クレンジングオイルの使い方は?特徴や肌に負担をかけない方法をチェック

クレンジングオイルは、高いクレンジング力を持ち、ばっちりメイクもきちんと落とせる便利なアイテムです。しかし、クレンジングオイルといっても選び方や使い方がわかりにくいと感じている人も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、クレンジングオイルの適切な使い方を知ることで、肌に負担をかけることなく汚れやメイクをすっきり落とす方法をご紹介します。

クレンジングオイルの特徴と得意とする汚れ

クレンジングにはさまざまな種類がありますが、どのタイプがどんな汚れを落とすのに向いているのかご存知でしょうか。クレンジングには大きく分けて、オイル、リキッド、ジェル、クリーム、ミルク、アイメイクリムーバー、シートの7タイプがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますが、毎日のメイク落としで使うことになるため、メイクの濃さと肌の��態や特徴の両方から考えて選ぶことが大切です。肌への優しさで選んだとしても、しっかりメイクが落とし切れていない場合、肌への負担が大きくなってしまうことがあります。メイクをしっかり落とせるクレンジングを選ぶことが大切です。


クレンジングは、ミルク、クリーム、リキッド、ジェル、オイルの順番でクレンジング力が強い傾向にあります。ミルクやクリームは肌への負担が少ないといわれていますが、クレンジング力が弱いためばっちりメイクだと残ってしまう可能性もあります。このとき、落ちないからと何度もクレンジングを行うのは避けましょう。何度もクレンジングを行うことでかえって肌をいためてしまいます。


その点、クレンジングオイルは濃いメイクでもしっかり落とせるのがポイントです。皮脂や排気ガスなどの汚れも油性なので、メイク以外の汚れもしっかり落とすことができます。また、クレンジングオイルとして売られている製品も、オイルの種類によって大きく4つに分けることができます。1つ目はミネラルオイルを原料とした炭化水素系クレンジングオイル、2つ目が高級脂肪酸と高級アルコールが合体してできたエステル系クレンジングオイル、3つ目が美容オイルを主原料にした油脂系クレンジングオイル、4つ目が100%天然オイルです。


このうち、炭化水素系クレンジングオイルとエステル系クレンジングオイルは、値段は安価ですが保湿力が非常に低く、肌に必要な油分まで奪ってしまう可能性があるため敏感肌の人にはおすすめできません。クレンジングオイルを選ぶときは油脂系クレンジングオイルか100%天然オイルを選ぶようにしましょう。100%天然由来のオイルは、クレンジングとして使用するだけでなくブースターオイルや保湿アイテムにも使うことができます。1本持っておくと幅広い用途に利用できて便利です。

クレンジングオイルで汚れをスッキリ落とす使い方

クレンジングオイルを使うときは、乳化をしっかりと行うことが大切です。乳化とは、透明のオイルに水を加えることで白く濁ることをいいます。乳化することで水とクレンジングオイル、メイク汚れがなじみ、洗い流しやすくなるのです。

乳化を行わずにいきなり水ですすぐと、オイルが水を弾いて汚れ落ちがしにくくなったり、落とすのに時間がかかったりすることがあります。クレンジングに時間をかけることでそれだけ肌へ摩擦を加え、刺激を与えてしまうのです。乳化を行わずにすすぐと、ぬるつきやべたつきを感じることがあるので注意しましょう。

クレンジングの流れとクレンジングオイルの使い方のポイント

クレンジングを使うときは、肌に負担をかけないために、なるべく短い時間で効率よく落とすことが大切です。まずはクレンジング力を損なわないために、手についた皮脂汚れなどをしっかり落としておきましょう。皮脂や細菌などは水洗いだけでは十分に落とし切ることができないため、石鹸やハンドソープをしっかり泡立てて洗います。手が清潔になったら、先に目元や口元のポイントメイクから落としていきましょう。


メイクを一度に落とそうとすると、どうしても混じり合って落ちにくくなってしまいます。汚れの種類ごとに落とすことで濃いメイクも落としやすくなるのです。さらに、落ちにくいポイントメイクを先に落とすことで、肌全体への負担を減らすことができます。次に、肌への負担を減らすために比較的皮脂量の多いTゾーンからオイルをなじませていきましょう。Tゾーン、頬、目元、口元の順番に力を入れずになじませます。このとき、力を入れてこすらないように注意しましょう。


クレンジングが顔全体になじんだら、少量の水を手にとって乳化させます。指先がふっと軽くなるのを感じたら、クレンジングと水が完全になじんだ合図です。残ったクレンジングをぬるま湯でていねいにすすいでいきましょう。その後、よく泡立てた洗顔料で洗顔してください。


肌に負担をかけるクレンジングオイルの使い方はNG!

