ボディクリームを身体に使うメリットは?適切な塗り方についても解説

湿度が低くなってくる時期は、顔だけでなく身体のほかの部位も乾燥しやすくなります。身体の乾燥が進むとかゆみや炎症、黒ずみといった肌のトラブルも出てくるようになるため、乾燥対策として身体の保湿ケアを行っている人も多いでしょう。保湿ケアのアイテムにもいろいろな種類がありますが、そのひとつであるボディクリームは、全身だけでなく肘やかかとといった乾燥しやすい部位の保湿にも使える便利なアイテムです。ここでは、ボディクリームを使用するメリットと適切な使い方について解説していきます。

そもそもボディクリームとは

身体を保湿する主なアイテムにはボディクリームだけでなく、ボディローションやボディミルクボディオイルなどいくつかの製品があります。それぞれの製品の大きな違いは、油分と水分の配合量です。

そのため、肌の乾燥度合いや季節に合わせて保湿アイテムを使い分ける必要があります。乾燥していないのに油分の豊富なボディオイルを使うとベタつきが気になるかもしれません。逆に乾燥肌にボディローションのみを使うと保湿が不十分といったことが起こります。


ボディクリームはボディ専用の保湿クリームであり、オイルやワセリンを主成分としています。油分の量はローションやミルクよりも多く、固めの質感が特徴です。数ある保湿アイテムのなかでも保湿力が高めですので、乾燥肌や乾燥がひどい季節に使用するのに適しています。

また、肘や膝、かかとは特に乾燥してガサガサになったり、黒ずんだりしやすい部位です。乾燥がひどい部分には、ボディクリームを重ねづけするかラップでパックするなどして集中ケアを行うとよいでしょう。


ボディクリームの主な使用用途は保湿効果ですが、引き締め効果や香りによるリラックス効果を持ち合わせている製品も販売されています。保湿以外の効能にも注目してみると、いろいろな製品が見つかります。

ボディクリームを使うメリット

ボディクリームの最大のメリットは保湿力の高さです。身体の皮膚は、一般に考えられている以上に乾燥しやすい状況に置かれています。

常に下着や衣服による摩擦によって水分や油分を奪われやすく、空気が乾燥する時期はさらに皮膚の乾燥も進みやすくなります。しかも、全身の保湿となると範囲が広くなるため、十分な保湿対策ができていない場合が少なくありません。

身体の乾燥をそのまま放置しておくと、皮膚がカサつくようになるだけではありません。皮膚のバリア機能も低下するため、ちょっとした刺激を受けただけでもかゆみがあらわれやすくなります。


油分をほどよく含むボディクリームは、肌に適度なうるおいを与えてくれます。また、保湿効果によってバリア機能をサポートし、トラブルの起こりにくいすこやかな肌を保護する働きも期待できます。ボディクリームの油分が肌に膜をつくり、肌が本来持つ水分の蒸発を防ぐことで乾燥させない役割も担っているのです。

さらに、マッサージクリームとしても使えるため、デトックスやリフレッシュにも活用できるでしょう。腕や脚などは疲れがたまりやすい部位ですので、お風呂上がりに集中してマッサージすると効果的です。ボディクリームを伸ばすように塗ったあとにマッサージをすることで血行がよくなり、疲れもとれやすくなるだけでなく、むくみ対策にも効果を発揮してくれます。

ボディクリームの適切な塗り方

ボディクリームの保湿効果を実感するためには、ボディクリームを塗るタイミングと塗り方が重要なポイントになってきます。まず、ボディクリームを塗るベストタイミングはお風呂上がりです。なぜなら、入浴後が一日でもっとも肌が乾燥しやすいからです。

入浴中は湯船に入ったりシャワーを浴びたりしますが、お湯の温かさで毛穴が開き肌の潤いがいっしょに流れ出てしまいます。また、入浴後も肌に残った水滴とともに肌が保持している潤いまでもが蒸発してしまい、急速なスピードで乾燥が進むのです。

身体の乾燥を悪化させないためにはスピーディな保湿ケアが欠かせません。そこで、お風呂から上がったらすぐに塗れるように、お風呂場や脱衣所にボディクリームを用意しておきましょう。お風呂上がりは水気を軽く拭き取り、まだ水滴が多少残っている状態の肌にボディクリームを伸ばしていきます。

