軽やかに仕上がる!オーガニックのBBクリームの魅力について

化粧下地やファンデーションなど複数の役割をひとつの商品で兼ねられるBBクリームは、仕事や家事、子育てなどで忙しい女性の味方です。スキンケア効果だけでなくカバー力に優れている点も人気となっています。
この記事では、BBクリームの特徴やメリットを中心に見ていきます。また、BBクリームのなかでも特にオーガニック製品の魅力についても紹介します。

そもそもBBクリームとは

BBクリームとは、美容液やファンデーション、化粧下地、日焼け止め、コンシーラーなどの役割をあわせ持つ多機能なオールインワン化粧品のことです。

すでにメイクアップコスメとして市民権を得ているBBクリームは、実はドイツ生まれのアイテムであることはあまり知られていません。もともとはドイツの皮膚科クリニックで開発されたものといわれており、BBクリームのBBとは、Blemish Balm(傷を修復する香油)という意味です。美容施術後のデリケートな皮膚を保護し、肌の再生を促すものとして生まれたファンデーションがBBクリームなのです。


ドイツ生まれのBBクリームが韓国でヒットした背景には、韓国で一般的に行われている美容整形ブームがあります。芸能人から一般人までさまざまな美容整形の施術を受けている韓国では、「パッと見てすぐに施術を受けたことがわかるのは避けたい」というニーズから、BBクリームが徐々に広まっていったのではないかと言われています。傷跡をカバーするだけでなく、保湿成分や美容成分、UVケア成分などがプラスされながら韓国流にアレンジされていきました。

BBクリームの最大の魅力は、なんといってもベースメイクを1本で完了できることでしょう。肌のキメや色ムラなどを整え、毛穴や小じわなどもカバーしてくれるため、休日などはBBクリーム1本だけを持って外出も可能です。目のクマやシミなどの気になる部位はポンポンと重ねづけすれば、コンシーラー代わりにもなってくれます。リキッドタイプのものなら、簡単にツヤ肌を決めることができますので、忙しい女性にとっては重宝するアイテムといえるでしょう。スキンケア効果とカバー力を兼ね備えたBBクリームは今や全世界の女性に愛用されています。

オーガニックBBクリームのメリット

スキンケア効果の高いBBクリームを使っている人のなかで注目を集めているのが、オーガニックのBBクリームです。オーガニックのBBクリームとは、有機農法で栽培された作物を原料にしたBBクリームのことをいいます。

オーガニックBBクリームのなかには、有機栽培されたシアやヒマワリなどの植物から抽出したオイルを配合したものがあります。肌のトーンをきれいに整えるというBBクリームの機能はそのままに、原材料にこだわって品質を追求しています。オーガニックにこだわるなら、食べるものだけでなく肌につけるものもオーガニックのものにして、内側と外側の両方から美しくなりましょう。つぎからは、オーガニックBBクリームの2つのメリットについて紹介します。

1.スキンケアアイテムとして使える


オーガニックのBBクリームの1つ目のメリットは、スキンケアアイテムとして使えることです。BBクリームに限らずオーガニックコスメは、植物原料の力などを用いて、肌が本来持っている美しさを引き出すことを目的につくられています。そのため、原材料や成分にこだわっており、紫外線吸収剤など肌への負担が大きくなりがちな化学成分を可能な限り避けています。紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して化学的に処理することで日焼けによる肌への影響を減らします。化学合成された成分であること、紫外線を処理する過程で熱が発生することなどが肌の刺激になります。一方、オーガニックコスメに配合されている日焼け止め成分は、一般的に紫外線散乱剤が多いのが特徴です。紫外線散乱剤は、紫外線を肌の表面で反射させて肌からの吸収を抑えるため、肌への負担は少ないと考えられています。

有機農法で栽培された作物を原材料にしているBBクリームには、ポリフェノールやフィトケミカルなどの美容成分がたくさん配合されています。フィトケミカルとは、抗酸化力や免疫力をアップさせる効果が期待できる成分です。フィトケミカルを豊富に含むものを人が摂取すると、健康の維持・改善に役立つと考えられています。有機農法で栽培された作物が持つ抗酸化力や免疫力は、通常の農法で栽培された作物よりも高いことが知られています。毎日肌に直接つけるものだからこそ、スキンケア効果の高いオーガニックのBBクリームをおすすめします。


