種類が豊富なボディオイル!香りつきなど好みのタイプがきっと見つかる

オイルケアトリートメントなど、プロも愛用するボディケアとして注目を集めているのがボディオイルです。たくさんの種類があるため、使ってみたいけれどもどれを選んだらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。
ボディオイルを使いこなせるようになればボディケアの幅も広がります。そこで今回は、ボディオイルの種類やタイプの選び方、効果的な使い方について紹介します。

ボディオイルの種類は豊富

ボディオイルといっても目的に応じてさまざまなタイプがあります。なかでも、むくみやセルライト対策として売られているマッサージオイルと、乾燥を防いでうるおいを与える保湿オイルが多いのではないでしょうか。


ボディオイルはそれぞれの商品の特徴を前面に打ち出した商品もあれば、マルチに使えるオイルとして用途を定めずに販売されているものも多いのが特徴です。ボディケアだけでなく美容オイルとして顔に使えるものもあります。ただし、すべてのオイルが顔に使えるかといえば、そうではありません。それぞれのオイルには特徴があり、得意不得意があるのです。こうしたオイルの特徴を見極めて使いこなすことがオイル美容のポイントとも言えます。


用途によって容器もさまざまな形状があるため、使いやすいものを選ぶようにしましょう。たとえば、量の調節がしやすいボトルタイプ、気軽に使えるスプレータイプ、部分使いに便利なロールオンタイプなど、使う部位に合わせて選ぶのもおすすめです。

ボディオイルに使われるオイルの種類

ボディオイルを選ぶときは、使うオイルの特徴を良く知っておくことが必要です。オイルはそれぞれ成分が異なるため、使い心地や使い方もまるで異なります。水を弾くオイルもあれば、水になじみやすいオイルもあり、べたつきを感じるオイルとほとんど感じないオイルもあるのです。それぞれのオイルの得意分野をしっかり見極めて、自分の目的と合うオイルを見つけましょう。まずはボディオイルとして代表的なものの特徴をそれぞれ紹介します。


アルガンオイルは、アルガンツリーの種から採取されるオイルです。約30キロの果実からわずか1リットルしかとれない大変貴重なオイルです。実はアルガンの木は世界でモロッコの南西部にある砂漠地帯にしか育たない木で、とても過酷な環境に育っています。そのため、高い栄養素が含まれており、ビタミンEはオリーブオイルの約2~3倍、ほかにもオレイン酸とリノール酸を豊富に含んでいます。ビタミンEは美肌成分としても知られており、高い抗酸化作用があることが特徴です。酸化を防ぎ、肌の新陳代謝を促してアンチエイジングに役立ちます。


オレイン酸は人の皮脂にも含まれており、べとつかずさらりとした使い心地が特徴です。オイルとは思えないほど肌なじみが良く、高い保湿力をもっています。リノール酸は肌の水分を保持する成分なので、Wの効果でうるおいを届けます。ブースターオイルとしての使い方が一般的で、ターンオーバーの正常化を促してシワを予防します。また、ヘアケアにも使用できます。


ホホバオイルは、ホホバという多年草の実や種子から取れるオイルです。ホホバオイルの主成分はワックスエステルで、皮脂と構造が似ているため、人の肌になじみやすいのが特徴です。ワックスエステルを含む植物はホホバだけしか発見されておらず、非常に貴重なオイルです。保湿やシミ、シワ予防のほかにも、妊娠線対策やヘアケアに人気です。


ローズヒップオイルは、野バラの果実から抽出したオイルで、多種多様なビタミンを豊富に含んでいます。また、必須脂肪酸であるリノール酸とリノレン酸を多く含んでおり、角質層へ栄養補給をすると同時に、肌のターンオーバーを助け、皮脂をサポートする働きがあります。ただし、ローズヒップオイルには、酸化しやすい性質もあるため、開封後はなるべく早く使い切ることが大切です。


カレンデュラオイルは、あまり聞きなれない人もいるかもしれませんが、カレンデュラの花をベースに作られた抽出脂です。抹茶に似た比較的強い香りが特徴的ですが、ビタミンAやフラボノイドを豊富に含み、マイルドで刺激の少ないオイルです。すべての肌質に使えるオイルですが、特にエイジング対策や敏感肌、乾燥肌対策として人気です。あかぎれや日焼けなどの肌トラブルや、傷跡のダメージ対策にも使えることから市販のハンドクリームに配合されていることもあります。


スイートアーモンドオイルは比較的粘度の高いオイルで、もっちりとした使用感が特徴です。そのため、フェイスマッサージに使われることが多く、保湿効果の高いオイルです。ほかにも、抗酸化作用と鎮静作用があり、アンチエイジング対策としても使えるオイルです。