ボディクリームは成分によっては少し固いため、多少の水分が残っていたほうが肌への伸びもよく、なじみやすいのです。ボディクリームを塗るときは、両手の体温で少し温めてから塗るとさらに伸びがよくなるでしょう。また、一度で身体全体を塗るのではなく、パーツごとに分けて塗ったほうが塗り残しや塗りムラを防げます。

塗る量は脚や腕などの広範囲のパーツは500円玉大、デコルテなどの範囲が狭いパーツは100円玉大が目安です。特に乾燥している部分は、一度に大量に塗るのではなく少量ずつ重ねて塗るようにしましょう。


ボディクリームを使うときの注意点

上手に使うことで身体の保湿ケアに効果的なボディクリームですが、使い方を誤ってしまうと思わぬトラブルが起きかねません。ボディクリームはあくまでもボディを保湿するためのアイテムですので、顔への使用にはおすすめできません。肌が乾燥する季節は身体だけでなく顔も乾燥しますので、全身の保湿が必要になります。

高い保湿効果を期待して顔にもボディクリームを使いたくなるかもしれませんが、身体の皮膚と顔の皮膚では肌質が異なります。顔の皮膚は脚や腕といった部位の皮膚よりも薄いだけでなく、毛穴も皮脂の分泌量も多いのです。顔の皮膚のほうが身体の皮膚よりも繊細な構造であるため、肌のトラブルが起こりやすいといえるでしょう。


ボディクリームは身体の皮膚を保湿する目的で開発されていますので、配合されている成分によっては顔に使うと刺激が強すぎてしまいます。たとえば、吹き出物ができやすい肌質の人が油分の多いボディクリームを使ってしまうと、ニキビを悪化させる可能性を高めてしまうかもしれません。

クリームは顔用やボディ用といったように、使う部位によって異なる製品がほとんどです。というのも、部位ごとに配合されている成分が変わるからです。クリームを部位ごとに使い分けることで、クリームの効果を実感しやすくなりますし、肌トラブルの防止にもつながります。

ボディクリームで全身にうるおいを

肌の乾燥は、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因になります。顔だけでなく身体の皮膚でも乾燥によるトラブルは起きますので、身体の保湿ケアも重要になってきます。

ボディクリームを使った身体のお手入れを習慣化して、全身を乾燥から守りましょう。身体の保湿ケアが、すこやかな肌をキープすることにもつながっていきます。

関連コンテンツ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

ピンクペッパーで肌引き締めケアを効果的にサポートするロルロゼ シリーズ。『#ピンクのオイル』で話題のオイルと、洗いながらマッサージできるウォッシュスクラブで、美肌ボディへ。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

オイリー肌が気になる!普段のケア方法や化粧水の選び方は?

皮脂の分泌量が多いオイリー肌はべたつきやテカリ、化粧くずれなどのトラブルが起こりやすい肌質です。生まれ持った肌質というだけでなく、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れもオイリー肌を作る原因です。 スキンケアでは皮脂を取りすぎることに重点を置いていると、皮膚の乾燥をすすめます。すると、肌をうるおわせるために皮脂の分泌が活発になるのです。 たとえば、べたつきが気になるからといって化粧水を使わない、一日に何度も洗顔をしているといったケアを続けている人は注意する必要があるでしょう。
ここでは、オイリー肌の特徴や原因、適切なスキンケアのポイントについて解説していきます。

続きを読む

顔にも身体にも使える!ホホバオイル活用のすすめ

さまざまな美容オイルが販売されており、スキンケアなどに活用されています。オイルを使ったケアは注目度も高く、今後チャンレジしてみたいと考えている人も多いでしょう。しかし、オイルの種類がたくさんありすぎるため、どの種類を選ぶかで迷ってしまうのです。
オイルケア初心者に適しているのが、酸化に強く、しかも肌質を選ばないホホバオイルです。ここではホホバオイルの特徴や期待できる効果、ホホバオイルを使ったケアのやり方について紹介していきます。

続きを読む

コンディショナーとは?ほかのヘアケアアイテムとの違いと効果的な使い方

髪をケアするためのアイテムは、シャンプーのほかにもコンディショナーやリンス、トリートメントがあります。どれもシャンプーのあとに使うという認識こそあるものの、それぞれにどんな違いがあるのかはいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を紹介します。美しい髪を維持するために、より髪のためになるアイテムを使いましょう。

続きを読む