種です。乾燥はシミやシワの原因ともなるため、早めの対策が必要になります。しかし、どんなアイテムを使えばいいのか迷う人も多いようです。
また、しつこい乾燥肌もうるおうと人気のオイル配合の美容液が気になっている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、オイル配合美容液のメリットと使い方について紹介します。

続きを読む