2.クレンジング時の負担が少ない


オーガニックのBBクリームの2つ目のメリットは、クレンジング時に肌への負担が少ないことです。

クレンジング剤は毛穴の奥にある汚れもしっかりと落としてくれますが、そのぶん肌に残しておきたい皮脂まで落としてしまいます。皮脂は肌のバリア機能を助ける役割も果たしているため、皮脂の落としすぎは肌トラブルの原因になります。カバー力の強い一般的なBBクリームは油分や肌色顔料が多く含まれています。油性の成分は水と石鹸だけでは落ちにくいので、洗浄力の強いクレンジング剤が必要になることもあります。

一方、オーガニックのBBクリームは油分の配合が抑えられているため、石鹸で落とせるほど簡単に落ちるものが多いのです。洗浄力の強いクレンジング剤を使わなくて済むため、肌への負担を大きく減らせます。

ただし、オーガニックのBBクリームも油分がゼロではありません。ファンデーションの役割を果たす以上は油分も入っていますので、石鹸だけでは十分に汚れが落ちない場合もあるでしょう。落ちない汚れがたまることで毛穴が詰まり、黒ずみやニキビの原因になることもあります。肌への負担が少ないといわれているミルククレンジングやクリームタイプのクレンジング剤を使って、しっかりと汚れを落とすことが大切です。

肌に負担を掛けにくいケアをしよう

ファンデーションとしてだけでなくスキンケア効果もあるBBクリームは、時短メイクアイテムを探している人におすすめの多機能オールインワン化粧品です。

成分にこだわったオーガニックのBBクリームなら、洗顔のときの肌への負担も減らすことができます。スキンケアに時間をかけられない人でも無理せず美しい肌を手に入れることができるでしょう。また、オーガニックコスメはスキンケア効果だけでなく自然環境や生産者への配慮がされている製品も多いため、オーガニックのBBクリームを選ぶことは社会貢献の一端を担うことにもなるのです。

関連製品

おすすめコンテンツ

うるおいをキープ!保湿ケアにオイルを取り入れるメリットとは

保湿ケアというと、とにかく水分が大事と考える人は多いのですが、健康な肌とは水分と皮脂のバランスがとれている状態のことです。女性の肌は30代半ばをすぎると皮脂量がぐんと減ってしまうといわれています。皮脂量が減ることで肌の水分は逃げやすくなり、慢性的に肌が乾燥気味になってしまいます。そんな女性たちにおすすめしたい保湿ケアアイテムは、オイルです。オイルには肌を柔らかくするなど、さまざまな美容効果が期待できます。どんな美容効能があるのか見ていきましょう。

続きを見る

当てはまる人も多いかも!混合肌のスキンケア

肌質は角質層に含まれる水分量と、肌表面の皮脂量によって、乾燥肌、普通肌、混合肌、脂性肌の4つに分類できます。混合肌とは、複数の肌タイプが混在する肌のことであり、日本人女性には、この混合肌タイプが多いと言われています。頬や口周りなどは乾燥しやすく、おでこや鼻を含むTゾーンが油っぽくなりがちといったように、肌全体の水分量は少なめでも、部分的に皮脂量が多いのが混合肌の特徴です。
美肌に近づくためには、自分の肌質を的確に見極めて、適切なスキンケア製品とやり方でお手入れをすることです。そこで、混合肌の特徴や原因、スキンケアのポイントについて、紹介していきます。

続きを見る

オーガニックスキンケアで肌本来の美しさを

女優さんやタレントさんの肌を見て、アップにたえられる肌をうらやましく感じたことがある人も多いのではないでしょうか。撮影用のメイクをしていることもありますが、彼女たちはスキンケアをとても大切にしています。肌本来の美しさを目指すスキンケアにはどのようなアイテムがよいのでしょうか。今回はオーガニック化粧品を使ったスキンケアの魅力について迫ります。

続きを見る