乾かない肌へ!お風呂上がりの適切なスキンケアのポイントを押さえよう

お風呂上がりは、入浴によって肌に水分が付着しているものの一気に水分が失われるタイミングでもあります。油断していると、水分の蒸発に伴って肌の乾燥は急速に進んでしまいます。お風呂上がりにこそ適切なスキンケアをして保湿する必要があるのです。ここでスキンケアの方法を身につけて、乾燥知らずのうるおい肌を目指しましょう。

お風呂上がりの肌は乾燥しやすい

お風呂上がりの肌は、とても乾燥しやすい状態です。バスルーム内の水蒸気によって肌に補給された水分は、乾燥した室内の空気に触れるとどんどん蒸発してしまいます。そのため、時間の経過とともに肌の乾燥は急激に進んでしまうのです。せっかくお風呂で十分な水分を補給された肌ですが、急激な乾燥に対して適切なケアがなされていなければ意味がありません。それどころか、急激な乾燥は肌トラブルを引き起こす原因となってしまうこともあるのです。お風呂上がりには、すぐに保湿ケアを始める必要があります。急激な乾燥が始まる前に、しっかり保湿をして乾燥を食い止めましょう。


お風呂上がりは着替えやドライヤーなどやることが多いタイミングなので、何かと保湿ケアを後回しにしがちです。だからこそ、何よりも先に保湿ケアをする習慣をつけておくことが大切です。習慣化していれば、何も考えずにサッとケアを始めることができます。できる限り早いタイミングで保湿ができれば、それだけお風呂で補給した水分を活かすことができます。バタバタしがちなお風呂上がりですが、まずはスキンケア化粧品だけでもつけることを習慣づけていきましょう。乾燥が始まる前に保湿することを心がけて、乾かない肌を目指すことが大切です。


うるおい肌を作るスキンケアとは

うるおい肌を手に入れるためには、十分な保湿ケアが欠かせません。肌の内側から水分量を増やしておかなければ、うるおい肌を目指すことができないからです。そんな保湿ケアに使うスキンケアアイテムにはさまざまな種類がありますが、使う順番もとても重要なポイントとなります。適切な順番で使ってこそ、スキンケアの保湿効果も高まります。しっかりと保湿をするために、スキンケアの順番も押さえておきましょう。スキンケアは、化粧水から始めるという人が多くいます。しかし、化粧水の前にブースターオイルを肌につけるとより高い保湿効果が見込めます。特に、お風呂上がりのタイミングで使うブースターオイルは保湿に効果的なので試してみてはいかがでしょうか。ここからは、使うべきスキンケア化粧品や実際のスキンケアの流れを具体的に紹介します。

1.ブースターオイルを肌につける

スキンケアは、化粧水から始めるのが一般的ですが、化粧水の前にブースターオイルを使用する方法もおすすめです。ここでは、ブースターオイルを使ったスキンケア方法を紹介します。新しいスキンケアの提案として参考にしてください。洗顔が終わったら、まずブースターオイルをつけます。化粧水を使う前に顔に塗り込むオイルのことをブースターオイルといい、肌を柔らかくする効果が期待できます。肌が柔らかくなると、その後に使う化粧水などのスキンケア化粧品の成分が肌に浸透しやすくなります。ブースターオイルによって、より高い保湿効果が見込めるようになるでしょう。


ブースターオイルのメリットは、化粧水などのスキンケア製品をそのまま利用できる点にあります。ブースターオイルをプラスするだけで他のアイテムは何も変える必要がないので、手軽に取り入れることが可能です。さまざまなオイルがありますが、ブースターオイルとして使うのならアルガンオイルがおすすめです。成分にこだわり、肌のためを思ってつくられたアルガンオイルは、より効率的で高い保湿効果が見込めます。ブースターオイルは、お風呂上がりのできる限り早いタイミングでつけていくことが大切なポイントです。

2.化粧水でうるおいを補給する

ブースターオイルをつけ終わったら、次に化粧水をつけます。化粧水は、肌に水分や保湿成分を届ける役割があります。うるおい肌をつくるためには、化粧水が大きなポイントになります。そこで、ブースターオイルで成分が浸透しやすくなっているうちに、化粧水で保湿をしていきましょう。化粧水は、数回に分けてつけていくと効果的です。つけるときは、化粧水を肌に押し込むイメージでやさしくつけていきます。肌の状態を整えるためにも化粧水は欠かせない手順なので、ここで丁寧にしっかりとつけていきましょう。

