乾燥肌は老け見えの原因!徹底ケアでアンチエイジングを

エイジングケア向けのスキンケア製品を使うなど、肌の老化予防に力を入れている人も多いでしょう。アンチエイジングの方法もいろいろありますが、乾燥肌対策も重要なエイジングケアのひとつになります。それは、肌の乾燥が肌の老化スピードを速めることにつながってしまうからです。 そこで、肌老化と乾燥肌の関係性や、乾燥肌を改善、防ぐためのケア方法について紹介していきます。

乾燥は老けた肌の原因に

肌の乾燥に悩む人は少なくありません。肌が乾燥することで、赤みやかゆみ、たるみなどの肌トラブルを引き起こすだけでなく、肌老化の原因にもなってしまいます。

それは、肌のバリア機能低下とターンオーバーの乱れを引き起こすからです。人間の肌にはバリア機能と呼ばれる、肌を外部刺激から保護してくれる機能があります。そして、バリア機能を維持できているのは、肌表面にある角質層が天然の保湿因子や細胞間脂質といった潤い成分で満たされているからです。

ところが、肌の乾燥によって角質層の潤いが減少してしまうと、バリア機能が低下してしまいます。それが原因で、肌が紫外線などの外部刺激の影響を受けやすくなり、さらに肌の乾燥が進むという悪循環に陥るのです。一般的に人間の肌は、20歳をピークに皮脂分泌量が低下し、乾燥が起こりやすくなります。そのため、適切な乾燥肌対策をとらないと、肌が乾燥してしまうのです。

肌は一定の周期(約28日)で、古い角質から新しい角質に生まれ変わるターンオーバーを繰り返しています。しかし、皮膚が乾燥してしまうと、肌の細胞分裂が活発に行われなくなり、ターンオーバーの周期が大きく乱れるようになるのです。

その影響で、皮膚が薄くなり、ハリも失われるだけでなく、古い角質が厚く、硬くなり、肌の弾力もなくなってきます。そして、それが小ジワへと変化していくのです。また、ターンオーバーはバリア機能の維持にも一役買ってくれています。新しい角質が生まれ変わるときに、肌の潤い成分も生成され、バリア機能維持をサポートしてくれているのです。ターンオーバーの周期が乱れることで、バリア機能もますます低下してしまうようになります。

さらに、シワやたるみも乾燥が原因で発生しやすくなるのです。肌の奥にある真皮部分には、線維芽細胞があり、そこでコラーゲンやエラスチンといった美肌成分が作られています。ところが、線維芽細胞の働きが乾燥によって衰えるようになると、美肌成分が不足し肌の弾力やハリも減少し、シワとたるみができやすくなります。肌の乾燥によってこれだけの悪影響が出てきますので、乾燥対策はとても重要なのです。


乾燥を防ぐためには毎日のケアが重要

老化を引き起こす原因となる肌の乾燥は、毎日の保湿ケアで改善、予防することができます。

保湿ケアといえば、顔だけを重点的に行いがちですが、身体の保湿ケアも同じくらい大切なのです。それは、顔と同じで身体の皮膚が乾燥すると、肌トラブルが起こりやすくなるからです。身体の皮膚も顔と同じようにバリア機能が備わっていますので、肌が乾燥するとその機能が低下してしまいます。そうすると、紫外線や衣類の線維摩擦などの外部刺激により、かゆみや炎症が起こりやすくなるのです。そこで、ボディケアも毎日の習慣に取り入れましょう。


身体の保湿ケアもお風呂上りに行うようにします。お風呂上りは、肌が乾燥しやすいですし、身体の皮脂や汚れを落としたほうが、保湿剤の浸透力も高いからです。

また、身体でも部分ごとに皮脂腺の量が異なりますので、比較的潤っている部分と、乾燥しやすい部分があります。たとえば、足や腕は皮脂腺が少ないため、皮脂分泌だけでは潤いにくく、乾燥しやすいのです。そのため、身体全体を保湿していても、部分的にカサつくことが出てきます。

そこで、身体全体を均一的に保湿するのではなく、乾燥しやすい部分だけは重ねづけするなど、効率よく保湿ケアを行うと、より効果的な乾燥対策ができるでしょう。保湿ケアは、毎日の積み重ねが功を奏しますので、続けることが大切です。


今日からやるべき保湿ケアとは

毎日保湿ケアをしっかりやっているつもりでも、肌の乾燥が改善されないのは、やり方が誤っている可能性が高いです。乾燥を防ぐためにも、正しい保湿ケアを習慣化させましょう。

