夏のスキンケアこそ保湿が大切!適切なケアで肌トラブルを予防しよう

季節によって変わるのは、気候や服装だけではありません。外気の状態や湿度が大きく変わる季節は、肌の状態も大きく変わっていくものです。そのため、一年を通して同じスキンケアではなく、季節に合わせてスキンケアの方法を変えていく必要があります。ここでは、夏に合わせたスキンケアの方法を紹介します。

夏の肌は意外と乾燥しがち?

肌が乾燥しやすい季節といえば、冬を連想しがちです。冬は空気が乾燥しているうえに寒いので、肌の乾燥が特に目立つ季節といえます。それに対して、夏は汗をかく機会がとても多く湿度も高い季節です。夏特有の気候により肌はベタつきがちになっています。

ベタつきの原因は汗や皮脂なので、肌がベタつくと汗や皮脂を落とそうとして拭き取ることになりますが、必要以上に拭き取ってしまうことが多いのです。汗によって肌の水分量は失われ、皮脂もどんどん拭き取られてしまうので、夏の肌は乾燥しがちになっているのです。室内ではエアコンの除湿機能などの影響もプラスされ、さらに乾燥しやすい状態となります。肌にとって過酷な環境となる夏は、より念入りにスキンケアをしなければならない季節といえるでしょう。


しかし、湿度が高い夏はまさか自分の肌が乾燥しているとは考えていない人が多いものです。外気の湿度や汗などによって、肌が潤っていると感じてしまうケースが多いのです。この間違った思い込みは、肌の乾燥が進む原因のひとつとなります。

乾燥していることを知らずにいると、どうしても保湿ケアを怠ってしまいがちです。すると、肌の乾燥は助長されてしまい、肌トラブルを起こしてしまうことも少なくありません。乾燥した肌は、バリア機能が弱まり肌トラブルを起こしやすい状態です。いつもなら問題ないようなちょっとした刺激でも、乾燥した肌には大きなダメージとなってしまうこともあるでしょう。そのため、肌の乾燥に早く気づいてこまめに保湿ケアをしていくことが、健康な肌を維持する秘訣となります。夏の肌ならではの特徴を念頭に置きつつ、適切なスキンケアで肌に水分や油分を補っていきましょう。夏の肌を意外な乾燥から守っていくことが重要です。

夏のスキンケアのポイント

夏のスキンケアのポイントは、汗や皮脂による汚れをしっかり落として十分な保湿をすることにあります。気温が高くなる夏は、汗や皮脂で肌が常に汚れやすくなっています。汚れを放置してしまうと肌トラブルの原因となるため、こまめに落としていくことを心がけていきましょう。

寝苦しい夜が多くなる夏には、朝の洗顔時から気をつけたいポイントがあります。寝ている間にたまった汗や皮脂汚れを落とすために、ぬるま湯だけでなく洗顔料を使って洗う必要があるのです。洗顔料を十分に泡立てて、汚れを泡で吸着するイメージで洗っていきましょう。ただし、ゴシゴシとこすらずにやさしく洗うことが重要なポイントです。


また夏のスキンケアでは、化粧水だけだと保湿力が足りなくなります。乾燥がどんどん進んでしまう夏だからこそ、保湿ケアが必要なのです。そのため、洗顔後はオイル美容液クリームなどの一連のスキンケアをきちんと行う必要があります。気温が高い夏場には、軽めのテクスチャーの化粧品を選んだほうが使いやすいでしょう。さっぱりとした使い心地であれば、暑い夏でも快適に保湿ケアを行うことができます。洗顔やスキンケアは毎日のことなので、できる限り快適に進められるように使用感にも配慮することが大切です。


夏のスキンケアにおいては、紫外線対策も忘れてはいけないポイントです。特に強い紫外線が降り注ぐ時期は、念入りな紫外線対策が欠かせません。外出する際は帽子や日傘を活用し、さらに日焼け止めを塗って肌を守りましょう。紫外線は肌に大きな負担となる要因であり、乾燥の原因にもつながってきます。あらかじめしっかりと予防することが、紫外線対策として有効なのです。日焼け止めは、洗顔時や入浴時にしっかりと落とすことも大切です。

夏のおすすめはシェイクオイル

軽めのテクスチャが人気の夏場は、さっぱり使えるシェイクオイルでの保湿ケアがおすすめです。シェイクオイルは、シェイクすることによってオイルと化粧水が混ざり合うオイルで、化粧水とオイルの二役をこなしてくれます。

保湿ケアで活躍するオイルですが、どうしてもベタつきが気になるものです。しかし、シェイクオイルは通常のオイルに比べるとベタつきが少ないという特徴があります。オイルよりも化粧水が多く構成されている分、そのテクスチャーは軽くなっており、夏場でも使いやすく、保湿ケアでも大活躍するアイテムとなっています。

またシェイクオイルにはオイルと化粧水が両方含まれていますので、肌から出る汗や皮脂によって大量に失われる水分と油分を同時に補うことが可能です。そのうえ使用感がさっぱりしているので、無理なく快適に保湿ケアをすることができます。夏におすすめのシェイクオイルを有効活用して、暑い夏を乗り切りましょう。

適切なケアで夏の素肌を健やかに保とう

夏のスキンケアは、他の季節とは違った注意ポイントがあります。汗や皮脂を拭き取ることによって、肌が乾燥しやすくなっているからです。しかし、夏は湿度が高いことが多く、肌が乾燥していることに気づきにくくなっています。そこで、日頃から念入りに保湿ケアをしておくことが大切となります。

夏におすすめのシェイクオイルは、さっぱりとした使い心地のアイテムで、夏のスキンケアに最適です。保湿にも優れた効果を発揮しますので、乾燥しやすい時期のスキンケアに役立ててみてはいかがでしょうか。季節ごとの肌状態に合わせて適切なアイテムでスキンケアを行い、素肌を健やかな状態に保っていきましょう。

関連コンテンツ

白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

白ゆり、ぱっと肌に透明感。洗顔後すぐ、光のオイル

毎年、にごりのない純白の花を咲かせる白ゆり。その白い花が持つ力を宿したブライトケアシリーズ ネクターブラン。

詳しくはこちら
毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。

詳しくはこちら
白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白ゆりオイルをはじめ、80%以上植物由来オイル成分を配合したクレンジング。メイクオフの瞬間からブライトケアをスタート。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る