乾燥肌の人におすすめの美容液とは?保湿成分重視で選ぶのがポイント

保湿成分や美容成分が配合された美容液は肌をすこやかに保ち、肌悩みの改善をサポートしてくれるスキンケアアイテムです。美容液にもたくさんの種類があり、製品によって配合されている美容成分の種類や量も異なります。美容液の効果を実感するためには、自分の肌質や肌悩みに合わせたアイテムを選ぶことが大切です。ここでは、乾燥肌の人向けの美容液やおすすめの使い方について紹介していきます。

肌悩みの集中ケアには美容液を

一般的に、保湿やアンチエイジングなどに働きかける美容成分をたっぷりと配合したスキンケアアイテムのことを美容液と呼びます。化粧水乳液、クリームといったシンプルなスキンケアだけでは物足りないとき、または肌トラブルの改善が見られないときなどに使用するのが基本的な使い方です。

美容液に配合する成分やその種類、量などに関しては特に明確な決まりがありませんが、特定の肌トラブルに働きかける製品が多く販売されています。美容液は顔全体に使用するだけでなく、気になる部分の集中ケアに使うことで肌悩みの改善をサポートしてくれます。美容液を上手に取り入れることで、効率よくスキンケアが行えるようになるでしょう。


美容液はうるおいと美容成分を肌の奥にまで届けるという役割があるため、目的に合わせて美容液を選ぶことが大切です。たとえば「乾燥小じわを目立たなくしたい」「肌を乾燥から守りたい」という明確な目的があるときは、それぞれの目的に合った改善効果が期待できる美容液を選んで使いましょう。

美容液によってオイル・ジェル・クリームといったように質感やかたさ、形状もさまざまです。また、美容液は数日の使用で肌の変化を実感できるのではなく、毎日継続して使うことで次第に効果が見られるようになってきます。続けて使用するためには、使いやすさや肌なじみ、価格などを考慮して選ぶと、自分に合った美容液が見つかりやすくなります。

乾燥肌の人にも美容液はおすすめ

しっかり保湿ケアをしていても肌が乾燥している人は、保湿不足の可能性が考えられます。加齢や誤ったスキンケア、生活習慣や環境などが原因となって、肌の乾燥はすすみやすくなります。

乾燥した肌は油分と水分が不足している状態なので、肌を外部刺激から守るバリア機能も低下しています。バリア機能が低下することは、外部刺激による影響を受けやすくなるだけではありません。小じわやくすみ、大人ニキビといったさまざまな肌トラブルが引き起こされます。肌の乾燥をそのまま放置しておくと、角質がはがれて粉をふいたりカサつきが悪化したりするため、ひと目で肌が乾燥していることがわかるようになります。さらには、外部刺激を少し受けただけでもヒリヒリやかゆみが起こる乾燥性敏感肌になることもあります。肌の乾燥が悪化する前に、早めの乾燥対策を心がけましょう。

そこで、保湿効果の高い美容液を肌の乾燥対策に使ってみるのもひとつの方法です。美容液によって配合されている美容成分は異なりますが、乾燥肌で悩む人は保湿効果の高い美容液を選ぶといいでしょう。

化粧水クリーム、乳液にも肌を保湿してくれる成分が含まれているものの、肌質や乾燥度合いによっては肌を十分に潤すことが難しい場合があります。普段のスキンケアに保湿成分を含む美容液を加えることで、さらに集中して保湿成分を補給できるようになります。重度の乾燥肌は、保湿ケアをしっかり行っても改善に時間がかかってしまいます。美容液による集中保湿ケアを取り入れることで、より早い改善が期待できるようになるでしょう。



乾燥肌対策なら保湿成分に注目して

乾燥肌の人が美容液を選ぶときは、保湿力を重視しましょう。高い保湿力が期待できる美容液を使うことで、乾燥した肌の保湿効果も高まるからです。美容液で使われている保湿成分といえば、ヒアルロン酸やコラーゲン、グリセリンなどがよく知られています。なかには、化粧品メーカーが独自で開発した保湿成分を配合した美容液もあります。美容液を購入するときは、どのような保湿成分が使われているのかをしっかり調べておきましょう。


保湿成分の種類だけでなく、配合量もチェックポイントのひとつです。肌にうるおいを与える成分が配合されていても、配合量が少量であると十分な保湿効果が期待できなくなるからです。配合量については美容液を販売しているメーカーの公式サイトなどでも調べられますが、美容液のパッケージに書かれてある成分表示をチェックするとわかりやすいでしょう。