まず、保湿効果を高めるために大切なのが、保湿のタイミングです。洗顔後の肌は潤っているように見えるのですが、洗顔時に肌の潤い成分も洗い流されており乾燥しやすくなっています。また、肌が乾燥してしまうと、皮膚が硬くなり、化粧水やその他スキンケア製品の浸透をブロックしてしまうのです。顔だけでなく身体でも同じことが起こっていますので、肌が乾燥する前に保湿ケアを素早くおこなうことが、重要なポイントになります。

保湿ケアの順番は、化粧水美容液クリーム(油分の少ない順)が一般的ですが、より効果的な保湿ケアを目指すなら、化粧水前にブースターオイルをプラスしてみましょう。


ブースターとは、英語の「boost」を語源とし、「押し上げる、高める」という意味を持っています。洗顔後すぐの肌に付けることで、毛穴と肌を柔らかくし、化粧水を浸透しやすくしてくれます。いろいろな種類のオイルがありますが、ブースターオイルに適しているのは、アルガンオイルです。肌にスーッとなじみ、低刺激で保湿効果も高いので、顔だけでなく、身体やヘアケアにも使えます。用途の幅が広いので、1本持っていると重宝するでしょう。入浴後は、身体の保湿も併せて行いましょう。お風呂から上がりにタオルで軽く水気を取ったら、ボディオイルなどで全身を保湿します。


また、洗顔や入浴時の温度管理、日々の紫外線ケアも保湿ケアの一環です。洗顔や入浴時の温度が高過ぎると、必要以上に毛穴を開いて肌の持つ潤い成分を流出させてしまいます。洗顔、入浴ともに体温くらいの温度に設定しましょう。日中降り注ぐ紫外線は、肌にダメージを与えて、乾燥を進める原因になります。そこで、日焼け止めや帽子などを使い、日々の紫外線ケアを怠らないように気を付けます。


規則正しい生活習慣とスキンケアで、乾燥と肌老化防止!

乾燥肌は肌老化を進める大きな原因となりますので、適切な保湿ケアが欠かせないのです。また、年齢を重ねると、皮脂の分泌量も低下してきますので、年齢に合わせて保湿ケアを見直すことも必要でしょう。たとえば、保湿ケアにスキンケア製品の浸透を高めるブースターオイルを取り入れるなど、保湿力を高めるアイテムや方法を積極的に取り入れてみるのです。


生活習慣の乱れも、肌には悪影響となるため、改善に取り組むことは老化防止の有効策になります。日ごろの保湿ケアや生活習慣を見直すことが、乾燥肌改善や予防につながっていきます。正しい習慣を身に付けて、肌老化を防ぎましょう。


おすすめコンテンツ

ボディクリームを身体に使うメリットは?適切な塗り方についても解説

湿度が低くなってくる時期は、顔だけでなく身体のほかの部位も乾燥しやすくなります。身体の乾燥が進むとかゆみや炎症、黒ずみといった肌のトラブルも出てくるようになるため、乾燥対策として身体の保湿ケアを行っている人も多いでしょう。保湿ケアのアイテムにもいろいろな種類がありますが、そのひとつであるボディクリームは、全身だけでなく肘やかかとといった乾燥しやすい部位の保湿にも使える便利なアイテムです。ここでは、ボディクリームを使用するメリットと適切な使い方について解説していきます。

続きを読む

ハンドクリームの効果や使い方は?指先までうるおいを届けよう

手や指は自分だけでなく人の目にも触れやすく、年齢もあらわれやすい部位だといわれています。また、手はシャンプーや洗顔、家事や仕事などで酷使されているだけでなく、外に出れば紫外線や乾燥にもさらされて想像以上のダメージを受けています。指先や手がカサついていたり、ささくれがあったりしては、周囲に好印象を与えることができないでしょう。だからこそ、手先のお手入れが必要なのです。手のケアで使用するアイテムといえばハンドクリームです。ここでは、ハンドクリームの効果的な使い方と適切な塗り方について解説していきます。

続きを読む

20代前半のスキンケアは保湿が大切!みずみずしい素肌を目指そう

年齢に応じて肌の水分量や油分量、新陳代謝にも違いが出てきます。20代前半の肌はうるおいやハリ、弾力もあり、少しくらい不摂生をしても肌トラブルがほとんど起こらない人も多いでしょう。しかし、20代前半は肌のターンオーバーは盛んなものの、ニキビや毛穴の悩みが起こりやすい年代です。そこで、適切なスキンケアの方法について理解し、素肌をより美しくすこやかに保つために、適切なスキンケアの方法を身につけておきましょう。今からお手入れをしておくと、30代や40代の肌にもよい影響を及ぼします。ここでは、20代前半に適したスキンケアの方法について解説していきます。

続きを読む