30代のお悩み解決!ブースターオイルで、化粧水がぐんぐん浸透

女性の肌は年代によって大きく異なります。10代の肌と20代の肌では全く別物と言ってもいいほどの変化を感じますが、30代の肌でもさらにさまざまな変化が起こるので気をつけたいものです。今まで感じることのなかった肌の変化を前にとまどう人も多いのではないでしょうか。特に30代では、乾燥による小じわの悩みを抱える人が増えてきます。そこで今回は、保湿重視のスキンケア方法や、ブースターオイルについて紹介していきます。

30代の肌の悩みとは?

30代は仕事もプライベートも忙しく、ストレスを感じる人が多い年代です。また、体調面も変化しやすく、いろいろな肌の悩みに直面する時期でもあります。ここでは、具体的な肌の悩みについて見ていきましょう。


・小ジワ

笑うとできる目元の小ジワや、ほうれい線などが気になり始める人が多くなります。顔のパーツのなかでも、特に目元や口元の皮膚は薄く、皮下脂肪が少ないため目立ってしまうのです。また、普段は気にならないレベルだとしても、乾燥している状態だと小ジワが目立ってしまうこともあります。小ジワを放っておくとそのまま深いシワになってしまうこともあります。


・ニキビ

30代のニキビは、思春期にできるニキビのようにTゾーンを中心にできるニキビではありません。顎や口の周りにニキビができるようになる傾向があるようです。赤く腫れているようなニキビはなくても、白ニキビや黒ニキビといった毛穴のつまりが原因で起こるニキビができることも増えてきます。また、顔だけではなく、背中や胸、首のほうにもできるようになる場合もあります。これは、10代や20代のニキビの原因が皮脂の過剰分泌が原因で起こるのに対して、30代のニキビは肌の乾燥や不規則な生活などによるストレスが原因となるためと言われています。


小ジワ対策を始めるなら30代から

30代は小ジワができやすい肌状態になっていくため、現在気になっている人でもあまり気にしていない人でも、早めの対策が鍵となります。小ジワを悪化させないためには、適切なケア方法を知っておくことが大切です。小ジワの原因と対策について詳しく見ていきましょう。


小ジワのできる主な原因は、肌の乾燥によるものです。小ジワ、乾燥小ジワ、ちりめんじわなどと呼ばれているものは、すべて肌の一番外側にある角質層での変化が原因で起こっています。まず、肌が乾燥すると角質層にある角質がはがれていきます。すると、紫外線の侵入を防いだり肌内部の水分が蒸発するのを防いだりしている肌のバリア機能が低下し、肌の潤いが失われるのです。潤いが少なくなった肌は弾力を失い、顔の筋肉の動きによって肌に隙間ができて溝となります。これが小ジワの正体です。さらに乾燥が進むと深く大きなシワへと変化していくので早めの対策が肝心です。


それでは、小ジワを防ぐために、具体的にどんな対策を行えばよいのか見てみましょう。毎日の生活の中で少しずつ意識していくことがポイントです。

スキンケアのポイント

まずはスキンケアを行ううえで大切なことを見ていきましょう。小ジワは、乾燥により潤いを失った皮膚にできる溝だということがわかりました。そのため、特にほかの部分よりも皮膚の薄い目元や口元に多くできます。つまり、皮膚にシワができているということは、肌が水分を保つ力が落ちているということです。30代になると、10代や20代のころと比べて肌が水分を保持する力が減ってしまいます。それなのに、10代や20代の頃と同じスキンケア商品を使っていると保湿が足りていないことがあるのです。

化粧水を選ぶときは、保湿重視の化粧水を選び、水分を積極的に補っていきましょう。また、洗顔で洗い流されてしまった油分も補う必要があります。化粧水だけでなく、保湿対策としてオイルやクリームなどのスキンケア製品を取り入れるようにしましょう。そこでお勧めしたいのが、オイルです。特にアルガンオイルは保湿対策にも優秀で、化粧水のブースターオイルとしても使うことができるため、積極的に取り入れたいアイテムです。