アボガドオイルは濃厚で保湿力の高いオイルです。べたつきやすいオイルですが、角質層への浸透力が高いため、ポイント保湿に向いています。シワ対策やアンチエイジングに取り入れましょう。


自分に合ったボディオイルの選び方

ボディオイルを選ぶときは、どんな目的で使いたいのかを考えて選ぶことが大切です。保湿に使いたいのか、マッサージに使いたいのか、あるいは香りでリラックスしたいのかで選び方も変わってきます。目的に応じた有効成分を含んでいるオイルを選ぶようにしましょう。

特に決まった目的がなく、いろいろな箇所に使いたい場合は、全身に使えるさらりとした使い心地のオイルが向いています。フェイス、ボディ兼用で使えるものや保湿にもマッサージにも使える使用用途が広いオイルを選ぶようにしましょう。香り付きのオイルは、人によって好みも異なるので自分が心地よいと思う香りを選ぶとリラックス作用が高まります。外出先で使う場合は小ぶりな容器やロールオンタイプが便利です。

フレグランス代わりにも使える香りつきボディオイルは一石二鳥

天然アロマが配合されたボディオイルは、リラックス作用が高いのがポイントです。香水のように強く香ることがないため、周りの人に迷惑をかけることもありません。首元や髪、ネイルなどになじませておくと、日中もほんのりと香り、いい香りを楽しむことができます。

天然アロマ同士のボディオイルを使うと、重ねてブレンドすることでオリジナルの香りを楽しめます。リラックス効果も高いため、プレゼントにも最適です。しかしながら、アロマオイルなどのエッセンシャルオイルには、光毒性があるものもあります。紫外線に当たると肌にダメージを与える危険があるため、これらのオイルは日中使用しないようすることや日光の当たらない場所につけるなど、注意しましょう。

好みにあったボディオイルを選ぼう!うるおいと香りを同時に手に入れられるものがおすすめ

ボディオイルにはいろいろな種類があるため、目的に応じたものを選ぶことが大切です。特に香りつきのオイルは、保湿ケアを行いながらリラックス作用やフレグランス作用も得られるおすすめのオイルです。自分の好きな香りと使い心地のオイルがきっと見つかります。

関連コンテンツ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

軽やかに弾む 引き締め、ボディ肌。ロルロゼシリーズ

ピンクペッパーで肌引き締めケアを効果的にサポートするロルロゼ シリーズ。『#ピンクのオイル』で話題のオイルと、洗いながらマッサージできるウォッシュスクラブで、美肌ボディへ。

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

お悩み、目的にあわせて選べる7種のビオオイル

メルヴィータのビオオイルは100%ナチュラル。オイルのメルヴィータだからこそお届けできる7種ものラインナップで、あなたの肌悩みに寄り添います。

運命の一滴。アルガンオイル

運命の一滴。アルガンオイル

メルヴィータの代名詞ともいえるアルガンオイル。アルガンオイルは保水力に優れ、洗顔後のまっさらな肌にブースターとして使うことで化粧水をごくごく飲み干すような肌に整えます。

おすすめコンテンツ

ベタベタとカサカサが同居している?混合肌のケア方法のポイント

口周りは乾燥しているのにTゾーンは皮脂が浮きやすい混合肌は、お手入れ方法に迷う人も多いのではないでしょうか。保湿を重視するとべたつき、控えめにすると乾燥が進むというように、肌に合わないケア方法で悪循環に陥ってしまうこともあります。
そこで今回は、混合肌の悩みを改善するケア方法のポイントについて紹介します。

続きを読む

乾燥による肌の粉吹きには理由がある!季節別でみる防止方法

乾燥肌は肌のうるおいや水分が不足している状態です。一年を通して肌の乾燥を感じている人のなかには、粉を吹いてしまうほどのひどい乾燥に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
ひどくなった乾燥肌を改善させるためには、早めの対策が必要です。そこで今回は、肌が乾燥する季節ごとの理由と、粉吹き防止のためのポイントを紹介します。

続きを読む

なぜ人気?オイル配合の美容液が持つメリットと基本の使い方

乾燥肌や敏感肌の人は、日中の肌のかさつきが悩みの種です。乾燥はシミやシワの原因ともなるため、早めの対策が必要になります。しかし、どんなアイテムを使えばいいのか迷う人も多いようです。
また、しつこい乾燥肌もうるおうと人気のオイル配合の美容液が気になっている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、オイル配合美容液のメリットと使い方について紹介します。

続きを読む