軽めのテクスチャが使いやすい!ボディミルクのメリットや使い方

いつもお風呂上がりは何をつけてケアをしているでしょうか。ボディローション、クリームなどさまざまなアイテムがありますが、この記事ではボディミルクを詳しく紹介します。ボディミルクはボディ用の保湿アイテムのなかでも、水分が多く軽い使用感が特徴です。ボディミルクはどんな人に向いているのか、ボディミルクの特徴や基本的な使い方とともに見ていきましょう。

ボディの保湿が必要な理由とは

20~30代の女性を対象に行ったとあるアンケート調査によると、毎日ボディケアをしている人は4割未満という結果になりました。6割以上の女性が日々のボディケアを怠っているという事実が判明したのです。

顔は毎日メイクをしたり洗顔後にスキンケアをしたりしているのに、ボディにはあまり意識が向けられていないようです。しかし、当然のことながら保湿ケアは顔だけでなく身体にも必要です。肌が乾燥するとかさつきやかゆみなどのトラブルの原因になりますし、手入れが行き届いていない肌はそう遠くないうちに年齢を感じるようになってしまうでしょう。


ボディケアアイテムは油分や水分の量によっていくつかの種類に分けられます。ローション、ミルク、クリームバターオイルの順に油分は多くなっていきます。それぞれテクスチャが異なるため、季節や肌の状態によって使い分けをするとよいでしょう。

最も軽いテクスチャのボディローションは、水のような質感が特徴です。ほとんど油分が入っていないので、保湿効果はあまり期待できません。背中やデコルテなど皮脂が多く分泌される部位や、春夏はローションだけでも大丈夫ですが、湿度が低く肌が乾燥しやすい秋から冬はローションだけで済ませてしまうのはおすすめしません。秋冬はクリームの前の下地として使うとよいでしょう。ボディにも下地のケアをしてあげると、ぐんと保湿力が高まります。

ボディミルクは軽めの使用感が特徴

ボディミルクはボディ用の乳液です。ローションとは異なり油分を含みますが、クリームよりも水分量は多くなっています。伸びがよく、軽いテクスチャが特徴です。クリームやオイルよりも油分が少ないので、背中や胸、デコルテなど皮脂の多いところの保湿ケアに向いています。

使い心地のよいボディミルクですが、乾燥しやすい人は保湿の持続力に物足りなさを感じてしまうかもしれません。肌の乾燥が気になる人は保湿成分がたっぷりと入ったボディミルクを選んでみましょう。さらに、冬場はボディミルクを塗ってからクリームを重ねづけするようにすると、しっかり保湿できます。

ボディミルクはさらっとした使い心地なので、お出かけ前やベタつきが気になる夏場でも使いやすいのがメリットです。ベタつきがあるとかゆみを感じる人や、簡単に塗ることができるタイプのものを探している人にもおすすめできます。

ボディミルクの基本の使い方

ボディミルクは基本的にどのタイミングで使っても大丈夫です。日中、就寝前など乾燥が気になったら、サッとケアしてあげましょう。特におすすめなのは、お風呂上がりのタイミングです。お風呂上がりは肌が柔らかく濡れている状態なので、ボディケアの効果も感じやすくなっているからです。

肌はお風呂から上がった瞬間からどんどん乾燥していきます。お風呂から上がったらすぐタオルでやさしく水分を拭き取り、ほんのり濡れている肌にそのままボディミルクをなじませていきます。水分と混ざるとボディミルクが乳化されるので簡単に塗り広げていくことができます。

ボディミルクは肌に摩擦を与えないように、量をたっぷりと使うのがポイントです。多くつけすぎてベタつきが気になるときは、タオルやティッシュなどでそっと押し当てるようにして拭き取りましょう。

保湿しながら香りも楽しめる

ボディミルクにはたくさんの種類があるため、どのように選んだらよいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。ボディミルクは保湿ケアをしながら香りも楽しめるものが多く発売されています。ボディケアをしながらリラックスもしたいという人は、香水代わりにつけるのもおすすめです。フローラル系や柑橘系、ラベンダーなどさまざまな香りのボディミルクがあります。自然由来の香料を使っているオーガニック系のボディミルクなら、香りもやさしいのできつい香りが苦手な人でも使いやすいでしょう。


選び方は、香りを大事にしたいのか、保湿力を重視するのかによっても変わります。そのほかのポイントとしては、たっぷりと贅沢に使える大容量のものを選ぶのか、またはしっとり系かサラサラ系など、どんなテクスチャが自分の好みに合うのかなどを基準に選ぶとよいでしょう。

テクスチャは外出前の朝ならベタつきにくいサラサラとしたタイプ、就寝前の夜ならしっかりとうるおいをキープしてくれるしっとりタイプを選ぶ人が多い傾向にあります。どんなシーンで使うかによってボディミルクの選び方も変わるため、シーン別にいくつか持っておくのもよいかもしれません。

ボディミルクでなめらかな肌を目指そう

すこやかで美しい肌をつくるためには、乾燥が気になる時期だけでなく一年中保湿ケアをしていくことが大切です。ボディミルクはクリームよりも軽いテクスチャのものが多いので使いやすく、ローションよりもしっかりとした保湿力が魅力です。

ボディミルクを使った身体の保湿ケアを取り入れて、全身すべすべの状態を目指しましょう。好きな香りのアイテムを見つけて、ボディケアの時間をリラックスタイムにしてみるのもおすすめです。

おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る