乾燥を防ぐ

 乾燥によって小ジワができるため、乾燥対策をすることも大切です。特に空気が乾燥する秋から冬のあいだは、室内でも乾燥対策が必要です。暖房を使う場合は加湿器を合わせて使うようにして、空気を乾燥させないように心がけましょう。肌のためには、湿度は50%以上に保つことが大切です。外に出るときはマスクをするようにすると、口の周りや頬の乾燥予防につながります。ただし、マスクと皮膚がこすれることにより刺激となる場合もあるので、できるだけシルクなどの柔らかい素材のマスクをするようにしましょう。


紫外線を防ぐ

紫外線を浴びるとシミができるというイメージが強いですが、実は小ジワや肌のはりも、紫外線によるダメージが大きく影響します。紫外線は、肌の内部まで侵入し、ダメージを与えます。すると、コラーゲンやエラスチンなどの、肌のハリや潤いを保つ成分を生み出す線維芽細胞の働きを弱めてしまうのです。紫外線によるダメージを防ぐために、外出時は日差しを避け、日焼け止めや日傘、帽子などでしっかりと紫外線対策をするようにしましょう。また、室内にいても紫外線は入ってきます。うっかり焼けを防ぐためにも、日焼け止めは欠かさずに塗っておくようにしましょう


30代になったら化粧水の使い方を見直そう

30代になったら、化粧水を見直してみることも大切です。たとえば、20代からずっと同じスキンケア製品を愛用している人はいないでしょうか。30代はスキンケアには慣れているものの、20代からずっと同じスキンケア商品を使い続けている場合、30代になった肌の状態に合わなくなっているおそれもあります。特に、保湿力の少ないさっぱりタイプのものや、皮脂を過剰に取り除くものを使っている人は注意が必要です。

テカリ防止のためにクリームを使わないという人や、自己流の手順など間違ったスキンケアの流れが習慣化している場合もあります。30代は20代よりも水分を保持する力が衰えているため、より保湿を意識した化粧水を選び、適切な手順で使っていくことが大切です。


化粧水は「手でつける」「コットンでつける」どちらが適切?

化粧水は手でつけるのがいいのか、コットンでつけるほうがいいのか迷ってしまう人も多いですが、正しくつけられるならどちらでもかまいません。それぞれのポイントと注意点を紹介します。

手でつけるときのポイントと注意点

まずは、化粧水を手でつける場合、どのようなところに気をつければいいのか、ポイントと注意点を見ていきましょう。

・両手で温めてからつける

手を使って化粧水をつける場合、まずはハンドソープや石鹸を使って手を良く洗いましょう。手が汚れているとニキビや細菌感染の原因になります。適量の半分程度、もしくは3分の1程度の量を手に取り、手のひらで温めてから肌につけます。化粧水は一度につけようとするよりも、2回~3回程度分けてつけたほうが肌へのなじみが良くなります。

・ムラのないようにつける

化粧水をつけるときは、つけ忘れのないようにムラなくつけるようにしましょう。顎や頬などの面積の広い部分は手のひらを使って伸ばし、額や鼻などの面積の狭い部分は指でつけるようにすると、全体的にムラなくつけることができます。適量の3分の1程度を手に取り、目元や小鼻の脇などの細かい部分も忘れずにしっかりとつけましょう。指の腹を使ってポンポンとおさえるようにつけていくとうまくいきます。乾燥が気になる場所は重ねづけするのがおすすめです。

・ハンドプレスして肌なじみを確認する

適量をすべてなじませたら、顔全体を両手で包み、10秒~15秒程度ハンドプレスします。こうすることによって化粧水の浸透が良くなります。肌に化粧水が行きわたると、手のひらで触ったときにピタッと吸い付く感覚があるため、最後に確認しておきましょう。 



