クレンジングオイルだけでは毛穴改善はできない?適切な対処法とは

毛穴の黒ずみなど毛穴のトラブルに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。洗浄力の強いクレンジングオイルを使っていれば大丈夫と考えたり、気になるからと必要以上に触ったり、または無理に角栓を取り除いたり、間違ったケアをするとかえって毛穴が目立ってしまうこともあります。この記事では、毛穴を目立たなくするための対処法を解説します。

気になる毛穴の悩みの原因とは

肌悩みのなかでも、毛穴の黒ずみや毛穴の開きといった毛穴のトラブルに悩んでいる人は多いといわれています。毛穴は顔だけでも約20万個あり、その数は生まれたときから大人になるまでほとんど変わることはありません。特に顔のなかでも中央に位置する鼻は目立つパーツなので、最も毛穴が気になる部分ではないでしょうか。鼻は皮脂腺の割合が多く、鼻を含むTゾーンには他の部分と比べると約7倍も毛穴が多くあるといわれています。


毛穴のトラブルに悩む人からすると、毛穴なんてなくてもよいのではと思うことも多いでしょう。毛穴には主に、皮膚の保護、保湿、デトックス、抗菌の役割があります。詳しく見ていくと、1つ目は毛穴から出る皮脂が肌の上に膜をつくることでホコリなどの外の刺激から皮膚を保護する役割、2つ目は毛穴から出る皮脂で皮膚のうるおいを保って乾燥を防ぐ役割、3つ目は汗や皮脂とともに身体の老廃物を毛穴から排出する役割、そして4つ目は毛穴から出る皮脂が皮膚のphバランスを保つため雑菌が増殖するのを防ぐという役割です。


なぜ毛穴のトラブルは発生してしまうのでしょうか。毛穴に関するトラブルの多くは、皮脂の過剰分泌や肌の乾燥、角栓による毛穴の詰まりが原因です。間違ったスキンケアが原因でトラブルが起きている場合も多く見られます。スキンケアのなかでも洗顔と保湿の方法を押さえておくことが毛穴トラブルの改善につながります。

クレンジングで毛穴の悩みは解消できる?

毛穴の汚れを落とすのにクレンジングは大切なステップです。クレンジングはメイクだけでなく、毛穴詰まりの原因である皮脂や古い角質も落とします。クレンジングには油性の汚れを落とす役割があるため、毛穴の皮脂詰まりにクレジングは有効です。しかし、クレンジングだけで毛穴の開きや黒ずみを解消するのは難しいかもしれません。多くの人は、過度に強く洗ってしまう傾向があります。毛穴をどうにかしたいという一心でついつい手に力が入ってしまうかもしれませんが、強くこすっても肌の汚れは落ちません。肌はやさしく、力を入れずに洗いましょう。

特に洗浄力の強いクレンジングオイルを使って念入りにメイクを落とすと、肌のうるおいを守るために必要な角質や皮脂も取り除いてしまいます。過度に皮脂を取り除いてしまうと乾燥肌になり、かえって毛穴が目立つようになってしまいます。クレンジングオイルは、メイクとなじませたら手早く流すのがポイントです。


毛穴対策の基本は保湿ケア

毛穴対策には保湿ケアも大切です。肌が乾燥していると毛穴の開きが目立つだけでなく、皮脂の過剰分泌を促します。皮脂が過剰に分泌されると毛穴詰まりの原因にもなります。つまり、保湿はうるおいのある毛穴レス美肌には欠かせない重要なステップなのです。どうすればきちんと保湿できるのでしょうか。保湿のステップを見ていきましょう。


ポイントは、洗顔後はすぐ保湿することです。うるおいのある肌とは、水分と油分のバランスがとれている肌のことをいいます。洗顔が終わったらすぐにブースターオイル化粧水美容液クリームの順番でケアをしてあげましょう。化粧水を使う前にはブースターオイルを使うのがおすすめです。洗顔後に化粧水をつける前に1~3滴を手にとって、手のひらで温めてから顔全体になじませます。

ブースターとは「後押しする」という意味で、化粧水の前に塗り込むことで肌を柔らかくし、うるおいの土台をつくってくれるものです。その後に使うスキンケアアイテムの浸透を助けてくれる働きをします。どんなによいスキンケアアイテムを使っても、肌がかたくなっていては浸透しづらいものです。ブースターオイルは肌を柔らかく整えることで、いつもの化粧品の力を十分に引き出してくれるものといえるでしょう。