化粧品の成分表は、配合量の多い順番に記載することが法律で定められています。保湿成分が表示の最初のほうに書かれてある美容液は、保湿成分を多く含んでいるという意味になります。保湿成分がたっぷり配合された美容液を使うことで、肌への保湿効果をさらに高めることができるでしょう。


美容液の効果を実感しやすくするためには、使うタイミングや使い方を意識することも大切です。一般的に、美容液はクレンジングや洗顔で肌を清潔にしてから、化粧水をつけたあとに使用します。化粧水で肌が潤っていると美容液の浸透力がアップしますので、化粧水で肌にたっぷりと潤いを与えたらハンドプレスで潤いを閉じ込めましょう。美容液をなじませるときは重ねづけするのがポイントです。

まず、適量の半分を手にとったら手のひらで軽く温めてから顔全体になじませます。さらに、適量の半分を手にとって特に乾燥が気になる部分になじませましょう。仕上げにハンドプレスをして、全体がもっちりとしてきたら肌が潤ったサインです。

さらに化粧水や美容液の浸透をアップさせたいときは、ブースターオイルを使用するのもおすすめです。乾燥すると肌がかたくなり、化粧水や美容液が浸透しづらくなります。アルガンオイルなどのブースターオイルをスキンケアの最初になじませることで、かたくなった肌を柔らかくして化粧水や美容液の浸透を助けてくれます。天然のオーガニック成分を使ったブースターオイルなら、乾燥してバリア機能が低下した肌への負担も少なくできるでしょう。

スキンケアで乾燥肌を改善しよう

乾燥肌の原因は湿度の低下やエアコンといった環境要因だけでなく、誤ったスキンケアが原因で起こることもあります。肌の乾燥はさまざまな肌トラブルを引き起こす原因になってしまいますので、早めの乾燥対策が必要です。

保湿成分をたっぷりと含む美容液で集中的に保湿ケアを行い、気になる肌の乾燥を改善していきましょう。

関連コンテンツ

ハリ肌へ導くバイタルケア。ネクターシュプレーム

ハリ肌へ導くバイタルケア。ネクターシュプレーム

エネルギーに満ちた『クニフォフィア』の蜜を配合し、ハリめく肌へブーストするメルヴィータ最高峰のバイタルケアシリーズ。

詳しくはこちら
締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

締めの一滴で、ハリ。アルガンオイルの美容液

数十億個の美容成分を配合した『アルガンピュア コンセントレイト セラム』。スキンケアの最後に1滴。すーと肌に浸透し、驚くほどのハリ感をもたらす、オイル美容液です。

詳しくはこちら
つき抜けるハリ。パルプデローズ コンセントレイト セラム

つき抜けるハリ。パルプデローズ コンセントレイト セラム

瞬間!つき抜けるハリ。肌にのせた瞬間に溶けだす、従来の2倍ローズヒップ成分の配合の肌溶け美容液。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

オイリー肌が気になる!普段のケア方法や化粧水の選び方は?

皮脂の分泌量が多いオイリー肌はべたつきやテカリ、化粧くずれなどのトラブルが起こりやすい肌質です。生まれ持った肌質というだけでなく、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れもオイリー肌を作る原因です。 スキンケアでは皮脂を取りすぎることに重点を置いていると、皮膚の乾燥をすすめます。すると、肌をうるおわせるために皮脂の分泌が活発になるのです。 たとえば、べたつきが気になるからといって化粧水を使わない、一日に何度も洗顔をしているといったケアを続けている人は注意する必要があるでしょう。
ここでは、オイリー肌の特徴や原因、適切なスキンケアのポイントについて解説していきます。

続きを読む

顔にも身体にも使える!ホホバオイル活用のすすめ

さまざまな美容オイルが販売されており、スキンケアなどに活用されています。オイルを使ったケアは注目度も高く、今後チャンレジしてみたいと考えている人も多いでしょう。しかし、オイルの種類がたくさんありすぎるため、どの種類を選ぶかで迷ってしまうのです。
オイルケア初心者に適しているのが、酸化に強く、しかも肌質を選ばないホホバオイルです。ここではホホバオイルの特徴や期待できる効果、ホホバオイルを使ったケアのやり方について紹介していきます。

続きを読む

コンディショナーとは?ほかのヘアケアアイテムとの違いと効果的な使い方

髪をケアするためのアイテムは、シャンプーのほかにもコンディショナーやリンス、トリートメントがあります。どれもシャンプーのあとに使うという認識こそあるものの、それぞれにどんな違いがあるのかはいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を紹介します。美しい髪を維持するために、より髪のためになるアイテムを使いましょう。

続きを読む