手でつけるときのポイントと注意点

コットンでつけるときのポイントと注意点

次はコットンでつける場合の注意点を確認しておきましょう。コットンを持つときは、人さし指と小指、もしくは人さし指と薬指で挟むようにして持ちます。

・化粧水をたっぷり含ませる

化粧水はコットンの裏にしみ込むくらいにたっぷりとつけましょう。乾燥している部分がなくなるように、まんべんなくしみわたらせます。量が少ないと肌に行き渡らないだけでなく、すべりが悪くなるため、肌に刺激を与えてしまいます。顔の中心から外側に向かってコットンを軽く押し当てるようにしてつけていきます。叩いてつけると化粧水が飛び散ってムラになるので叩かないように注意しましょう。

よりしっかり保湿をしたい場合は、コットンに化粧水をたっぷり含ませてコットンパックをするのもおすすめです。この場合、コットンが乾いてしまうほど時間を置くと、逆に化粧水が蒸発するときに肌の水分も一緒に奪ってしまいます。放置時間は、多くても5分以内に留めておくことが大切です。

・最後はハンドプレスする

全体的につけ終わったら、最後は手でつける場合と同様に10秒~15秒程度ハンドプレスして肌になじませましょう。手のひらが肌にしっとりと吸いつくように感じたら、肌にしっかり化粧水が吸収されたサインです。乾燥を感じやすい目元や口元、小鼻の周りなどは特に丁寧に行います。指先を使って優しく押さえるようにしてケアしましょう。皮膚が薄く敏感なため、必要以上にぐいぐいと強く押さないようにすることも大切です。

・コットンが毛羽立ったら交換する

使っているうちにコットンが毛羽立ってきたら必ず交換しましょう。毛羽立ったまま使用していると、肌への刺激になったりコットンの繊維が肌に残ったりしてしまうためです。化粧水を追加しても、一度毛羽立ってしまったコットンは元の状態には戻りません。一度のケアに数枚使う準備をしておきましょう。

・刺激を与えないためにこすらない

一般的にコットンは、横長に繊維が流れるように作られています。そのため、横長に中指と薬指にのせ、人さし指と小指で両端をはさむように持つと、繊維に添ってケアすることができます。繊維に逆らって肌をこすると刺激になるため注意しましょう。コットンを選ぶときは肌に刺激の少ないものを選ぶことが大切です。大きくて適度な厚みがあるもの、かたすぎず柔らかすぎないもの、加工や縫い目のないものなどを選ぶようにしましょう。良質なコットンは密度がしっかりあります。



コットンでつけるときのポイントと注意点

「洗顔したら化粧水」ではなく「洗顔後すぐブースターオイル」を使う

洗顔後は顔の皮脂が洗顔剤によって流れており、肌はとても乾燥した状態になっています。こうした乾燥状態が長く続くと、肌の乾燥が進んで化粧水や美容液などの成分がなじみにくくなってしまうので注意が必要です。こんなときは、失われた油分を素早く補い、肌を柔らかく整えるためにブースターオイルを取り入れてみましょう。肌になじみの良いオイルなら、乾燥状態のデリケートな肌でもしっかりと潤いを与えてくれます。


ブースターオイルとは

ブースターオイルとは、洗顔後、化粧水をつける前に肌に塗り込んでおくオイルのことです。乾燥で固くなっている肌は、きめが乱れた状態のため水分の保湿能力が落ちています。がちがちで水分が浸透しにくい状態の肌をオイルで柔らかくして、化粧水を浸透しやすくするのが目的です。ただし、オイルなら何でもいいわけではありません。オイルにもいくつかの種類があり、なかには水分をはじいてしまうものもあります。そのため、ブースターオイルに向いているのは、水分を弾かずに肌に取り込んでくれる、親水性の高いオイルがおすすめです。アルガンオイルシェイクオイルなどを選ぶようにしましょう。


ブースターオイルを取り入れた適切なスキンケア手順

ブースターオイルをこれまで使ったことがない人や、使い方がよくわからないという人も多いでしょう。そこで、ブースターオイルを取り入れた場合のスキンケアの手順について説明します。


