オイリー肌向けのスキンケアとは?保湿ケアで皮脂のバランスを整えよう

人によって肌質はさまざまです。特に、オイリー肌(脂性肌)に悩まされている人は皮脂が通常よりも多く分泌されるため、ニキビや毛穴の黒ずみ、テカリやいちご鼻などの悩みが尽きません。そんなオイリー肌のスキンケアには、コツが必要です。この記事では、オイリー肌の適切なスキンケアのポイントと、皮脂の過剰分泌を抑える方法を紹介します。

そもそもオイリー肌とはどんな肌のこと?

オイリー肌とは、何らかの原因で皮脂の分泌が過剰になっている状態の肌を指します。通常、皮脂は肌を守る役割を果たしますが、皮脂の分泌が多すぎると肌トラブルが発生しやすくなります。たとえば、ニキビは皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まってしまうことで発生するとされています。こうした肌トラブルの原因になるからこそ、オイリー肌は大きな悩みの種となるのです。また、過剰な皮脂によって肌がテカテカに光って見えることもあります。オイリー肌は、外見でもわかりやすいトラブルが多いのが特徴といえるでしょう。


なかにはインナードライ肌(乾燥性脂性肌)といって、皮脂の分泌量が多いのに肌が乾燥しているタイプの人もいます。皮脂が多いと一般的には肌がベタついている状態が想像されますが、このタイプの場合は肌の水分量が足りないことがオイリー肌の原因となっています。肌の水分量が足りなくなると、肌は乾燥してバリア機能が低下します。すると、肌はバリア機能を補うように皮脂の分泌を促します。この繰り返しが、肌の水分量が増えないまま皮脂の分泌量だけが増える原因なのです。オイリー肌でもインナードライ肌でも、どちらも肌には好ましくない環境であることは間違いないでしょう。



そもそもオイリー肌とはどんな肌のこと?

オイリー肌とは、何らかの原因で皮脂の分泌が過剰になっている状態の肌を指します。通常、皮脂は肌を守る役割を果たしますが、皮脂の分泌が多すぎると肌トラブルが発生しやすくなります。たとえば、ニキビは皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まってしまうことで発生するとされています。こうした肌トラブルの原因になるからこそ、オイリー肌は大きな悩みの種となるのです。また、過剰な皮脂によって肌がテカテカに光って見えることもあります。オイリー肌は、外見でもわかりやすいトラブルが多いのが特徴といえるでしょう。


なかにはインナードライ肌(乾燥性脂性肌)といって、皮脂の分泌量が多いのに肌が乾燥しているタイプの人もいます。皮脂が多いと一般的には肌がベタついている状態が想像されますが、このタイプの場合は肌の水分量が足りないことがオイリー肌の原因となっています。肌の水分量が足りなくなると、肌は乾燥してバリア機能が低下します。すると、肌はバリア機能を補うように皮脂の分泌を促します。この繰り返しが、肌の水分量が増えないまま皮脂の分泌量だけが増える原因なのです。オイリー肌でもインナードライ肌でも、どちらも肌には好ましくない環境であることは間違いないでしょう。

オイリー肌のスキンケアは保湿が重要

オイリー肌のスキンケアには、2つのコツがあります。まず1つ目のコツは、余計な皮脂を適度に落とすことです。過剰な皮脂や皮脂汚れはしっかり落とす必要がありますが、必要な皮脂は残すようにしましょう。そのためには、洗顔をしすぎないことが大切です。ゴシゴシこすったり何度も洗顔したりすると、必要な皮脂まで流れ落ちてしまいます。皮脂を落としすぎない洗顔を心がけるには、洗浄力の弱い洗顔料やクレンジングを選ぶといいでしょう。そして、洗顔は指の腹を使ってやさしく肌に刺激を与えないようにすると効果的です。


オイリー肌向けスキンケアの2つ目のコツは、保湿をきちんと行うことです。洗顔後の乾燥しやすい肌には、早めの保湿ケアが欠かせません。肌に潤いを補給する保湿ケアには、皮脂の過剰分泌を抑える効果が期待できます。オイリー肌だからといって保湿ケアを怠っていると、肌の乾燥が進んで余計に皮脂の分泌が増えてしまいます。オイリー肌だからこそ、しっかりとした保湿ケアが大切なのです。保湿が不十分のまま肌の乾燥が進めば、最悪の場合はインナードライ肌となってしまうため注意が必要です。