3.美容液やクリームをつける

化粧水のあとには、美容液をつけます。美容液は、肌トラブルが気になる場所に有効成分を補う目的で使うスキンケア製品です。そこで、顔全体につけたあとに乾燥が特に気になる場所に重ねづけをしていきましょう。美容液が終了したら、最後にクリームをつけます。油分を多く含むクリームは、ここまで使ってきたアイテムの有効成分を肌に閉じ込める役割があります。クリームに含まれる油分の膜で肌にふたをすれば、補給された水分と保湿成分は肌にとどまることができるのです。しかし、クリームを美容液の前に塗ってしまうと、せっかくの美容成分がクリームのふたにさえぎられて肌に浸透できなくなってしまいます。だからこそ、適当な手順でスキンケアをしていくことが大切といえるのです。


お風呂上がりのスキンケアでは、いかに肌の水分量を保持して乾燥を防ぐことができるかがポイントとなります。そのためには、ブースターオイルの活用がおすすめです。肌そのものを柔らかくしてくれるため、有効成分を効率的に肌内部へ届けることができるのです。急激な乾燥が始まるお風呂上がりのタイミングこそ、ブースターオイルを活用しながらしっかりと保湿ケアをしていきましょう。


適切なスキンケアで乾燥防止

スキンケア化粧品は、それぞれが違う役割を担っています。各化粧品の役割を正しく理解せずに使うと、スキンケア化粧品に込められた本来の役目や効能は発揮できません。それぞれの役割を存分に生かすためには、正しい手順で使用することが大切なポイントとなります。お風呂上がりは、肌が急激な乾燥にさらされるタイミングです。肌の大敵である乾燥を阻止するためには、スキンケア化粧品の助けが欠かせません。特に乾燥しがちなお風呂上がりには、ブースターオイルを使った保湿ケアを取り入れても効果的です。スキンケアの順番をしっかり頭に入れて、うるおいを保てるスキンケアを目指していきましょう。

おすすめコンテンツ

ボディクリームを身体に使うメリットは?適切な塗り方についても解説

湿度が低くなってくる時期は、顔だけでなく身体のほかの部位も乾燥しやすくなります。身体の乾燥が進むとかゆみや炎症、黒ずみといった肌のトラブルも出てくるようになるため、乾燥対策として身体の保湿ケアを行っている人も多いでしょう。保湿ケアのアイテムにもいろいろな種類がありますが、そのひとつであるボディクリームは、全身だけでなく肘やかかとといった乾燥しやすい部位の保湿にも使える便利なアイテムです。ここでは、ボディクリームを使用するメリットと適切な使い方について解説していきます。

続きを読む

ハンドクリームの効果や使い方は?指先までうるおいを届けよう

手や指は自分だけでなく人の目にも触れやすく、年齢もあらわれやすい部位だといわれています。また、手はシャンプーや洗顔、家事や仕事などで酷使されているだけでなく、外に出れば紫外線や乾燥にもさらされて想像以上のダメージを受けています。指先や手がカサついていたり、ささくれがあったりしては、周囲に好印象を与えることができないでしょう。だからこそ、手先のお手入れが必要なのです。手のケアで使用するアイテムといえばハンドクリームです。ここでは、ハンドクリームの効果的な使い方と適切な塗り方について解説していきます。

続きを読む

20代前半のスキンケアは保湿が大切!みずみずしい素肌を目指そう

年齢に応じて肌の水分量や油分量、新陳代謝にも違いが出てきます。20代前半の肌はうるおいやハリ、弾力もあり、少しくらい不摂生をしても肌トラブルがほとんど起こらない人も多いでしょう。しかし、20代前半は肌のターンオーバーは盛んなものの、ニキビや毛穴の悩みが起こりやすい年代です。そこで、適切なスキンケアの方法について理解し、素肌をより美しくすこやかに保つために、適切なスキンケアの方法を身につけておきましょう。今からお手入れをしておくと、30代や40代の肌にもよい影響を及ぼします。ここでは、20代前半に適したスキンケアの方法について解説していきます。

続きを読む