こだわりの成分が魅力!オーガニックのクレンジングの選ぶ理由

クレンジングはどのような基準で選んでいるでしょうか。メイクの落ちやすさや、洗い上がりのすっきり感など人さまざまな基準があるでしょう。クレンジングはメイクが肌に残らないようにしっかりと落とせることも重要ですが、成分も大切にしたいものです。洗顔は毎日するものなので、どんなクレンジングを使っているかによって肌の状態が大きく変わっていくからです。オーガニックのクレンジングを選ぶ理由を探っていきたいと思います。

オーガニックのクレンジング製品とは

オーガニックのクレンジングとはオーガニック認証を取得しているクレンジング製品のことをいいます。オーガニック認証とは、国や団体によって異なりますが、各認証機関から有機農法で栽培された作物やその加工品に与えられる認証のことです。

日本には化粧品のオーガニック認証基準が存在しませんが、海外の認証機関によるオーガニック認証には厳格な基準があります。ヨーロッパではオーガニックは特別なものではありません。オーガニック認証を受けるためには、どのくらい環境に配慮した製造方法をとっているのかも重要なポイントです。オーガニック認証を受けたクレンジング製品は、環境に負担をかけずに丁寧な暮らしにもつながる信頼度が高い製品といえるでしょう。

ただし、日本にはオーガニックコスメの統一基準がありません。オーガニックコスメと表示するかどうかは、メーカーや販売会社の判断に委ねられている部分があります。オーガニックコスメの選択は消費者の責任で行うことになるので、できるだけ全成分をチェックするようにしましょう。

オーガニッククレンジングのメリット

自分自身を美しくするだけでなく自然も美しくできるというのが、オーガニックコスメ全般に通じるコンセプトです。本当に美しい人は外見だけでなく、ライフスタイルも美しいものです。オーガニックのクレンジング製品を使うとどのようなメリットがあるのか、以下で詳しく見ていきましょう。

環境に配慮して作られている

1つ目のメリットは、オーガニックコスメを使うことは環境保全につながるということです。オーガニック認証を受けた製品は土壌から実際に製品ができるまでの製品の製造工程について、環境や生物への負荷を最少に抑えることを考えてつくられています。オーガニックという言葉は広く知られるようになっていますが、なぜこうした考え方が生まれたのでしょうか。オーガニックコスメが生まれた背景を見ていきましょう。


一般的な化粧品の多くには石油由来の成分が配合されています。石油からつくられた化粧品が普及し始めたのは、20世紀になってアメリカで油田が発掘されてからのことです。1920~1930年にかけてアメリカのハリウッドで映画用に石油を原料とするメイク用品がつくられるようになったことが始まりと言われています。

石油を原料とした化粧品は、安価で保存期間が長く安定した品質のものであったため、大量生産が可能となったことが普及を後押しする大きな要因だったのです。ところが、石油を原料とした製品は次第に多くの環境問題を引き起こすことがわかってきました。化学物質でできたコスメを使い続けると、人によっては肌の赤みや腫れなどのトラブルが起きることが広く認知されるにつれて、昔ながらの自然派化粧品が見直される動きが出てきたのです。


オーガニックコスメは世界の伝統的な自然療法を取り入れた安全性の高い自然由来の成分を使った化粧品のことです。しかし、安全性を追求するユーザーは化粧品が自然由来の成分からつくられたことだけでなく、その植物がオーガニック栽培されたものであることを求めるようになりました。とりわけ、世界のなかでもいち早く環境問題が始まったドイツでは、こうした動きも数多く生まれました。次第に原料は石油から、オーガニック栽培されたハーブへと変わっていったのです。


オーガニックコスメブランドには、動物実験をしないことをモットーとしているところも多くあります。またパッケージや使用後の容器のリサイクルに取り組んでいるところも少なくありません。オーガニックコスメのメーカーはビジネスで経済活動をするだけでなく、社会貢献に取り組んでいるところも多いので、オーガニックコスメを選ぶことは間接的に社会貢献にもつながるといえるでしょう。

成分にこだわって作っている

2つ目のメリットとして、オーガニックコスメは成分にこだわってつくられているものが多いことがあげられます。オーガニックコスメは人の肌に本来備わっている力を活かしながらケアできるのが特徴です。身体本来の自然な状態を手に入れたい人に向いています。


肌にやさしい化粧品ということなら、無添加や自然派化粧品といったものもありますが、これらはオーガニックコスメとどのような違いがあるのでしょうか。無添加化粧品とは、厚生労働省が指定したアレルギーの危険性のある成分を入れずにつくられた製品のことを指します。指定成分は102種類あり、そのなかには防腐剤として一般的な化粧品に使用されているパラベンなども含まれています。しかし、肌トラブルを起こしやすい石油由来の成分は指定成分以外にも多数あるというのが実態です。つまり、無添加化粧品だからといって肌トラブルが起こらないわけではないのです。


一方、自然派化粧品は植物から抽出した成分を中心につくられた化粧品のことを指します。自然派と表示されていても、肌トラブルを起こしやすい成分がたくさん入っていたり、石油由来の合成物質が入っていたりすることは珍しくありません。その点、オーガニックコスメなら昔から使用されている自然由来の成分が使われています。自然由来の成分であってもごくまれにトラブルが起こってしまうこともあります。自然のエキスは構造が複雑で科学で解明できていないものもあり、また人によってあう、あわないが存在するからです。肌の敏感な人は、トライアルセットで試してみたり、パッチテストを行ったりしてから使うようにすると安心です。

品質にこだわりのある人におすすめ

オーガニックコスメのなかでもオーガニック認証を受けたオーガニック製品は、一定の品質基準をクリアしていることが証明されている製品です。日々の習慣が明日のきれいをつくります。

クレンジングは毎日使うからこそ、製法や成分にこだわったオーガニックのものがおすすめです。自分が信頼できる機関が認証したブランドやアイテムを見つけて、オーガニックコスメを使ったスキンケアを楽しみましょう。

関連コンテンツ

白ゆりオイルをはじめ、80%以上植物由来オイル成分を配合したクレンジング。メイクオフの瞬間からブライトケアをスタート。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る