1.クレンジング

クレンジングは、主にメイクなどの油性の汚れを落とすために行います。メイクをしたまま寝てしまうと、酸化したメイク汚れが肌を傷める原因になります。肌への刺激となる外的汚れは、その日のうちになるべく早く除去しておくのが鉄則です。クレンジングはスキンケア製品のなかでも肌への刺激が強いもの。当然なるべく肌に負担をかけないものを選ぶのが大切です。しかし、肌への優しさを重視した洗浄力の弱いクレンジング製品は、メイクが落ちるまでに何度もこすってしまうことがあるため、逆に肌に負担を与えてしまうこともあります。

オイルタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプなど、いろいろなタイプがあり迷ってしまいますが、肝心なのはどのタイプを選ぶのかではありません。メイクがスッと浮いてすぐに洗い流せるものを選ぶようにしましょう。クレンジングはスピード重視が大切です。クレンジングをなじませて30秒~50秒で流せるのがひとつの目安として考えましょう。


2.洗顔

洗顔は、主に汗やホコリなど、日中の汚れを洗い流すために必要なケアです。メイクをしている場合はクレンジング後の洗顔も忘れずに行いましょう。ぬるま湯のみの洗顔は、汚れが落とし切れないためおすすめできません。洗顔料はよく泡立てて、たっぷりの泡でやさしく洗うようにしましょう。すすぎ残しがないようにしっかりと洗い流します。


3.ブースターオイル

ブースターオイルは洗顔後すぐの清潔な肌に使います。ブースターとは「後押しする」という意味があり、肌を柔らかく整えてその後に使うスキンケアの浸透を手助けするものです。さらに、肌に不足している良質な油分を素早く補うこともできます。ニキビがある場合、オイルを使うことに抵抗がある人もいますが、オイルで保水力を高めることで、過剰な皮脂の分泌が抑えられ、肌質を改善する効果も期待できます。油分不足による乾燥がニキビの原因となることもあるのです。


4.化粧水

ブースターオイルで浸透しやすくなった肌に、化粧水で水分や美容成分を届けます。しっかりつけることで、さらに次に使用する美容液の浸透を助けることになります。肌にしっかりなじませるためには、一気につけるのではなく2回~3回に分けてつけることが大切です。


5.美容液

化粧水でうるおった肌に、美容成分を届けていきます。美容液は、適切なタイミングで使用してこそ効果が発揮される化粧品です。美容液は、シミやしわ、たるみなどに作用する美容成分が凝縮された化粧品となっています。そのため、これらの成分が肌にしっかりと浸透させることが大切です。美容液を使う順番は、一般的に化粧水の後のタイミングが最適と言われてます。


6.クリーム・乳液

クリームを肌につけるタイミングは、化粧水や美容液が肌にしっかり浸透してからです。10円玉硬貨から1円玉硬貨ぐらいの大きさを手にとり、両手に広げた後、顔の中心から外側に向かって大きく円を描くようにしてのばしていきます。まずは一番乾燥しやすい頬からつけ、次に広い範囲のひたい、あごの順番に伸ばしていきます。乾燥しやすい目元や口元などは必要に応じて重ねづけしましょう。テカリが気になる鼻は、最後につけるようにするとテカリにくくなります。肌になじませてみてべたつかず、適度にうるおいを感じるのがちょうどいい使用量の目安です。



関連コンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

理想的な「立体素肌」へ。アルガン コンセントレイト ピュア

約30年、アルガンを研究し続けたメルヴィータ。アルガンの力を凝縮にしたパワフルなフェイスクリームでメリハリある理想的な「立体素肌」へ。

詳しくはこちら
毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。

詳しくはこちら
アルガンオイルが愛される理由

アルガンオイルが愛される理由

20年来愛されてきたメルヴィータのアルガンオイル。アルガンオイルの特長やメルヴィータのアルガンオイルが愛される理由とそのこだわりをご紹介します。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る