自然の力を引き出す!オーガニックのハンドクリームを使うメリット

ハンドクリームは毎日使うものなので、お気に入りの一品を使いたいという人は多いのではないでしょうか。たくさん使うので量が多くて安いほうがいいというコスパ重視の人、好きな香りがするものを選びたい人、保湿性が高いなど機能面を重視する人など、ハンドクリーム選びのポイントは人さまざまです。
この記事では、成分などにこだわってハンドクリームを探している人に向けて、オーガニックのハンドクリームを使うメリットについて紹介します。

オーガニックのハンドクリームとは

はじめに、オーガニックとは何かについて理解しておきましょう。オーガニックとは有機栽培のことです。

有機栽培とは、日本では農林水産大臣が定めた規格に従った農法のことで、有機栽培された作物やその加工品を原料につくられたコスメをオーガニックコスメと呼んでいます。オーガニックのハンドクリームも有機栽培された作物を原料としてつくられているため、オーガニックコスメの一種といえます。

オーガニックにこだわるメリット 

成分にこだわる人にオーガニックのハンドクリームをおすすめするのはなぜでしょうか。オーガニックのハンドクリームは、自然の植物由来の原料を中心につくられていることが特徴です。

日本ではオーガニック化粧品の統一的な認証機関はなく、まだまだ特別感が強いものになっていますが、海外ではすでにオーガニックは一般的なものとして受け入れられています。特に、ヨーロッパの認証機関で認証を受けているオーガニックコスメは厳しい品質基準をクリアしているため、製品の安全性の信頼度が高いと考えられています。具体的にどのようなメリットがあるのかを、つぎから見ていきましょう。

1.植物由来の美容成分を含む


オーガニックコスメの原料となる作物は、化学肥料や農薬を使用せずに栽培されるのが特徴です。そうして栽培される作物の育つ土には多くの微生物がおり、その土で育った植物にはポリフェノールやフィトケミカルなどの植物由来の栄養素がたくさん含まれていると考えられています。ポリフェノールやフィトケミカルは肌本来が持つ美しさを引き出すとされている栄養素です。

オーガニックコスメには自然の成分が使われているため、「肌にやさしい」というイメージを持っている人が多いかもしれません。しかし、自然由来のものすべてが肌に合うとは限りません。自然由来の成分は構造が複雑なため、科学的に解明されていないものも数多くあります。肌への作用については、原料となる植物が元になります。使用前にはどのような働きを期待できるのか、あらかじめ理解しておくとよいでしょう。

一般的な化粧品は、化学的に合成した原材料を使って肌の機能性を高めるのが目的です。肌の悩みにすばやくアプローチできるのは、一般的な化粧品のメリットです。一方、オーガニックコスメは植物の力を借りながら、人の身体が持っている自然治癒力を高めて美しさを引き出そうとするものが多くなっています。自然治癒力にアプローチするオーガニックコスメの場合、効果を実感できるようになるまでには一定の時間がかかります。肌の悩みに対する即効性は一般的な化粧品のほうが勝るといえるでしょう。


また、オーガニックコスメは希少性の高い材料を使って時間をかけてつくられていることから、価格の面でも一般的な化粧品に比べると高価なものになりがちです。コストパフォーマンスを重視する人や肌の悩みをすぐになんとかしたいと考える人には、あまり向いていないかもしれません。他方、肌が本来持っている美しさを引き出したいと考えている人や、天然の植物成分で肌の調子を整えたいと考えている人には向いているでしょう。オーガニックのハンドクリームもすぐに何らかの効果を実感できるものではありませんが、使うほどに調子がよくなることが期待できます。


2.購入を通して社会貢献ができる


サステナビリティという言葉を聞いたことはあるでしょうか。サステナビリティとは、環境や社会、経済の3つの視点から世の中を持続可能なものにしていくという考え方のことです。従来環境や社会面を考慮することと経済的なリターンを得ることは相反するものであると考えられてきました。しかし、経済が成長するにしたがって短期的に利益を追求するのではなく長期的に企業や社会が存続していくための方針が求められるようになりました。

オーガニックコスメのオーガニックという考え方も、基本的には同じ考え方です。安全や安心、環境への意識の高まりにつれて社会貢献に配慮した製品が注目を集めるようになっています。日本には有機農法で栽培した作物につけられる有機JASマークというものがあります。有機JASマークは、その作物を栽培している畑で3年以上化学合成された農薬や肥料を使用せずに栽培された農産物にだけつけられるものです。

原料を有機栽培すると、農薬や肥料の使用を抑えられるので環境への負荷を減らすことができます。化粧品にはまだ有機JASのような認証はありませんが、ヨーロッパなどの海外ではオーガニックコスメの認証制度が確立されており、製造過程でも環境や生物への影響を最小限に抑えた製品をつくるための努力が続けられています。

そのほかにも、工場の電力を風力や太陽光などの再生可能エネルギーで確保したり、排水の管理をしっかりしたりするといったさまざまな取り組みが行われています。オーガニックコスメを使うことは自分だけでなく同時に社会をよくするものであることから、間接的に社会貢献につながるといえるでしょう。

肌本来の力を引き出して

オーガニック農法で栽培された植物原料を中心につくられたオーガニックのハンドクリームは、肌本来の美しさを引き出すことを重視してつくられています。毎日使うものだからこそ品質にはこだわりたいという人や、身体が持っている自然治癒力を生かしたハンドケアをしたい人におすすめです。

サステナビリティや社会貢献に関心がある人にも、オーガニックコスメの考え方はマッチするでしょう。ただし、一般的な化粧品にもオーガニックコスメにはない良さがあります。それぞれの特徴を理解して目的に合ったものを選ぶようにするとよいのではないでしょうか。

おすすめ記事

脂性肌は洗いすぎると悪化する!適切な洗顔で皮脂の過剰分泌を抑えよう

脂性肌の人は、皮脂の分泌量が多く肌のベタつきやテカリが気になるでしょう。そこで、洗浄力の���い洗顔料を使ったり、一日に何度も洗顔したりするなどして皮脂を抑えようとするのです。
ところが、皮脂を取りすぎるケアを続けてしまうと、逆に皮脂の過剰分泌を促してしまいます。適切な洗顔を学ぶことが、脂性肌を改善する第一歩です。
ここでは、脂性肌向けの適切な洗顔方法について詳しく解説していきます。

続きを見る

顔のかさつきが気になる!乾燥肌の適切な対策を知っておこう

乾燥肌は深刻な肌トラブルのサインです。乾燥の気になる季節に、化粧のノリが悪くなったりハリがなくなったりと、肌の調子に不安を感じている人は多いのではないでしょうか。若いころは季節ごとの肌の悩みとして片づけられがちですが、乾燥肌を放っておくと慢性化してしまいます。手遅れになる前に早めの対処をしておきましょう。
そこで今回は、乾燥肌になってしまう原因や適切なケア方法のポイントについて紹介します。

続きを見る

粉吹き肌の原因や対策は?日ごろのケアでカサカサ防止!

肌は水分量が多ければ健康的に見えますが、水分量が減って乾燥すればするほど肌トラブルが起きやすくなってしまいます。特に肌の乾燥がひどくなると、粉吹き肌になってしまうことがあるのです。粉吹き肌は見栄えがよくなく、何かと悩みの種となるトラブルです。ここでは、そんな粉吹き肌の原因や対策について説明していきます。

続きを見る