乾燥の季節におすすめのボディクリーム!種類や使い方を知ってうるおい肌を目指そう

肌が乾燥する季節に役立つのが、保湿力の高いボディクリームです。しかし、使ってみたいと思いつつまだ使ったことのない人や、使い方がわからずに持て余してしまう人も多いのではないでしょうか。
ボディクリームは保湿力の高いアイテムですが、使い方によってはべたつきを感じてしまうこともあるのです。
そこで今回は、ボディクリームの特徴と乾燥がうるお」う仕組みを踏まえたうえで、使い方を紹介します。

ボディクリームの種類!質感や用途で選ぼう

ボディクリームとして発売されているものにもさまざまな種類があります。いろいろな種類のボディクリームがあるなか、どれを選んだら良いのかわからない人も多いのではないでしょうか。ボディクリームを使ってみたけれど使い心地がイマイチだったという経験がある人は、選び方が間違っていた可能性があります。ボディクリームを選ぶときは、自分の肌の質感と、保湿能力で選ぶことがポイントとなります。


まず、ボディクリームのなかでも最も軽い質感を持つのがボディミルクです。比較的サラリとした質感をしており、乳液のようなテクスチャーが特徴です。保湿したときに肌のべたつきが気になるという人は、ボディミルクを選ぶと良いでしょう。ただし、水分が多いため、クリームタイプに比べて保湿能力は低めです。乾燥が気になる部分には塗り直しをすることで保湿効果を高めることが可能です。


ボディクリームは、こっくりとした質感が特徴のクリームです。油分がたっぷり配合されているのが一般的で、乾燥して粉を吹いているような場合の保湿にも役立ちます。しっかり保湿したいという人に向いた製品です。クリームの濃度も各製品によって違いがあるため、必ず手に取ってテクスチャーの濃さを確かめ、少しずつ肌になじませるようにしましょう。一度に大量につけるとべたついてしまいます。


ボディバターは植物性油脂を原料としており、常温では固形であたためることで溶けるため「バター」と呼ばれています。クリームよりも油分の割合が多いのが一般的で、保湿効果は最も高いと言えるでしょう。ただし、べたつきを感じることも多いため、膝や肘、かかとなど、特に乾燥しやすい部分だけに使うのに向いています。様子を見ながら少しずつ使うようにし、一度に大量に使うのは控えましょう。


また、容器の種類もチューブタイプ、ボトルタイプ、ジャータイプなどがありますが、粘度の高いクリームはチューブタイプやジャータイプ、粘度の低いミルクタイプはボトルタイプに入っていることが多いようです。容器の形状によってテクスチャーが異なることがあるので注意しましょう。


ボディクリームの特徴!乾燥がうるおう仕組みは?

ボディクリームには、マッサージ用、香りを楽しむためのもの、保湿するためとさまざまな使い方があります。お風呂上がりにケアをするのは面倒と思うかもしれませんが、好きな香りを選べばリラックス効果も高く、楽しみながらケアすることができます。また、目的に応じたクリームを選ぶことで、幅広いケアをすることも可能です。たとえば、足のむくみが気になる人は、引き締め成分や血行を良くする成分を含んだクリームを選ぶなど、使い方にこだわった選び方ができるのもポイントです。


また、ボディクリームのメリットは、ローションと比べて油分の配合量が多いため、長時間乾燥を予防できることにあります。ボディクリームに配合された油分が皮膚の表面に油膜を作り、肌内部の水分蒸発を防ぐ役割があるからです。油分の配合量が多いぶん、ミルクタイプのものよりも保湿効果が高く、長いあいだ持続するというメリットもあります。また、ミルクやオイルなどと違って垂れにくいため、持ち運びも簡単です。携帯用サイズもあるため、バッグに入れて置けばいつでも気軽に使うことができます。使う場所やシチュエーションに合わせて使い分けるようにしましょう。


乾燥した肌をうるおすボディクリーム!おすすめの使い方

乾燥肌対策に欠かせないボディクリームですが、効果的に使うためには使い方にコツがあります。塗る量やタイミングなどを知っておくことで使いこなしの幅も広がるでしょう。

まず、塗るタイミングとして最も適しているのが風呂上がりの肌です。風呂上がりの肌は皮脂を失っている分乾燥が進みやすいため、肌にツッパリや乾燥を感じた場合は早めにケアするようにしましょう。このとき、風邪を引かないように部屋を十分にあたためておくことが大切です。急いで適当に塗るよりも、量を調節しながらていねいに塗るほうが冷え性や保湿対策につながります。また、風呂上がりは水分を含んで肌が柔らかくなっているため、軽く水気をふいてから、水分を閉じ込めるように塗っていきましょう。