ブースターオイルにはアルガンオイルがよいとされています。アルガンオイルは肌馴染みよいのが特徴です。ベタつきが少ないうえに、ビタミンEやカロテンを含んでいるため肌荒れによいこともおすすめの理由です。ビタミンEやカロテンには細胞の老化を防ぐ抗酸化作用もあるため、年齢が気になってきた肌にはぴったりといえます。


洗顔のやりすぎにも注意して

洗顔が大切とはいえ、洗顔のしすぎには注意しましょう。洗顔やクレンジングをしすぎると、肌にとって必要な皮脂まで落としてしまいます。皮脂を取りすぎてしまうと、皮膚はかたくなり角質化します。乾燥した毛穴から、皮脂が過剰に分泌されて毛穴詰まりの原因にもなります。洗顔の頻度は1日に2回で十分です。乾燥肌の人なら朝は洗顔料を使わずお湯だけで洗ってみたり、脂っぽい部分だけを洗顔したりしてみましょう。また、しっかりと泡立ててやさしい力で短時間で洗い上げることも大切です。


毛穴詰まりを生み出すのは洗顔だけではありません。よかれと思ってやってしまっているスキンケアのなかには、実は肌トラブルを悪化させる原因になっているものもあります。その代表例が頻繁な毛穴パックです。特に張ってはがすタイプのものは、はがすときに肌に相当なダメージがかかっています。毛穴パックは肌表面の角質層までいっしょにはがしてしまうため、乾燥肌になりやすい状態になってしまうのです。

毛穴パックと同様にピーリングのやりすぎにも注意しましょう。余計な角質を落として、透明感のある素肌づくりには欠かせないピーリングですが、やりすぎてしまうと肌のバリア機能が低下する原因になってしまいます。毛穴パックやピーリングはごわつきが気になるときだけするようにして、終わったらしっかりと化粧水や乳液などで保湿するようにしましょう。

適切なケア方法を知ることが大切

毛穴にまつわる肌悩みを解消するには、適切な洗顔方法と保湿が欠かせません。意外とシンプルなケアで大丈夫なことを知って、驚いた人もいるのではないでしょうか。いままでクレンジングオイルで一生懸命にゴシゴシ洗いをしていた人は、今日から手早い、やさしい洗顔に切り替えてみましょう。毛穴の目立たないきれいな素肌は日々の適切なケアの積み重ねで手に入ります。

関連コンテンツ

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。



詳しくはこちら
私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

私を変えた、新習慣。洗顔後すぐ!アルガンオイル

洗顔後のピュアな素肌に 認証オーガニックのオイルケア。メルヴィータの代名詞ともいえる『アルガンオイル』は圧倒的な支持を受け、 「自分史上、最高のキレイを目指せる」と多くの方のスキンケアを変えています。

詳しくはこちら

おすすめコンテンツ

ベタベタとカサカサが同居している?混合肌のケア方法のポイント

口周りは乾燥しているのにTゾーンは皮脂が浮きやすい混合肌は、お手入れ方法に迷う人も多いのではないでしょうか。保湿を重視するとべたつき、控えめにすると乾燥が進むというように、肌に合わないケア方法で悪循環に陥ってしまうこともあります。
そこで今回は、混合肌の悩みを改善するケア方法のポイントについて紹介します。

続きを読む

乾燥による肌の粉吹きには理由がある!季節別でみる防止方法

乾燥肌は肌のうるおいや水分が不足している状態です。一年を通して肌の乾燥を感じている人のなかには、粉を吹いてしまうほどのひどい乾燥に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
ひどくなった乾燥肌を改善させるためには、早めの対策が必要です。そこで今回は、肌が乾燥する季節ごとの理由と、粉吹き防止のためのポイントを紹介します。

続きを読む

なぜ人気?オイル配合の美容液が持つメリットと基本の使い方

乾燥肌や敏感肌の人は、日中の肌のかさつきが悩みの種です。乾燥はシミやシワの原因ともなるため、早めの対策が必要になります。しかし、どんなアイテムを使えばいいのか迷う人も多いようです。
また、しつこい乾燥肌もうるおうと人気のオイル配合の美容液が気になっている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、オイル配合美容液のメリットと使い方について紹介します。

続きを読む