食生活や生活習慣も見直して

オイリー肌の人は、スキンケアだけでなく食生活の見直しも重要です。肌は食事から摂取した栄養によってつくられるため、栄養バランスのよい食事をとらないと健康な肌は手に入りません。特に気をつけたいのが、脂っこい食事です。脂っこく油分を多く含む食事は、オイリー肌を助長させてしまうおそれがあります。どうしても食べたい場合は、食べすぎないこと、または脂がのった魚などの食材にかえることも効果的です。そして、必要な栄養素をバランスよくしっかりと摂取できるように、健康的な食事を目指しましょう。


また、ストレスをためないことも大切なポイントです。ストレスはちょっとしたことで毎日蓄積されていきます。たとえストレスをためている自覚がなくても、知らずにたまってしまうのがストレスです。そこで、少しずつストレス解消ができるように日頃の生活習慣を見直してみましょう。趣味の時間を設けるとか、自分を甘やかすリラックスタイムをつくるとか、なんでもいいのです。たった30分ほどでもストレスは劇的に緩和されていくでしょう。さらに、睡眠をしっかりとることも欠かせません。十分な睡眠は、肌の回復やストレスの軽減という効果が見込めます。十分な睡眠時間を確保することはもちろん、質のよい眠りが可能な環境づくりも有効です。快適な室温・湿度を保ったうえで、身体を締め付けない寝衣・寝具を選んでしっかり眠れるようにしましょう。


適切なケアでオイリー肌からの脱出を

悩まされることの多いオイリー肌には、日々の生活の工夫や適切なスキンケアを行うことが重要です。オイリー肌を普通肌に近づけるためには、皮脂の分泌量を正常に戻していく必要があります。そのためには、スキンケアの見直しも大切です。適切な対策ポイントを知り、過剰な皮脂分泌の改善に役立てていきましょう。

さらに、食生活を見直すこと、ストレスをこまめに発散すること、十分な睡眠を確保することも大切なポイントです。脂っこい食事は極力避け、ホルモンバランスを正常に保てるように心がけましょう。また、快適に眠れる環境を整えることも欠かせません。こうした日々の工夫が、オイリー肌からの脱出のカギとなります。できることから始めて、健康な肌を目指しましょう。

関連コンテンツ

白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

毎年、にごりのない純白の花を咲かせる白ゆり。その白い花が持つ力を宿したブライトケアシリーズ ネクターブラン。

詳しくはこちら
毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。

詳しくはこちら
白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白ゆりオイルをはじめ、80%以上植物由来オイル成分を配合したクレンジング。メイクオフの瞬間からブライトケアをスタート。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

オイリー肌が気になる!普段のケア方法や化粧水の選び方は?

皮脂の分泌量が多いオイリー肌はべたつきやテカリ、化粧くずれなどのトラブルが起こりやすい肌質です。生まれ持った肌質というだけでなく、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れもオイリー肌を作る原因です。 スキンケアでは皮脂を取りすぎることに重点を置いていると、皮膚の乾燥をすすめます。すると、肌をうるおわせるために皮脂の分泌が活発になるのです。 たとえば、べたつきが気になるからといって化粧水を使わない、一日に何度も洗顔をしているといったケアを続けている人は注意する必要があるでしょう。
ここでは、オイリー肌の特徴や原因、適切なスキンケアのポイントについて解説していきます。

続きを読む

顔にも身体にも使える!ホホバオイル活用のすすめ

さまざまな美容オイルが販売されており、スキンケアなどに活用されています。オイルを使ったケアは注目度も高く、今後チャンレジしてみたいと考えている人も多いでしょう。しかし、オイルの種類がたくさんありすぎるため、どの種類を選ぶかで迷ってしまうのです。
オイルケア初心者に適しているのが、酸化に強く、しかも肌質を選ばないホホバオイルです。ここではホホバオイルの特徴や期待できる効果、ホホバオイルを使ったケアのやり方について紹介していきます。

続きを読む

コンディショナーとは?ほかのヘアケアアイテムとの違いと効果的な使い方

髪をケアするためのアイテムは、シャンプーのほかにもコンディショナーやリンス、トリートメントがあります。どれもシャンプーのあとに使うという認識こそあるものの、それぞれにどんな違いがあるのかはいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を紹介します。美しい髪を維持するために、より髪のためになるアイテムを使いましょう。

続きを読む