クレンジングオイルは使い方を間違えると肌に負担をかけてしまいます。なるべく肌に負担をかけずに行うために、適切な使い方を知っておきましょう。ポイントのひとつが、使用量のチェックです。使う量が少ない場合、メイクが落ちないのでごしごしこすって肌を傷める原因になってしまいます。逆に多すぎてもオイルを洗い流すのに時間がかかり、肌に負担をかけてしまうことに変わりありません。メーカーの推奨する量を使うことが大切です。


また、クレンジングオイルは基本的に乾いた肌や手で使うことが前提の商品です。手を洗あったあとは、しっかり水分を拭き取っておきましょう。なかには、濡れた手で使えるものもありますが、先に乳化が起こってメイク汚れが残ってしまう場合があります。落ちないからと何度もクレンジングすると肌を傷めることになります。


洗い流すとのお湯の温度にも注意が必要です。温度が高すぎる場合、肌に必要な皮脂まで落としてしまうため、乾燥を招く結果になります。肌に負担の掛からないぬるま湯で落とすようにしましょう。ごしごしこすると乾燥や小じわの原因となるため、指先を使って優しく洗い流すのがポイントです。


クレンジングオイルを上手に使って汚れをきれいに落とそう!

クレンジングオイルはメイクをすっきり落とすことのできる便利なアイテムですが、使い方を守らないと肌に余計な負担をかけてしまうこともあります。クレンジングオイルの特徴を知ることで、短時間でメイク汚れを落とせるメリットを最大限に生かしましょう。きちんと使い方を守れば、ばっちりメイクもべたつきを感じることなくすっきり落とすことが可能です。

関連コンテンツ

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

毛穴汚れもくすみもオフ!濃密「泡パック美容」で透明感

10秒でパッと明るく「泡パック美容」で透明感!濃密泡のブライトケア洗顔 ネクターブラン ホイップウォッシュ。

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白さ咲き誇る。白ゆりのクレンジング

白ゆりオイルをはじめ、80%以上植物由来オイル成分を配合したクレンジング。メイクオフの瞬間からブライトケアをスタート。

詳しくはこちら

おすすめ記事

脂性肌は洗いすぎると悪化する!適切な洗顔で皮脂の過剰分泌を抑えよう

脂性肌の人は、皮脂の分泌量が多く肌のベタつきやテカリが気になるでしょう。そこで、洗浄力の強い洗顔料を使ったり、一日に何度も洗顔したりするなどして皮脂を抑えようとするのです。
ところが、皮脂を取りすぎるケアを続けてしまうと、逆に皮脂の過剰分泌を促してしまいます。適切な洗顔を学ぶことが、脂性肌を改善する第一歩です。
ここでは、脂性肌向けの適切な洗顔方法について詳しく解説していきます。

続きを見る

顔のかさつきが気になる!乾燥肌の適切な対策を知っておこう

乾燥肌は深刻な肌トラブルのサインです。乾燥の気になる季節に、化粧のノリが悪くなったりハリがなくなったりと、肌の調子に不安を感じている人は多いのではないでしょうか。若いころは季節ごとの肌の悩みとして片づけられがちですが、乾燥肌を放っておくと慢性化してしまいます。手遅れになる前に早めの対処をしておきましょう。
そこで今回は、乾燥肌になってしまう原因や適切なケア方法のポイントについて紹介します。

続きを見る

粉吹き肌の原因や対策は?日ごろのケアでカサカサ防止!

肌は水分量が多ければ健康的に見えますが、水分量が減って乾燥すればするほど肌トラブルが起きやすくなってしまいます。特に肌の乾燥がひどくなると、粉吹き肌になってしまうことがあるのです。粉吹き肌は見栄えがよくなく、何かと悩みの種となるトラブルです。ここでは、そんな粉吹き肌の原因や対策について説明していきます。

続きを見る