自然由来の成分でしっとりと!オーガニックのハンドクリームを使ってみよう

スキンケアやメイクのおかげで、若々しい印象を与えられるようになります。ところが、手をみるとシワや乾燥、荒れが目立ち、顔とのギャップが大きいと感じる人も少なくありません。 手は、顔よりも徹底したケアを行うことが少なく、水仕事や紫外線といった過酷な環境にさらされています。しかも、手の皮膚はとても薄くデリケートですので、顔よりも老化が進みやすいのです。手をみると実年齢がわかるとも言われていますので、顔と同じく手のケアにも力を入れたいところです。手のケアに欠かせないアイテムといえば、ハンドクリームですので、その選び方や使い方のコツについて紹介していきます。

ハンドクリームは原料にこだわるべき?

ハンドクリームは、どの商品を使っても同じと認識していませんか。ハンドクリームも品質にこだわって選ぶことで、美しい手を維持できるようになるのです。ドラッグストアなどでチェックしてみると、商品数も多く、価格帯の幅も広いことがわかるでしょう。製品に使われている原料によって、値段や使用感に違いがあるのです。

ハンドクリームの中には、コストを抑えるためミネラルオイルなどの安い原料を使っているものがあります。特に、皮膚が弱い、過敏な人は、原料や成分が原因で、肌荒れやかゆみ、炎症などを引き起こすリスクがあるかもしれません。

また、使用後、ベタベタが長く続くと何かに触れることができず、日常生活にも支障が出てしまうでしょう。手の乾燥や肌荒れが改善できないようでは、ハンドクリームを使う意味が薄れてしまいます。


オーガニックハンドクリームとは

すこやかな手を保つための質の良いハンドクリームを選ぶ基準のひとつに、オーガニックの原料を使用していることが挙げられます。

オーガニックとは、農薬や化学肥料に頼らず有機栽培ので作物を育てる方法のことですが、国によってその基準が大きく異なるのです。安全性を重視して食品や農作物を選ぶ時は、国産を選ぶことが多いでしょう。ところが、オーガニックに関しては日本よりも海外のほうが、厳しい基準が設けられているのです。国産のオーガニックコスメやハンドクリームをいくつも見かけますが、中にはオーガニック原料の割合も少なく、合成着色料や化学物質を含んでいる製品も存在します。海外のオーガニック認証機関からの認証を受けた製品のほうが、原料や製法にもこだわった高品質のものが多いのです。

海外のオーガニックハンドクリームで使われている原料は、オイルや美容成分も自然由来のものがたっぷり配合されており、肌にやさしいものがみつかりやすいと考えられます。ただ、オーガニックだからといって、全ての人に合うとは限りませんので、心配な人はテスターなどで試してみてから、購入すると安心です。


オーガニックハンドクリームの成分とは

オーガニックハンドクリームには、主に自然由来の保湿成分や美容成分が配合されていますが、成分によって期待できる効果も変わってきます。そこで、オーガニックのハンドクリームによく使われている成分について、知っておくと商品を選ぶときに役立つでしょう。

保湿成分でよく使われているのが、シアバター、スクワラン、ココアバターなどです。保湿力に優れ、乾燥を防ぐように働いてくれます。また、手荒れを改善してくれる成分としては、カモミールやローズマリー、甘草のエキスなどが、よく知られています。他にも、手にハリやツヤを与えてくれる成分としては、アルガンオイルローズヒップオイルなどが有名です。中でもアルガンオイルは、保湿力も高く、さらりとしたテクスチャーため、使用後の肌もベタつきにくいのです。

オーガニックハンドクリームでは、大半が植物由来の成分ですが、ハチミツなどの成分を使っている製品もあります。ハチミツは、栄養豊富で保湿に優れ、美肌に導いてくれる成分として、多くのスキンケアやヘアケア製品でも使われています。ハチミツも、ミツバチが植物の蜜を集めてくるものなので、元をたどれば植物由来と言えますね。


ハンドクリームを使うときの注意点

オーガニックハンドクリームは品質にこだわったものが多く、手の皮膚トラブル防ぎ、すこやかな手を保つ効能が期待できます。

一般的に肌にやさしいと言われていますが、人によっては配合成分が肌に合わないことも出てきます。腕の内側など目立ちにくい部分にハンドクリームを塗って、炎症やかゆみが起こらないかを確かめてから、使うとよいでしょう。また、肌のトラブルは体調や免疫が弱っているときなど、状況によっておこることもあります。何か異常がみられたときは、症状を悪化させる原因にもなりますので、すぐに使用を中止しましょう。

また使用期限にも注意が必要です。オーガニックのハンドクリームは保存料が使われていないものもたくさんあります。そういった場合、開封後の劣化が早く進みやすいため、早めに使い切るようにしましょう。

オーガニックハンドクリームで保湿ケアを

有機栽培された天然成分を原料を用いてつくられているオーガニックハンドクリームは、自然の力でおだやかに肌に働きかけてくれます。肌を美しい状態で健やかに保つのに、原料にこだわってハンドクリームを選んでみるのもよいでしょう。

毎日休むことなく働いている手は、老化が進みやすいだけでなく、人目に触れやすいパーツですので、きちんとお手入れする必要があります。だからこそ、質の良いハンドクリームを使ってケアしてあげましょう。


おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る