ボディクリームのように油分が多いものを塗るときは、手のひらを温めておくとなじみやすくなります。また、乾燥の度合いによっていくつかの製品を使い分けるのも有効です。たとえば、べたつきが気になる場所にはさらりとした軽いテクスチャー、乾燥が気になる肘や膝には高保湿のタイプを使う方法です。お気に入りのものをいくつか揃えておくことでお手入れの時間も楽しくなります。ボディクリームには香りの良いものも多いので、お気に入りの香りを揃えればリラックス効果もアップします。


乾燥がひどい!ボディクリームにオイルをちょい足し

乾燥が特にひどい箇所には、オイルをプラスしたケアがおすすめです。

乾燥がひどい場合皮膚の表面がガサガサになり、クリームを塗っても改善されないことがあります。こんなときは、ボディクリームを塗る前にオイルを少量取って手で温め、クルクルとマッサージするようになじませていきましょう。素早く油分を補給することで肌が柔らかくなり、クリームが浸透しやすくなります。

また、ボディクリームオイルを混ぜて使うこともできます。ボディクリームオイルを1~2滴加えるようにすると、クリームの伸びが良くなります。オイルで油分を加えた分保湿効果もアップするので、乾燥がひどく、保湿効果が物足りない場合に使ってみましょう。

ボディクリームは乾燥する季節の強い味方!自分に合ったものをチョイス

ボディクリームは、乾燥する季節のお手入れに便利なアイテムです。油分をしっかり補給できることから、カサカサになった肌にすばやくうるおいを届け、長く効果を持続させることができます。さまざまな種類やパッケージを使い分けることで、さらに便利に使いこなせるようになるでしょう。スキンケア製品よりも肌タイプを選ばないので、香りの良いものやパッケージのかわいいものはプレゼントにも最適です。

関連コンテンツ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

ピンクペッパーで肌引き締めケアを効果的にサポートするロルロゼ シリーズ。『#ピンクのオイル』で話題のオイルと、洗いながらマッサージできるウォッシュスクラブで、美肌ボディへ。


おすすめコンテンツ

オイリー肌が気になる!普段のケア方法や化粧水の選び方は?

皮脂の分泌量が多いオイリー肌はべたつきやテカリ、化粧くずれなどのトラブルが起こりやすい肌質です。生まれ持った肌質というだけでなく、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れもオイリー肌を作る原因です。 スキンケアでは皮脂を取りすぎることに重点を置いていると、皮膚の乾燥をすすめます。すると、肌をうるおわせるために皮脂の分泌が活発になるのです。 たとえば、べたつきが気になるからといって化粧水を使わない、一日に何度も洗顔をしているといったケアを続けている人は注意する必要があるでしょう。
ここでは、オイリー肌の特徴や原因、適切なスキンケアのポイントについて解説していきます。

続きを読む

顔にも身体にも使える!ホホバオイル活用のすすめ

さまざまな美容オイルが販売されており、スキンケアなどに活用されています。オイルを使ったケアは注目度も高く、今後チャンレジしてみたいと考えている人も多いでしょう。しかし、オイルの種類がたくさんありすぎるため、どの種類を選ぶかで迷ってしまうのです。
オイルケア初心者に適しているのが、酸化に強く、しかも肌質を選ばないホホバオイルです。ここではホホバオイルの特徴や期待できる効果、ホホバオイルを使ったケアのやり方について紹介していきます。

続きを読む

コンディショナーとは?ほかのヘアケアアイテムとの違いと効果的な使い方

髪をケアするためのアイテムは、シャンプーのほかにもコンディショナーやリンス、トリートメントがあります。どれもシャンプーのあとに使うという認識こそあるものの、それぞれにどんな違いがあるのかはいまいちわからないという人が多いのではないでしょうか。
ここでは、それぞれの特徴を紹介します。美しい髪を維持するために、より髪のためになるアイテムを使いましょう。

続きを読む