顔が乾燥してしまうのはなぜ?気になる原因と対策について

年齢を重ねるにつれて、顔のしわやシミが気になることがあります。実は、顔の乾燥はシミやしわなどの肌トラブルの原因になるため、すぐに対策することが重要なのです。乾燥を放っておくと肌トラブルが起きやすくなり、実年齢よりも老けて見られてしまうこともあります。この記事では、顔の乾燥の原因や対策方法について解説します。

顔が乾燥してしまう理由とは

皮膚が乾燥するのは、肌の水分保持力が低下するからです。日本は温暖湿潤な気候ですが、10~11月の時期を境に急激に湿度が下がります。顔は身体のなかでも特に皮膚が薄く、常に外の空気に触れているため、最も乾燥しやすい部位です。季節の変わり目に肌のトラブルを感じる人が多いのは、そうしたことが理由となっています。

湿度の低下だけでなく、肌のターンオーバーの乱れも乾燥の原因になります。ターンオーバーが乱れると、肌のバリア機能も低下するため、シミやしわなどの肌トラブルが起きやすくなると考えられています。肌が乾燥してしまう原因とその対策には、次のようなものがあげられます。詳しく見ていきましょう。

1.冬の乾燥した空気や夏のエアコン

顔が乾燥する原因として、空気が乾燥する時期や夏のエアコンが考えられます。水分は乾燥しているところへ流れていくものなので、空気中の水分が減ると肌の水分が逃げやすくなり、結果として皮膚の薄い顔が乾燥していきます。

冬になると頬がつっぱったり、口元が粉をふいたりする人が多くなるのは季節的な乾燥だといえるでしょう。また、冬場は身体が冷えて血行が悪くなることも乾燥の原因になります。血行が悪くなると皮膚に必要な皮脂を十分に分泌することが難しい場合があるからです。皮膚を保護する皮脂が減ると水分も蒸発しやすくなるため、乾燥は一層進行してしまいます。


季節性の乾燥に対しては、加湿器を利用するのもひとつの方法です。空気中の湿度を上げれば、肌から水分が蒸発するのを防げます。保湿性の高い化粧水やクリームなどで十分に保湿してあげるスキンケアも同時に行うと効果が高まるでしょう。

血行不良への対策としては、身体が温まるような運動がおすすめです。うっすらと汗をかくくらいの運動をすると皮脂の分泌が促されるといわれています。

意外かもしれませんが、冬場は水分補給にも注意しましょう。夏場は暑さから水分をとる機会が増えますが、汗をかきにくい冬場は意識しないと水分不足になってしまいがちです。トイレに行くのを億劫がって水分をとらないでいると、自分では気がつかなくても身体の内部が水分不足に陥っているかもしれません。水分が不足すると血液のめぐりも悪くなるため、乾燥も進みやすくなります。


夏のエアコンも、肌の乾燥を招く原因です。エアコンは冷房と除湿の機能をあわせ持つため、夏に室内で過ごす時間が長いと肌も乾燥しやすくなります。エアコンが効いた部屋の空気は意外に乾燥していることに配慮しましょう。夏は冬に比べて保湿ケアをおざなりにしてしまう人も多いので、季節的な乾燥であってもスキンケアを怠らないことが大切です。エアコンをつけているときはこまめに空気の入れ替えをして、湿度を調整することを心がけましょう。

2.食生活や生活習慣が原因になることも

食生活の乱れによる栄養不足やストレス、睡眠不足なども肌の乾燥の原因となることがあります。

ダイエットのために肉や魚、油分を避ける人は多いですが、肌はタンパク質でできていることを忘れてはいけません。タンパク質が不足すると肌の潤いは保ちにくくなります。野菜に含まれているビタミン類は油分といっしょに摂取すると吸収率が高まるものも多くあります。極端に油分を避けることはやめましょう。

また、ストレスも肌の乾燥の原因となります。ストレスを感じるとホルモンバランスが崩れて肌のバリア機能が衰え、水分量が減ってしまうからです。肌が敏感な人はストレスを感じると肌荒れやかゆみにつながってしまうこともあります。


肌のゴールデンタイムである22時~午前2時は睡眠をとることが推奨されているように、肌のターンオーバーは睡眠中に行われています。大人になっても睡眠中は成長ホルモンが分泌され、細胞の修復やタンパク質の合成、新陳代謝などが活発になっています。

ところが、睡眠が不足すると肌のターンオーバーが乱れて乾燥しやすくなってしまうのです。成長ホルモンが分泌されるように、しっかりと睡眠をとりましょう。また、睡眠不足はストレスの原因にもなるため、忙しくても十分な睡眠を確保するなど生活習慣の改善も乾燥肌対策には大切です。


3.間違ったスキンケアでも乾燥する

肌が乾燥してしまうのは、間違ったスキンケアも原因となります。たとえば、お湯で顔を洗うのが習慣になっている人はいないでしょうか。顔は身体のなかでも皮膚が薄い部分なので、お湯で洗ってしまうと皮脂を取りすぎてしまいます。また、お湯で洗うと水よりも水分が蒸発するのが早くなり、肌も乾燥しやすい状態になります。

顔を洗うのに適した温度は、ぬるま湯です。特に冬は温度が高めのお湯で洗ってしまいがちですが、顔の乾燥予防のためにはぬるま湯をおすすめします。そして、洗顔後の拭き取り方もポイントです。タオルを顔にやさしくあてて水分を拭き取るようにしましょう。ゴシゴシと強くこすってしまうと肌のダメージとなり、顔の乾燥やシミ、しわにつながることがあります。


原因に合った対策を考えよう

乾燥の原因によって適切な対策は異なります。すこやかで美しい肌づくりには、季節に関係なく一年中保湿を行うことが欠かせません。しっかり保湿ができてしっとりしている肌は、乾燥だけでなくシミやそばかす、たるみなどの肌トラブルもぐんと少なくなります。

トラブルのない肌は若々しく魅力的に見えます。普段の保湿ケアをしっかりと行ったうえで、原因に合った対策を試してみましょう。

関連コンテンツ

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら
つき抜けるハリ。パルプデローズ コンセントレイト セラム

つき抜けるハリ。パルプデローズ コンセントレイト セラム

瞬間!つき抜けるハリ。肌にのせた瞬間に溶けだす、従来の2倍ローズヒップ成分の配合の肌溶け美容液。

詳しくはこちら
毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る