20代前半のスキンケアは保湿が大切!みずみずしい素肌を目指そう

年齢に応じて肌の水分量や油分量、新陳代謝にも違いが出てきます。20代前半の肌はうるおいやハリ、弾力もあり、少しくらい不摂生をしても肌トラブルがほとんど起こらない人も多いでしょう。しかし、20代前半は肌のターンオーバーは盛んなものの、ニキビや毛穴の悩みが起こりやすい年代です。そこで、適切なスキンケアの方法について理解し、素肌をより美しくすこやかに保つために、適切なスキンケアの方法を身につけておきましょう。今からお手入れをしておくと、30代や40代の肌にもよい影響を及ぼします。ここでは、20代前半に適したスキンケアの方法について解説していきます。

油分が多め!20代前半の肌の特徴について

20代前半の肌は水分量も多く潤っているのですが、油分も多いのが特徴です。皮脂の分泌も盛んな年代であり、ニキビや毛穴に悩む人が多い傾向が見られます。ニキビは、皮脂の過剰分泌だけが原因で起こるわけではありません。20代前半は就職などで人生の大きな変化を迎える時期です。そのため、環境の変化や人間関係、仕事といったストレスが重なり、ホルモンバランスが乱れたり、皮脂の分泌量が増えたりする人が多くなります。ストレスは皮脂の分泌バランスを崩す要因となり、それがニキビを発生させてしまうのです。大人ニキビは皮脂の過剰分泌だけでなくさまざまな要因が重なって発症するため、なかなか治りにくいともいわれています。


20代前半は、まだ若いという理由で仕事や遊びによる夜更かしをしたり、暴飲暴食をしたりして生活習慣が乱れがちになります。日ごろの不摂生が重なり、肌トラブルが起こるケースも少なくありません。また、睡眠不足が続くと血行が悪くなり、肌のくすみも目立つようになります。20代前半の肌はターンオーバーも盛んなため、基本的にはシンプルなお手入れで美肌をキープできるものです。

しかし、誤ったケア方法や生活習慣の乱れなどが原因で肌が乾燥してしまうと、シミやニキビ、くすみといった肌トラブルが目立ちやすくなります。そこで、20代前半のスキンケアでは保湿をしっかり行うことが重要なポイントとなります。


20代前半の人のスキンケアのコツ

年齢によって肌の状態や特徴は変化していきます。それぞれの肌に合ったスキンケア製品やケア方法を知ることが、美肌づくりにつながっていくのです。

20代前半の肌は油分も水分量も比較的多めなため、油分が少なめで保湿成分が配合されているスキンケア製品を選ぶようにしましょう。油分の多いスキンケア製品を使ってしまうと、皮脂腺の働きをさらに活発にしてしまって吹き出物ができやすくなってしまうからです。

また、20代前半の肌は水分量も十分あるものですが、肌の乾燥を防ぐためには保湿成分が欠かせません。肌が乾燥してしまうと皮脂の過剰分泌が起こりやすく、バリア機能も低下するようになります。それがニキビなどのさまざまな肌トラブルを引き起こす原因になりますので、しっかりと保湿ケアを行う必要があるでしょう。適切な保湿ケアが肌の水分と油分のバランスを整え、肌をすこやかに保つのをサポートしてくれます。


スキンケアのやり方にもいくつかの注意点があります。朝まで飲んだり夜更かしをしたりしたときでもメイクはきちんと落としましょう。残ったメイクが肌トラブルを引き起こしてしまうからです。

クレンジングや洗顔時のポイントは、こすらずやさしく洗うことです。手でゴシゴシと肌をこすってしまうと、肌に大きな負担がかかり乾燥しやすくなります。また、クレンジングと洗顔のときに使うお湯の温度は、ぬるま湯(36〜38度)が最適です。使用するスキンケア製品は適量を守って使うようにしましょう。

使用量が不足すると、化粧品の持つ効果を実感しにくくなるからです。特に、目もとや口もとは乾燥しやすい部分ですので、ハンドプレスしながらなじませていくと、より効果を実感できます。ハンドプレスするときは強く肌を叩いてしまうと肌に大きな負担になってしまうため、やさしく押し込むようにハンドプレスするのがコツです。


シンプルケアにはブースターオイルを

一般的なスキンケアでは、洗顔後に化粧水、その後美容液乳液、クリームの順番に塗っていきます。適度な水分量と油分を持つ20代前半の肌は、化粧水と乳液もしくはクリームといったシンプルケアでも十分美しい肌を保てるでしょう。

しかし、気をつけなければいけないのが肌の乾燥です。油分が足りていても肌の水分が不足してしまうと皮脂の過剰分泌を引き起こし、ニキビもできやすくなります。さらには、シミやくすみ、小じわといったさまざまな肌トラブルの原因にもなりかねません。そこで、乾燥対策として効果的なブースターオイルの出番です。


肌の乾燥を防ぐためには、保湿成分が配合されているスキンケア製品を使用するのが基本です。しかし、乾燥が進みかけている肌はかたくなっていて化粧水などの浸透を妨げてしまいます。

化粧水をつける前にブースターオイルを1~3滴顔に伸ばしておくことで、肌に適度な潤いが与えられ、肌が柔らかくなります。そのため、あとにつける化粧水の浸透率もアップします。化粧水などの潤いを抱え込むブースターの役割を担うことで肌から潤いが逃げないようにしてくれるため、乾燥対策にもつながるでしょう。


ブースターオイルに適したものにはいくつかありますが、肌なじみのよさと栄養の豊富さを考慮するとアルガンオイルがおすすめです。アルガンオイルとは、高い保水力に優れたアルガンの実から圧搾されたオイルのことです。

高い保水力を持つのが特徴であり、肌にうるおいを与え水分を保持してくれます。また、アルガンオイルにはオレイン酸やリノール酸、各種ビタミンが豊富に含まれていますので美肌づくりにも一役買ってくれるでしょう。オイルと聞くとベタつく、水分をはじくイメージがありますが、親水性が高いので肌にスーッとなじみ化粧水の浸透を邪魔しません。それどころか、スキンケア製品の浸透を高めてくれるためシンプルなスキンケアでも効果を実感しやすくなります。

しかも、アルガンオイルは酸化に強いので適切に扱えば長期保存も可能です。また、ボディケア・ヘアケアなど全身のケアにも使えるアイテムのため、1本持っていると何かと重宝するでしょう。

適切なケアできれいの土台を作ろう

20代前半はまだ若いことから生活習慣が乱れがちになり、適切なスキンケアができていないことも多いでしょう。しかし、20代前半のうちから自分の肌に合ったスキンケア製品で丁寧なお手入れを心がければ、さらに年齢を重ねたときにもきれいな素肌を維持しやすくなります。

若いからといって安心せずに、この年代から適切なスキンケアを行って年齢に負けないきれいの土台を作りましょう。

関連コンテンツ

白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

毎年、にごりのない純白の花を咲かせる白ゆり。その白い花が持つ力を宿したブライトケアシリーズ ネクターブラン。

詳しくはこちら
白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白ゆりオイルをはじめ、80%以上植物由来オイル成分を配合したクレンジング。メイクオフの瞬間からブライトケアをスタート。

詳しくはこちら
毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る