クレンジングの適切なタイミングって?うるおいを逃さないメイクの落とし方

メイクや皮脂汚れを落とすために欠かせないアイテムがクレンジングです。一日の汚れを肌に残さないためにも、クレンジングは大切な役割を担っています。
しかし、タイミングを間違えると、かえって肌に負担をかけてしまうことが多いこともまた事実です。そこでここでは、クレンジングの適切なタイミングと使い方について紹介します。

クレンジングはタイミングが大切

メイクを落とすタイミングは人それぞれです。帰宅後すぐに落とすという人もいれば、入浴時に落とすようにしている人もいます。さらに、飲み会後の人や仕事が忙しい人などは、帰宅するとそのまま寝て朝起きてからシャワーを浴び、そのときにメイクを落とすという人もいます。

最終的にメイクをきれいに落とせば問題ないと思うかもしれませんが、実は落とす時間や場所によっては乾燥を引き起こしたり、肌トラブルの原因になったりするリスクが大きくなるのです。その理由は、肌の酸化が関係しています。


メイクをすると、活性酸素などの影響で約6~7時間かけてメイクに含まれる油分が酸化するといわれています。さらに、肌の表面にある皮脂やメイクなどの油分が酸化した場合、老化に影響を及ぼす過酸化脂質と呼ばれる有害物質に変化します。過酸化脂質は皮膚細胞に作用するとシミやしわをつくる厄介な物質です。そのまま肌にのせておくと肌によくないため、帰宅したらできるだけ早くクレンジングでメイクを落とすことが大切です。具体的には、帰宅後すぐか入浴時にメイクを落とすのがベストなタイミングとなります。

入浴時にクレンジングをする場合

入浴時にクレンジングを行うことは、蒸気で毛穴が開いた状態なのでメイクが落としやすいというメリットがあります。さらに、クレンジング剤を手に取ったら手のひらでよく温めるようにしてから使うと、より肌になじむようになります。目元や口元の落ちにくいメイク汚れは、あらかじめ専用のリムーバーを使って落としておきましょう。目元や口元は特に皮膚が薄くてデリケートな場所です。ごしごしこすると肌を痛めてしまいます。お風呂場で使う場合は、手が濡れていても使えるタイプのクレンジング製品が便利です。

メイクを落とすときは順番にも注意しましょう。まず頬などの範囲が広い部分から始めます。つぎにTゾーンや顎、髪の毛の生え際などを丁寧に落としていきます。このときクレンジング剤の量が少なすぎると、滑りが悪くなり肌を痛めてしまいます。クレンジング剤を使うときは必ず適量を取り、くるくると円を描くようにやさしくなじませましょう。洗い残しがないように、小鼻などは指の腹を使って丁寧に落としていきます。クレンジング後の洗顔は、たっぷりの泡で丁寧にやさしく洗います。皮脂の多いTゾーンを先に洗い、頬、口元を洗ったあとにデリケートな目元を洗うようにしましょう。洗い残しやすすぎ残しがあると肌に刺激を与えてしまうため、しっかり洗い流します。

入浴時にクレンジングを行うタイミングも重要です。最初にクレンジングや洗顔をしてしまうと、身体や髪の毛を洗っている間や入浴中に肌がどんどん乾燥してしまいます。クレンジング後はすぐに保湿ケアができるように、お風呂から上がる直前にクレンジングを行うことをおすすめします。

また、入浴後は肌がとても乾燥しやすくなっています。タオルをポンポンとやさしく押し当てるようにしてタオルドライをしたあとは、すぐに保湿ケアを行いましょう。ブースターオイルで肌の乾燥をすばやく止めたあとは化粧水、美容液、クリームと順番にケアしていけば、乾燥リスクを減らすことができます。入浴後5分以内のケアがひとつの目安です。


帰宅後すぐにクレンジングをする場合

帰宅後すぐにメイクを落とすのは、過酸化脂質によるダメージを最小限にとどめるためにもとてもよい習慣です。帰宅後の肌にはメイク汚れだけでなく、花粉やホコリ、ウイルスや細菌など、さまざまな汚れが付着しています。風の強い時期などは砂ボコリなどが付着することもあり、ザラリとした肌触りを感じることも多いのではないでしょうか。肌をリセットして休ませるためにも、汚れはすぐに落としてしまいましょう。

夏は汗をかきやすく皮脂汚れが多くなります。逆に、寒い時期は毛穴が閉じた状態になっているため、そのままではメイクが落としにくいのが難点です。できれば蒸しタオルやスチーマーで温め、毛穴をしっかり開かせてからクレンジングを行うようにしましょう。こうすることで毛穴の奥に入り込んだメイク汚れもすっきりと落とすことができます。

メイク汚れはなるべく早く落とすことが鉄則です。帰宅後すぐに入浴してメイクオフするのが理想ですが、先にクレンジングを行った場合には、入浴時にオイルを2~3滴塗っておきましょう。入浴中に肌の水分が蒸発してしまうのを防いでくれます。洗顔をしない場合でも、湯船の蒸気が顔にかかるだけで肌の水分は蒸発しやすくなるからです。特に空気の乾燥する秋から冬にかけては肌が乾燥してデリケートになりがちです。二度洗いはなるべく避けるようにしたほうが無難ですが、シャンプーやトリートメントの成分が付着してぬるま湯だけでは落ちないこともあります。二度洗いしても肌になるべく負担を与えないように、クレンジング後に使う洗顔料も、肌に負担の少ないしっとりタイプの洗顔料を使うようにしましょう。


肌に優しいタイミングを見つけて

クレンジングは、スキンケアのなかでも最も肌に負担のかかる工程です。しかし、メイク汚れや皮脂汚れをきれいに落とし、肌を酸化リスクから保護するためにはクレンジングは欠かせません。大切なのは、肌への負担を最小限にとどめるクレンジングの使い方とタイミングです。同じクレンジングを使っていたとしても、使い方や落とすタイミング次第で効果や肌に対する刺激は大きく変わります。肌に負担をかけない商品選びももちろん必要ですが、落とすタイミングも重要だということを知っておきましょう。適切なタイミングを押さえて、肌に負担を与えずにメイクを落としていくことが大切なのです。

おすすめコンテンツ

ベタベタとカサカサが同居している?混合肌のケア方法のポイント

口周りは乾燥しているのにTゾーンは皮脂が浮きやすい混合肌は、お手入れ方法に迷う人も多いのではないでしょうか。保湿を重視するとべたつき、控えめにすると乾燥が進むというように、肌に合わないケア方法で悪循環に陥ってしまうこともあります。
そこで今回は、混合肌の悩みを改善するケア方法のポイントについて紹介します。

続きを読む

乾燥による肌の粉吹きには理由がある!季節別でみる防止方法

乾燥肌は肌のうるおいや水分が不足している状態です。一年を通して肌の乾燥を感じている人のなかには、粉を吹いてしまうほどのひどい乾燥に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
ひどくなった乾燥肌を改善させるためには、早めの対策が必要です。そこで今回は、肌が乾燥する季節ごとの理由と、粉吹き防止のためのポイントを紹介します。

続きを読む

なぜ人気?オイル配合の美容液が持つメリットと基本の使い方

乾燥肌や敏感肌の人は、日中の肌のかさつきが悩みの種です。乾燥はシミやシワの原因ともなるため、早めの対策が必要になります。しかし、どんなアイテムを使えばいいのか迷う人も多いようです。
また、しつこい乾燥肌もうるおうと人気のオイル配合の美容液が気になっている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、オイル配合美容液のメリットと使い方について紹介します。

続きを読む